ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 041

08 親娘喧嘩

『ぐるぁぁぁぁぁぁっ!』
「この、じゃじゃ馬め…」
 その頃、F(ファーブラ・フィクタ)はロスト・ネットの世界の中でクアンスティータ・ルコの暴走を止めていた。
 一度は止めて見せたFだったが、ルコのパワーは思ったよりも遙かに高く再び暴れ出したのだ。
 その振動の余波だけで、近くの星々が跡形もなく崩れ去る程のとんでもないパワーだった。
 クアンスティータの姉というだけあって、とんでもないパワーだ。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 041"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: