ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)163

 だが、これまでのこっぴどくフラれ続けている太輔の無様な姿を見ている内に段々、ムカついてきたのだ。
 私の好きになった男性はここまで無様ではない……
 もっと格好いいはずだ。
 誰も付き合わないなら私が……
 そう思う様になってきたのだ。

 葵達が本気になればなるほど、白衣も段々、太輔を他の誰かに取られるのがたまらなく悔しく思うようになっていった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント