ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 095

 そうなるまでに、彼は影で人の何倍も何十倍も努力や苦労を重ねてきている事を。
 だから、今の吟侍があることを。
 だからこそ、今の吟侍は光っていることを。
 モンスターは悔しがり帰って行く。
 それを後ろに見ながら
「…ごめんな…お前も食べたかっただけだよな…」
 とつぶやく。

続く。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 095"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: