ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)032

 たっぷり四時間結界を張ってしまったから今からまる一日は結界が張れない。
 それまでは生き延びるしか無かった。
 次なる敵がすぐそこまで迫っている。
 結界を張っている内にテネブライからまたルーメンに移ったようだ。
 次の敵は聖者ローだ。
 生前、救世主と崇められた偉大な男がキャリアの前に立ち塞がる。
 キャリアは手元に残された6つの珠、絆玉(ボンドボール)を見た。
 Fは言った――
 仲間を作れる珠だと。
 だとすれば、このローを仲間にする事も可能だと言うことだ。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)032"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: