こんにちは7

続きです。

そんな絶望感で包まれた生活をしていた【レイチェル】は両親と共にある町を通りかかります。

そこは綺麗な服とは言い難い服を着た人達が楽しそうに笑っていました。

それを見た両親は【下民風情の分際で……】と悪態をつきます。

と言う部分で時間切れになってしまいましたね。

続きます。

"こんにちは7"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: