ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)173

「――何です、あなたは?」
「……いや…だから、緩川太輔です」
「嘘、おっしゃい……あの女の幼馴染みですよ」
「え?……一体なんの事……?」
「とにかく、あなたが緩川太輔のはずがありません。あなたは基準値に達していません。私に近づいていい訳ないでしょ。離れなさい、下がりなさい、消えなさい」
「ちょ……ちょっと待って、だから、俺、緩川たす……」
「えぇい、鬱陶しい。去りなさいゲテモノが。私は緩川太輔というけだものを探しているのです」
 ゲテモノだろうがけだものだろうが、太輔をバカにしている事には違いないのだが、玲奈は決して、太輔の事を緩川太輔と認めようとしなかった。
 自分が太輔だと主張する太輔とそれを認めない玲奈……
 話は平行線をたどり……
「俺は緩川太輔ですらなくなってしまったのか……」
 とトボトボ引き返していった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント