ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 079

 すると…。
「ねぇ…朱理ちゃん…」
「何よ?」
 見ると、導造は若い女性を連れ立っていた。
「この人、仲間になりたいって!偶然ここを通りかかったんだってさ」
「偶然ってここは溶岩地帯のど真ん中よ。どうやったら偶然、通りかかるのよ」
「僕らも来たじゃん」
「逃げ回っていたら仕方なくここまで来ちゃったのよ」
「あのー…」
「あんた、何者なの?偶然にしてはおかしいじゃない、こんな所に…」
「観光旅行に来ていて連れとはぐれちゃって…、あ、私、ヘスティアって言います。よろしくお願いします」

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 079"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: