ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)055

 彼女は歌う事により、強力な仲間を召喚出来るタイプの聖女だったのだ。
 一度に100名までしか攻撃に参加出来ないというので有れば、パレスが歌う事によって、いくらでも100名以内で仲間を送り込めるのだ。
 彼女の余裕の表情にはそういう秘密があったのだ。
 それでも経験を積んだ、キャリア達は新たな刺客を全滅させたが、そこで、また、パレスが歌い、更なる刺客を召喚した。
 それも倒しても、さらにまた召喚の歌を歌った。
 彼女を倒さない限りイタチゴッコが続くと判断した、キャリアとキャトラはターゲットをパレスの仲間達からパレス自身に変更、彼女を倒すために彼女に向かっていったが、彼女には壁となって立ち塞がる仲間達が邪魔をして、彼女にたどりつけなかった。
 そうこうしている内に、ルーメンでの時間はタイムアップとなってしまった。
 時間内に刺客を倒せなかったのは久しぶりだったので、キャリアは歯噛みした。

続く。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)055"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: