ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)046

 となると、量より質。
 これからの刺客は雑魚がたくさんくるのではなく、それなりに腕に自信がある猛者達が来るという事は予想できた。
 また、今はキャリア(達)の体力を奪うために、毒にも薬にもならない敵を用意して絶えず送り込んでいる状態で、準備が整い次第、本格的な刺客が送られてくるという情報も得られた。

 本格的とは神御の刺客で言えば、上位の天上使達がまず、考えられる。
 1級と0級の天上使達はその忠誠と引き替えに、神御の力を超える力を与えられているという。
 同じ事は対なる存在の使愚魔にも言える。
 1級と0級の使愚魔は悪空魔よりも強大な戦闘能力が与えられているという。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)046"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: