こんにちは4

続きです。 その【レッド】のアドバイスで、他の6名の【ファム・ファタル】が所有している【衣】の弱点【要素】を探していましたが、そこへ、【ファム・ファタル】の1人、【ブルー】の眷属にされた、調査隊の元研究員と出くわします。 【慎二】にとって、その元研究員は面識はありませんが、兄と共に行方不明となって死亡扱いになった人として、写真で見て知っていたと言うくらいで名前も知りません。 続…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 【七色のファム・ファタル】は【鬼滅の刃】の様に泣ける感じでは無いのですが、怒りの部分では似た様なイメージかな?と思っていましたので。 まぁ、どう近いか具体例を書いてみますと、多分、一太郎で50ページかそれより少し後くらいになると思います(読み切りの半分かそれ以降くらいです)が、主人公の【慎二】は、兄、【勇一】の仇を取るために一番弱い【ファム・ファタル】である【レッド】と契…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 唯一制作らしい事と言えば、昨日のこっそり制作で、22番目の【読み切り小説】の【まいなぁくらぶ】のメモが60数ページ目まで達したので、今度は23番目の【読み切り小説】の【不思議倶楽部(ふしぎくらぶ)】のメモを取り始める予定にしていましたが、【鬼滅の刃】の映画の影響で気分的に作る様な感じではないので、比較的、イメージの近い24番目の【読み切り小説】の【七色のファム・ファタル】を先に…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 いつも通りですね。 定位置で仕事をしました。 話題の方は【鬼滅の刃】一色でしたね。 どの人とも【鬼滅の刃】関連の話題を話しましたね。 続きます。

続きを読む

追伸 予定変更します7

続きです。 という訳で本来見る予定だった番組が全然見れてないので、制作の方がその分、延びてしまいます。 予定では今週の木曜日から【毎日更新】のストックを作ろうと思っていましたが、ちょっとそれも無理そうです。 なので、今週の日曜日か、それも無理なら来週の火曜日に【毎日更新】のストック作りをしたいと思っています。 しばらくは番組を消化しないと駄目っぽいです。 予定がずれ…

続きを読む

追伸 予定変更します6

続きです。 という訳で午後は【鬼滅】を堪能して来たのです。 帰りに携帯ショップに寄ってわからない事を質問したら、問題無いと言われましたね。 帰って、それを母に伝えると母も実は携帯ショップに行っていて、同じ質問をしていたらしいので、意味が無かったですけどね。 そう言う事をして帰ってきたので、戻ったら夜になっちゃいました。 続きます。

続きを読む

追伸 予定変更します5

続きです。 もちろん、【無限列車】も最高でしたね。 ジャンプとコミックスとノベライズを買って内容は知っていましたが、やっぱり映画館で見ると違いますね。 音も大きくて大迫力でしたね。 難が1つあるとしたら、久しぶりの映画で腰が痛くなった事くらいですかね? 続きます。

続きを読む

追伸 予定変更します4

続きです。 それに入場が10分前からになっているし、色々とルールが変わっているなと思いましたね。 金銭的にあまり余裕が無かったのですが、豪華版パンフレットやCD等も含めると、【鬼滅】関連で1万円くらい使ってきましたね。 【鬼滅の刃】の【零巻】も手に入ったので、結果的には良かったかなと思っています。 続きます。

続きを読む

追伸 予定変更します3

続きです。 たくさんのスクリーンでやっているのですが、席がみるみる埋まって行く光景を見て、凄いなと思いましたね。 それで、その映画館にはずいぶん久しぶりに行ったんですけど、人の売り場が無くなっていましたね。 タッチパネルで券を買うみたいで最初はわからず、四苦八苦しましたね。 続きます。

続きを読む

追伸 予定変更します2

続きです。 と言う訳で思い立ったが吉日と言うことで早めにお昼ご飯を食べて、その後、映画館に出かけました。 行ったらなんと凄いですね。 【鬼滅の刃】、なんと10分ごとに別のスクリーンで公開していました。 こんなの今まで見たこともない光景だなと思いましたね。 続きます。

続きを読む

追伸 予定変更します1

追伸。 予定変更します。 実は午後から映画を見てきて携帯ショップに行って質問もしてきました。 なので、ついさっき帰ってきた所です。 予定では、午前中の制作の後、番組を見る予定でしたが、【鬼滅の刃】の映画を見に行くことにしました。 本当は、行くとしてもまだ混んでいるだろうから、もう少し後にしようと思っていましたが、よく考えたら、今日はバイトはお休みですが、世間的には平…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

今日のノルマはここまでです。

ふぅ。 今日のノルマはここまでです。 とりあえず、【エブリスタ】さんで【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第12話とスター特典の【創作世界観】VOL.6【アナザーFP編】を公開しました。 これで、一応、遅れましたが今日のノルマ達成です。

続きを読む

一旦失礼します。

それでは、作業に入りますので一旦失礼します。 【エブリスタ】さんでの更新が終わった後、また、更新いたします。 では、また。

続きを読む

バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)125

 だが、武器の扱いは夕愛より数段レベルが上のようで、夕愛の方は下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦で、絶えず、新しい武器を使って対抗していくしかなかった。  手数は夕愛の方が上でも武器の扱いは向こうが一枚も二枚も上手。  夕愛の劣勢は明らかだった。  せっかくの音珠もこの戦い方ではウラヌスを倒せないというのがはっきりと理解できた。  それだけ、実力に差があった。  次第に追い詰められ、もうダ…

続きを読む

バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)124

 そして、天王星で待ちかまえるのは―― 「僕はウラヌス」 「こんにちは。あなたからも強敵風な感じがビンビン感じられますね」 「ありがとうお嬢さん。でも手加減は出来ないな」 「そうでしょうね。あなたも奈朝ちゃんの刺客さんですものね。今回も、勝たせていただきますよ」 「それはどうかな?」  ウラヌスは雲を操った。  雲の中から武器の様な物が飛び出す。  形こそ違うが、夕愛の音珠と同じ…

続きを読む

バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)122

 夕愛は触れられれば負けるという危険な状況でなおかつ、使った技が研究されるという状態での不利な戦いを強いられた。  が、柔よく剛を制す。  夕愛は前のゲームでの経験値を活かし、土塊による腐拳、拳の一撃を交わすと同時に、腐食液の及んでない彼の肘を押し、腐拳の腕を土塊の顔にかすらせた。 「ふっ……見事である」 「好敵手と書いてライバルでした、あなたは」  崩れ落ちて文字通り腐った土塊となる…

続きを読む