ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)003

 ただの人間だったはずの彼女は偽クアンスティータとしてクアンスティータに仇なす存在を取り締まらなければならなかった。
 クアンスティータが誕生したら、クアンスティータの自動防御能力で自動的に取り締まれるらしいが、まだ、この時点ではクアンスティータは誕生していない。
 なので、不届き者達に対して、クアンスティータの代わりに偽クアンスティータ達が取り締まっているのだ。
 【達】というからには他にも偽クアンスティータは存在している。
 正式な偽クアンスティータ達は神話の時代から取り締まっていると言われているのだ。
 その性格はとても残忍であり、少しでもクアンスティータに悪意を持った存在は完膚なきまでに叩きのめし、殺害するという。

"ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)003"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: