こんにちは7

続きです。

ですが、【ガル】は依頼料が安すぎるとして断ります。

お前の城はそんなに安いのかと突っ込みます。

【ドーソン】は【ガル】の態度に激高しますが、それを【ティラミス姫】が制止して、自らの長い髪をばっさりと切って、【今はこれしか……そなたが城を取り戻してくれたならば私は全身全霊をもってあなたに尽くそう。私の髪はその証だ。これでも安いか?】と言って再度依頼しました。

この辺のシーンがベルセルクのオマージュ的な展開になっていますね。

続きます。

"こんにちは7"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: