ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第005話(プレイバック)030

 その異様な気配は目の前に出現した宇宙船の中から感じた。
 幻霊族の技術によって完璧に押さえ込んでいるはずの呪力。
 それでいてなおかつにじみ出てきている圧倒的なまでの圧迫感。
 間違い無い――
 あの宇宙船の中に封凶岩――古都百合が入っている。
 臨戦態勢を取るキャリア達。
 そこへ宇宙船の中から現れた一つの影が近づいて来た。
 ピリオド・エンドだった。
 キャリア達は知らないが、ブサとビヨから封凶岩を奪い去った男だった。

続く。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第005話(プレイバック)030"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: