ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 067

 吟侍はヒシヒシとそれを感じるのだった。
 魔女ニナ・ルベルの子宮でクアンスティータは形を作り始めたのだ。
 いよいよ、核の状態から肉がつき、赤子の姿へと変わっていく事になる…
『がぁぁぁぁぁぁあっ…』
「ど、どうしたの、お、お姉さん…?」
 クアンスティータの胎動が始まったと同時にクアースリータ・ルコは苦しみ出す…
 一緒に遊んでいたため、近くにいたタティーは何が何だかよく解らない…
 自分の理解の範疇の外で事が起きている…
『ママのお腹に戻る…』
「へ?お腹って?」
『バイバイ、いもーと…』
 そう言うとどこかに飛んでいってしまった。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 067"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: