ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)045

 どちらも極端に、クアンスティータが世に出るのを恐れている印象があった。
 神経質なくらいに、クアンスティータの刺激になりそうなものは徹底排除しようという動きが見て取れた。

 そう、その一つとして、ルーメンとテネブライの刺客も一度にキャリアを襲える数は制限されつつあるのだ。
 たくさんの刺客が出向けばそれだけクアンスティータの刺激になると考えて、一度に100柱(100体)までの刺客に数を縮小させる動きがあるという。

続く。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)045"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: