お休みなさい。

それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
0

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。

今日のブログの更新は次がラストになります。
0

後継作品の世界観構築005

続きです。

簡単に表現すれば、まともな部分では澄兼君が、変わった部分では踊詩が優れているという感じですね。

どちらも一長一短があるという事になります。

という所で今回は以上となります。
0

後継作品の世界観構築004

続きです。

澄兼君はとにかく優秀で優しいいい男です。

その澄兼君に対して踊詩は強い劣等感を持っているという設定にしていますが、母親の考えたレベル3の【答えの力】を受け継ぐ踊詩こそ、優れた存在だと兄、澄兼君は思っています。

つまり、どちらも相手の方が優れていると思っているのです。

続きます。
0

後継作品の世界観構築003

続きです。

クアンスティータが双子だったので【ファーブラ・フィクタの後継作品】として何とか双子を出したかったのでその設定にしたのですが、クアースリータとクアンスティータは両性具有でもないおんこという性別だったのですが、どちらかというと女の子の双子の様なものだったので(カノンベースの容姿をしているため)、男の子の双子でも良いかと思って澄兼君と踊詩の双子が誕生しました。

続きます。
0

後継作品の世界観構築002

続きです。

続いて、踊詩の実の家族として彼の双子のお兄さん、澄兼(すみかね)君について書きましょう。

踊詩が二枚目だけどモテないと表現してもいまいちピンと来ない方もいるのではないかと思って、踊詩と同じ顔でモテるキャラクターを出したらその違いがはっきりするなと言うことで生まれたのが双子の兄、澄兼君です。

続きます。
0

後継作品の世界観構築001

それでは、【後継作品の世界観構築】の【プハンタシア・クアンティタース編】第7回という事で考えて行きます。

前回までは、踊詩の周りの存在として【化形の少女】と【ぬいこっと】について書きました。

今回はその続きから書いていきます。

続きます。
0

さて……

さて、今回も【後継作品の世界観構築】を考えて行こうと思います。

今回は5回という事でお願いします。
0

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。

明日の予定ですが、一日を通して番組を見ます。

次の制作は月曜日ですが、完全非公開作品の追加文章を作ります。

火曜日は午後に外出するので朝更新する予定にしています。
0

こんにちは。

こんにちは。

今日もバイトでした。

いつも通りですね。

という訳でただいまです。

今日もよろしくお願いします。
0

お休みなさい。

それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
0

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。

今日のブログの更新は次がラストになります。
0

後継作品の世界観構築005

続きです。

そう言えば、この世界観構築で【世界他外】の事について書いていませんでしたね。

でも、それについて書いている余裕は無さそうなので、すみませんがカットという方向でいかせていただきます。

普通の存在が生きるのは難しい所という事で良いですかね?

今回は以上です。
0

後継作品の世界観構築004

続きです。

という二つの存在が踊詩が引きこもっている踊詩が作り出した空間【マイスペース】で一緒に暮らしています。

ちなみに【マイスペース】とは【宇宙世界】の存在がそのままでは存在できない過酷な場所である【世界他外】においての安全地帯の様な場所になっています。

続きます。
0

後継作品の世界観構築003

続きです。

【化形の少女】も【ぬいこっと】もクアンスティータの勢力から拝借しているという事になっていますが、どうやって踊詩の元に来たのかは由来はまだ謎になっています。

また、【化形】と【ぬいこっと】はクアンスティータのお友達という立場の存在であり、

踊詩の元に来ている【化形の少女】と【ぬいこっと】も本名ではなく、クアンスティータの後継者であるクエニーデに名前を付けてもらいたいと本能的に思う、【クエニーデのお友達】という立場の存在になります。

続きます。
0

後継作品の世界観構築002

続きです。

まず、踊詩の身の回りの世話などをやっている【化形(けぎょう)の少女】が居ますね。

彼女は【化獣(ばけもの)】をかたどった人形の様な存在になります。

【ファーブラ・フィクタ】のアクア編では第14側体クアンスティータ・フィーニスの話で【化形】という存在が出てきますが、彼女もこの存在の一部となります。

また、【化形の少女】と同じく踊詩のそばにいる【ぬいこっと】も第15側体クアンスティータ・イティニウムで【化核発掘(かかくはっくつ)】という話で登場します。

続きます。
0

後継作品の世界観構築001

それでは、【後継作品の世界観構築】の【プハンタシア・クアンティタース編】第6回という事で考えて行きます。

前回までは、吟侍(ぎんじ)がモテて、踊詩(ようし)はモテない所を書きました。

今回からは踊詩の周りのキャラクターについて書きます。

続きます。
0

さて……

さて、今回も【後継作品の世界観構築】を考えて行こうと思います。

今回は5回という事でお願いします。
0

クエスト・ガイド~冒険案内人残り7話のスター特典7

続きです。

という訳で、

【クエスト・ガイド~冒険案内人】第7話のスター特典→【VOL.1 ちっちっぱの世界観】、
【クエスト・ガイド~冒険案内人】第8話のスター特典→【VOL.2 まめぼすの世界観】、
【クエスト・ガイド~冒険案内人】第9話のスター特典→【VOL.3 ファーブラ・フィクタの世界観】、
【クエスト・ガイド~冒険案内人】第10話のスター特典→【VOL.4 プハンタシア・クアンティタースの世界観】、
【クエスト・ガイド~冒険案内人】第11話のスター特典→【VOL.5 ハイパーワイフの世界観】、
【クエスト・ガイド~冒険案内人】第12話のスター特典→【VOL.6 アナザーFPの世界観】、
【クエスト・ガイド~冒険案内人】第13話のスター特典→【VOL.7 第四のファーブラ・フィクタの世界観】、

 ――を予定しています。
0

クエスト・ガイド~冒険案内人残り7話のスター特典6

続きです。

内容としては、

(01)【物語の世界観の説明】、
(02)【主役キャラクターのイラストと説明】、
(03)【主要キャラクターのイラストと説明】、

 ――くらいは出来るかな?と思っています。

 【卯月のミニ水着写真集】と同じ10ページくらいを予定していて、その中で収まる範囲で世界観の表現をしようかな?と考えています。

続きます。
0