ファーブラ・フィクタのその後010

続きです。

【召喚ナーツンドア】を使って召喚出来る存在の名前は、全て【ナーツンドア】であり、他の【ナーツンドア】との区別のため、【ナーツンドア・パゲ】とか【ナーツンドア・ポゲ】とか【ナーツンドア・トゥゲ】とかで呼ばれていますが、これは、【テスラカ語】なので、わかりにくいとして、他の存在は、番号で呼んでいます。

いつしか【ナーツンドア】達も他の存在へのアピールのため、その番号での呼び方を共通語として認識するようにしているらしいというところの説明が今回までです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック