ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 061

 キャリアの二つの翼を見て、嫌悪感のある目で見ているのがわかる…。
「…ふん、まぁ良いか…お前も大事な因果律だ…認めてやるよ、お前も…」
 勝手に納得しているがキャリアには何のことだか解らない…
 だが、戦っても勝てない事はキャリアにははっきり解った。
 彼女が潜在的に持つ優れた探知能力がこの男の力の探知を拒絶しているからだ…。
 恐らく、彼女の想像を遙かに上回る力を秘めているのだという事が簡単に予想がついた。
 彼女を殺そうと思えば、苦もなくやってのけるだろう…。
 なぜなら、彼女が逆立ちしても抜け出せないルーメンとテネブライ間の無限結界を一瞬に抜けて来て、彼女の前にたったのだから…

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 061"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: