バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)112

 正体不明の謎のゲームでは攻略法などの情報が全くない。
 そんな状態で戦うのはかなり難しい。
 女学生の様なかっこうをしているのはわかるが、己の能力もよくわかっていないのだ。
「くらえ、アースクラッシャー」
「ぼ、暴力反対」
「プラネットボンバー」
「や、やめて」
「マックスアタック」
「いやん」
「逃げてばかりだと勝てないぞ、戦え、ハッピーリセ」
「私は夕愛ですぅ、ハッピーリセじゃありません」
「何を言うか、サンダータイフーン」
 逃げまどう夕愛だったが、絶えず攻撃を仕掛けてくるアースマンに堪忍袋の緒が切れた。
 その時、真が言っていたワクチンの事を思い出した。
 ワクチンは奈朝の持つウイルスに対する対抗エネルギーでもある。
 イメージだ。
 イメージするのだ。

"バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)112"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: