ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)005

 黙って見過ごすという訳にもいかなかった。
 ピリオド・エンド達は、善峰からとある情報を得ていた。
 それは、楽園界(らくえんかい)の危機という情報だった。
 楽園界も仙界に負けないくらい暮らしやすい所なのだそうだが、移民などが、クアンスティータ誕生事件をきっかけに他の宇宙世界からなだれ込んでいるらしく、その存在達が問題を起こしているというのだ。
 その問題を解決してくれたら、あるいは願い事の一つくらい叶えてくれるかも知れないと言う事を善峰は話してくれたのだ。

続く。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)005"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: