メモの内容09

【セカンド・ガール】の【唯愛】と【詠和】が【疑似ファンシーフィクションドーム】の課題としてやったのは先日暴走した【ファンシーフィクションドーム】の原因を探ると言うものだった。【唯愛】は優等生的な模範解答でやるが答えは出なかった。ただ、【詠和】が「あの……こうすれば良いんじゃないかな?」と言う疑問があって【唯愛】は「そんなの出来る訳無いじゃない」と否定するが駄目元でやったら原因がわかった。【唯愛】は「何故、わかったの?」と聞く。【詠和】は「い、いや、何となく……だよ」と答えた。その後【唯愛】は「ねぇ、何で?」と言って【詠和】につきまとう事になる。
【詠和】と次に行動を共にすることになるのは【サード・ガール】である【猪又 笙子】だ。彼女は男性恐怖症であり常に男性と距離を取っている。またコミュ障であり、コミュニケーションが上手くない。そんな彼女と内気な【詠和】だから一緒に居ても会話が無い。沈黙が続き、お互いが気まずい雰囲気となる。だが好きなアニメや漫画という共通点が見つかりお互いたどたどしいながらも会話することになった。次にお世話係の【フォース・ガール】を飛ばして【フィフス・ガール】である【海堂 留奈】との交流を図る事になった【詠和】は他のメンバーに彼女の事を聞く。出た答えは変わり者だと言うことだった。

"メモの内容09"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: