ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 055

 近くで大人しくなったルコが遊んでいた。
「わた、私はタティー・クアスンと言いまして…」
「タティー・クアスン?」
「そ、そうです、タティーです。えーとですねぇ…」
 タティーはコミュニケーションを取ろうと話かけたが、その相手が恐ろしい力を持つ怪物という認識は無かった。
 Fは見た目には人と変わらなかったからだ。
「タティー…クアスン…ねぇ…ふふ…はは…こりゃあ良いや…リータ、ちょっとこっちこい…」
『何だ、パパ?』
「そうだ、俺はお前のパパだ。そして、この子はお前の妹だ」
「は?」

続く。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 055"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: