ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 021

05 タティーの旅立ち

「あの…おっしゃっている意味が解らないのですが…」
 タティーは登校中、奇妙な集団に絡まれていた。
 何でも、力を分けて欲しいとの事…
 彼女にとっては一体、何のことを言っているのか解らなかった。
 これだけではない…。
 自分の名前がクアンスティータのアナグラムになると解ってからは度々、変なものに絡まれる事が多かった。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 021"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: