ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 077

 暇つぶしのオモチャがやってきたくらいにしか思っていなかった。
「し、失礼しましたぁ~」
 反転して逃げる導造達。
 相手が悪すぎた。
「お前達、今日のエサだ。存分に食え」
 ジェンドはドラゴン達をけしかける。
 火噴き竜の群れが一斉に導造達を追いかけ回す。
 導造達のチームはバラバラに逃げたためはぐれてしまった。
「あ~怖かった…」
「信じらんない…何が怖かったよ、無計画にも程があるわよ!」
 一緒に逃げて来た朱理は頼りないチームリーダーを怒鳴り散らす。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 077"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: