ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 069

13 虚しい復讐

「うはは…もう少しだ…」
 暗躍し、何かを企んでいるF…
 それを見ているニナ・ルベルは…
「なんだか、あなたの本心は泣きじゃくっているみたい…レインミリーは…もう…」
 とつぶやいた…。
 Fの強がりはどこか悲しげで…
 失われたという事に対する悲しみを忘れるために…強がっている…そうとしか見えなかった。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 069"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: