ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)001

00 タティー・クアスンという少女


 チャプン……
「ふぅ……落ち着きます……」
 タティー・クアスンは憩いの一時、大浴場で羽を伸ばしていた。
 惑星ファーブラ・フィクタに連れて来られて現在に至るまでいろいろとドタバタしていたのだ。
 現在という表現は正しくない。
 惑星ファーブラ・フィクタに連れて来られたタティーは少し成長していたもう一人のタティーに出会った。
 もう一人のタティーは、
「すみません、あなたが居るとちょっと困るので二年と少し前の過去に行っていただけますか?私もそうしてきたので……」
 と言った。
 そして、そのまま過去へと飛ばされたのだ。
 飛ばされた時間は最強の化獣(ばけもの)クアンスティータが誕生する事件の約3年前だった。
 タイムスリップをあっさりやらされたのにも驚いたが、何より驚いたのは惑星ファーブラ・フィクタの広さだった。

"ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)001"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: