ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)058

 倒せなくなってしまっている――
 ルーメンでのパレス、テネブライでのジュジュによる挟み撃ちにあい、悪戯に体力が消耗されていく。
 不安でどうしようもないキャリアに声をかけたのはフォールだった。
「これで、次はけりをつけられる」
「え?どういう……?」
「言葉の通りだ。次で決着をつける。結界を張ったのは良い事だ。次は勝てる」
 との事だった。
 意味が解らない。
 何故、次は勝てると言えるのだろうか?
 戦いが始まってもたくさんの仲間に邪魔をされて、パレスやジュジュに近づけないのに――
 それなのに、勝てるとフォールは断言した。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)058"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: