この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)020

「う、ぐぐ、動けん」 「おぉ、あれは、その昔、ご先祖様が聖者と崇められるようになった水の力。水を自在に使い、干ばつ地帯でその力を発揮した」 「おじいちゃん、解説はいいから。それは置いておいて、フランソワさん、負けを認めなさい」 「誰が認めるか、俺様を放せ、ちんくしゃ」 「誰がちんくしゃよ。言うこと聞かない人にはこうよ」  水龍陣の鎖を絞めた。 「きゅうぅ……」  意外に可愛らしい声…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)019

 ――弱い……この人……  そう感じた。  突進の仕方を見ても猪突猛進というか、止まれない。  がたいのでかさに物を言わせて、突っ込んでいるだけだ。  神術を使えば余裕で勝てる。  そう思ったのだが、出来れば、佐和義の前ではか弱い女の子でいたい乙女の気持ちもあった。  だけど、少なくともこのフランソワには勝たなくてはならない。  万が一、この人に権力と財力を与えたら、大変な事に…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)018

「花梨よ、ワシは信じておるぞ。必ずや、ワシにふかひれすぅぷをプレゼントしてくれると……」  いつの間にか覇仁が出てきて、花梨を応援する。 「おじいちゃん、何処から湧いたの?どういう事、これ?」 「どういうことも何も、参加者二百万人を百万人にするためじゃ。まずはてきとうな相手を見つけてそいつを倒せば初戦突破じゃ。黙ってたら、お前は逃げ回るだろうから、相手はワシが見繕っておいた。感謝せぇ」 …

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)017

「アホな大会って、まさか、佐和義君、その事を?」 「僕の話もそのアホな大会で無理矢理嫁を取らされる事になったって言おうと」 「え?私はその大会に無理矢理参加させられるって話を」 「え?じ、じゃあ……」 「まさか……そうなの?」 「僕の本名は佐和義じゃなくて、風彦っていうらしい」 「えー!」 「こっちもえーだよ、どういう事?」  フランソワの登場で二人はお互いがあり得ない話に関わっ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)016

「お前かぁ、俺様の相手ってのはぁ~?」  たっぱは二メートル以上あると思われる大柄の女がドカドカと花壇に踏み寄ってきた。 「ちょちょちょ、ちょっとあなた、花壇を踏み荒らさないで」 「てめぇか、花梨ってのは?俺様はお前の対戦相手のフランソワってもんだ」 「ふ、フランソワっていうより、どこかのアマゾネスさんって感じがするんだけど……」 「俺様の猛獣拳でお前を八つ裂きにしてやるぜ。それが嫌な…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の4日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 次の制作予定は火曜日の予定ですが、地味作業として、毎日更新の【隣の席のでみちゃん】を分割加工しようと思います。 【バーチャルリアルパートナーテイク2】と【夢命戦(ゆめいくさ)】を分割加工するまで、ローテーション作業には戻りません。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、6時に起きて、7時からの選挙に行ってきました。 水没している写真を新聞で見てショックを受けました。 熊本の洪水で被害に遭われた方のご冥福をお祈りします。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見て行きます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)014

 外野――野次馬達はいよいよ告白かと思って、それを隠れて見守っている。 「男ならいけ、佐和義」 「ファイト、花梨ちゃん」  級友達にとっては二人の両思いという事については暗黙の了解で、後は順調に交際がスタートするのを温かく見守っている状態だった。  二人が両思いだという事は衆知の事実。  その事を知らないのは当の本人達だけだった。  しばしの沈黙があった。  嫌な汗がでる二人。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)013

「じ、実はぁ……」 「あ、あの……」  先日両思いだとわかり、どちらかの告白まで秒読み段階にまで入っていた二人にとって、それぞれが話そうとしている内容は、どちらも現実味のない全く嘘くさい与太話でしかなかった。  せっかく上手くいきかけているのに、その話をしたら全部ぶち壊しになってしまうような気がして話せなかった。  実際には、二人とも大富豪家の花嫁選びの話なので、同じ事を思っているのだが…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)012

第一章 いざ戦いの舞台へ 「か、花梨ちゃん……実は話が」 「佐和義君……実は私も」  学校で再会した花梨と風彦はお互いの身に起きた事を話そうと思って放課後、花壇の所で待ち合わせした。  いつもなら花壇にいるはずの園芸部の友達には席を外してもらっている。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)011

 元々、神様として崇められたいという邪な気持ちのあった詐欺のようなふざけた技だったが、先祖の一人に超天才の血が混ざり、それを最強レベルにまで昇華させたのが現在の技となっている。  普通の恋愛を望む、佐和義(風彦)と花梨――  だが、周りの状況はそれを許してはくれなかったのだった。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の3日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、一日を通して番組を見ます。 選挙にも行きますけどね。 次の制作予定日は、来週の火曜日ですが、その時は毎日更新の【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の作業をすると思います。 本来のローテーション作業である【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編001-05話の文字入力作業は、【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】、…

続きを読む

こんにちは13

続きです。 タティー・クアスン編、ルーメン・テネブライ編、イグニス編、テララ編の4つは7話まで公開していて、完結話まで残り3話ですからね。 百話近くあるアクア編やウェントス編と違って10話完結なので、出し惜しみする必要無いかなと考えています。 それをやっても良いかな~っとちょっと考えていますね。 という様な事を考えていましたがただいまです。 今日もよろしくお願いしま…

続きを読む