おはようございます6

続きです。

最初に発明した人が賞賛されるのであって二番手、三番手に考えた者には何の評価もありません。

つまり、勇者とは最初に手を上げた存在であって二番手、三番手ではインパクトが無いのです。

続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック