ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)071

 士郎がまくしたてて言ったらさすがに太輔は落ち込んでいた。
「俺なんて……俺なんて……」
「ご、……ごめん、言いすぎた……悪かった……僕が悪かった……」
「どうしよう先生、俺……彼女に今日のテストの点数を送るって……」
「そんなこと言ったのか……いつの間に……その行動力だけは百点満点なんだけど……確かに、彼女にマイナス百点なんて送ったら喧嘩を売っているとしか……」
「…そうだ、マイナスの部分だけ消して……」
「それでも〇点だろ」
「……ならバツも消して……」
「……白紙になっちゃうよ」
「……あぁ……どうすれば…」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント