ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)006

 とにかく、そう遠くない内に、ルーメンとテネブライそれぞれで、円卓会議がある。
 そのどちらかにでも乗り込んで行って、直訴するしかないとキャリアは考えていた。
 ルーメンでは聖なる存在の頂点、真神(深神/しんじん)が、テネブライでは魔なる存在の頂点、超魔(頂魔/ちょうま)が参加するという。
 キャリアはトップに直談判してやるつもりでいたが、それには実力が全く足りていない。
 このまま行ってもトップと目通りすら叶わず消されるのがオチだ。
 意見を通すにはまず、力だ。
 相手と対等の力を持って初めて意見が通る。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)006"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: