ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 092

 吟侍をかまいたいのだ。
「おそなちゃん、そんなんじゃ将来嫁のもらい手がなくなっちまうぞ」
「なんだとぉー」
「あーうそうそ、嘘です。物を投げないで…」
 吟侍とソナタの関係はいつもこんな感じだった。
 大体、吟侍がボケてソナタが小突く。
 そんな関係が子供の頃から続いていた。
 お互い、居心地の良い関係…それが、出来の悪い弟を姉が叱るという感じの関係だった。
 この冒険でこの関係にも変化があるかも?
 ソナタはそんな感じがしていた。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 092"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: