ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)049

 2時間ぎりぎりいっぱいのミーティングで、ルーメンの方にもテネブライの方にも続々と手強い刺客が集まってきているという事も解った。
 絶望的な気分にもなったが、状況を完全に把握した上でないと改善はしない。
 臭い物に蓋をしたままではなにも解決はしないのだから。
 その意味で言えば、一歩前進と言って良いミーティングだった。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)049"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: