この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

構想005

続きです。 主人公の【千愛姫(ちあいひめ)】は、その【憑依】、【召喚】、【融合】全てが飛び抜けて得意なので、誰も勝てないという設定にする予定ですね。 また、戦国時代と言っても日本の歴史に習うのでは無く、オリジナル設定でやろうと考えていますね。 それと、【千愛姫】は【ショタコン】で【盲目の少年】の事が大好きで、この男の子のために、【妾は誰とも付き合わぬ】と言って求婚者達をバッタバ…

続きを読む

構想004

続きです。 また、武将達は、【三闘技(さんとうぎ)】と言う特殊能力のいずれかを持っていて、それが、【憑依(ひょうい)】と【召喚(しょうかん)】と【融合(ゆうごう)】になりますね。 【憑依】とは【超常的な何か】を自らの身体に憑依させて闘う事、 【召喚】とは【超常的な何か】を召喚させて闘う事、 【融合】とは自分、もしくは呼び出した者と【別の何か】を融合させて闘う事を指します。…

続きを読む

構想003

続きです。 【陽本島】には16藩、【月本島】にも16藩、【星本島】にも16藩あり、合計48の藩があります。 例えば、【月本島】には【闘月家】の様に、【月】がついた家名の【藩】があることになりますね。 続きます。

続きを読む

構想002

続きです。 ただ、【日本】の戦国時代では無く、【寺藩具(じぱんぐ)国】と言う架空の国です。 主人公は【闘月藩(とうづきはん)】藩主の娘と言うことになりますね。 【寺藩具国】では、3つの本島があり、【陽本島(ようほんとう)】、【月本島(つきほんとう)】、【星本島(ほしほんとう)】となっています。 続きます。

続きを読む

構想001

それでは、【構想】と題して、【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の内容について少し書こうと思います。 主人公は女の子で、お姫様ですね。 戦国時代のお姫様と言うことになります。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは5回限定でもうちょっとだけ更新しましょうかね? まぁ、メモをちょっと取るのを兼ねて、【私は誰とも付き合わない】についてどの様な内容になる予定か少し書こうと思います。 それでは、タイトルは【構想】で行きますのでよろしくお願いします。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)175

 第八章 セシリアの眷属との戦い  オーストラリアを発った僕らは中国の山奥へ来ていた。  ここは、セシリアの支配地域だ。  セシリアの眷属達との戦いが待っているはずだ。  セシリアの眷属は殆ど名前を持たない。  【上位眷属】であろうともだ。  唯一、【特別眷属】のみ名乗る事を許される。  最強の配下以外は名乗ることすら許さない、絶対の女帝だ。  緩い感じだったキャ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)174

 とにかく、エドワード自身が出張ってきた以上、【特別眷属】を狙っての僕らの奇襲が成功する確率は低い。  エドワードの眷属を狙うのは一旦、諦めて、他の地に行くべきだと判断した。  リチュオル家との戦いはこういう悔しい思いの連続と、それを励みに替えて、いつか、倒す事を夢みて、日夜、スキルアップに励むしかない。  それが、エヴァーロード家の宿年なのだから。  僕らはオーストラリアを離れた。 …

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)173

 神妙な面持ちでアルバートさんが告げた。  確かに彼の言うとおりだった。  ずっと長い間、続いて来た、戦いがそんなに簡単に終わる訳がない。  恐らく、戦線を離脱した眷属達が知らせに行ったのだろう。  速攻で倒しておくべきだった。  慎重に行きすぎたみたいだ、僕達は。  押しては引いて、引いては押しての繰り返しでずっと戦ってきたんだから。  僕は自分の考えの甘さを知った。  そ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)172

「これは……」 「小さくて見えづらいけど№1、№2、№3だよ、この距離では見えないけど、後方には№0とエドワードも迫って来ていたんだよ」 「え……それじゃ」 「六体の【特別眷属】にエドワードが加わってしまったら、僕が君らに協力してもまず勝てない。撤退は絶対条件だったと思うけど?」 「そ、そんな……」 「エドワードは用心深い男だ。だから、迂闊には叩けない。【特別眷属】が一体も減っていない…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)171

 それは、アルバートさんだった。  彼が、両脇に僕とシャーロットを抱えて現場を離れてしまった。 「何故ですか」  僕は思わず、声を荒げた。  倒せていたかも知れない相手と決着をつけずに逃げたのだから、虫の居所が悪かったんだ。 「慌てないで、これを見て」  アルバートさんが見せてくれたのは上空の雲を利用した超高精細のカメラで取った一枚の写真雲だった。  写真の様に映し出されたそれ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の35日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日のこっそり作業で【読み切り小説】の【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】も60数ページまでメモがたまっていますので、次の【私は誰とも付き合わない】のメモに入りたい所ですが、切りが良いところですのでそれはまだ先に延ばそうと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】を…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 助っ人に行って仕事してきました。 と言うわけでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の毎日更新ストックを作って行きます。 今日のブログの更新は次がラストになります。 あ、そうだ。 【読み切り小説】の【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】ですが、これも【メモ】が60数ページたまりました。 夜中にちょっと作業をしたんです。 これで、次のこっそり作業から【私は誰とも付き合わない】のメモを…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)170

 これは、破綻魔法陣と言って、結界というよりは侵入者を巻き込んで大爆発を起こす、未完成結界で、リチャード君が考えた能力と言われている。  眷属達との戦いはいかに手数を多く持っているかでも勝敗は左右される。  僕も日々、研鑽を積んでいるんだ。  大丈夫、押している。  倒せる。  僕らは勝てるんだ。  そう思って突っ込もうとしていた僕らに思わぬ邪魔が入った。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)169

 既に一撃は食らわせているらしく、必殺の二撃目を狙って攻撃を仕掛けている。  だけど、敵も攻撃をしながら解毒を試みているようだ。  完全に解毒される前に二撃目を刺せるかどうかで、勝敗が決まるという所だろう。  僕も負けていられないな。  僕はルーン文字を応用して作った造語、デミルーン文字の逆さ捕縛結界魔法陣をいくつも作りだし№8を追い詰める。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)168

 妹のクレアちゃんの攻撃方法の一つ、【セント・ビー・アタック】のダークネス版、【カオス・ビー・アタック】で攻撃を仕掛けている。  【セント・ビー・アタック】は二撃必殺の毒針攻撃だ。  毒と言っても怪物達にとっての毒、超聖水での攻撃でもある。  【錬想】で作り出した、架空蜂で刺すというものだ。  ブレンド形式で、刺す架空蜂によって違う聖水となる。  どの架空蜂に刺されるか解らないので…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)167

 予想では、既に九重くらいはまとわりついているはずだけど、それでも僅かに動きが鈍る程度でしかないみたいだ。  オマケに、【エアシール】の気配に気付いたのか、なかなか網にかからなくなっている。  さすがは、【特別眷属】と言われるだけはある。  簡単には勝たせてもらえないみたいだ。  シャーロットの方は――  鞭の様にしなりながら攻撃してくる破壊物質の爪による連続攻撃を様々な防御で…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)166

 僕は辺り一帯に【エアシール】を貼り付ける。  【エアシール】――それは前に戦ったイースト戦からヒントを得て考えた僕のオリジナル技だ。  粘着質の気を練り込み、空気に混ぜる。  それによって、敵にまとわりついて動きを鈍らせるという能力だ。  これは風の動きも読んでやらないと僕らの動きが鈍ってしまう。  もちろん、骨伝導通信によって、僕はシャーロットと打ち合わせ済みだ。  徐々に、…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の34日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、この後は、【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の毎日更新ストックを作って行きます。 昨日の作業で一応、【暑中見舞いアニメーション】の作業が終わって、次は、【格ワーの澪耶(れいや)】の再々チェック修正作業なのですが、今日のところはやりません。 午後からは番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 ちょっと番組が溜まってい…

続きを読む

おはようございます2

続きです。 やっぱり思ったよりも時間がかかりますね。 続けて、【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の毎日更新ストックを作ろうかと思いましたが、ちょっと中途半端な時間なので、別のことをしていました。 昨日、確認したら、【読み切り小説】の【越果(えっか)】が【オーバーラップ文庫】さんの方で落選していたのを確認したので、【退会】して、【アルファポリス】さんの方に出し直しました…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は2時前から起きています。 夜中にばかでかい声で話している男女が居て、うるさくて眠れなかったので、起きました。 2時ですよ、2時。 少しは時間を考えろと言いたかったですね。 それで、時間がもったいないので作業をしていました。 地味作業になりますが、毎日更新の【フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)】を185回、37日分更新用として加…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、様子を見ながら制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)165

 僕も負けてられない。  僕は№8に先制攻撃を仕掛けた。  超高速移動で出来た残像を動かし、№8に波状攻撃を仕掛けた。  技に名前をつけるなら【ミラージュダンス】だ。  №8はそれに対して口からヘドロで出来たヒドラを多数作り出して反撃してきた。  更に、口から赤さびにまみれたバズーカ砲の様なものを取り出し、追撃する。  僕はこれで確信する。  №8はまず、口を封じた方が良いと判…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)164

 まずは№9の攻撃だ。  奴は右手の人差し指の爪を形状変化させて、散弾の様な破壊光線を放った。  【上位眷属】以下を下がらせたのはこれが理由だろう。  下手に加われば、破壊光線の餌食になってしまうだけだからだ。  シャーロットは冷静に汚水防御を行った。  本来であれば、聖水も使えるようになっているので、聖水防御という形になるけど、僕らは邪法。  防御も穢れに満ちた属性の防御となる…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)163

 №9と№8は、【上位眷属】以下を下がらせる。  今の僕らを相手にした時、奴らでは戦力にならない事が解っているからだ。  僕は男だから、№8を――  シャーロットは№9をメインの相手として戦う事になった。  臨機応変で、相手が変更されれば、それなりの動きを取るけど、基本的には僕が強い方を叩く事にしている。  戦闘は、お互いにゆっくりと歩みより、そして、いきなりスタートした。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)162

 あれこれ、思案している内に、№8らしき影が現れた。  小男とは言え、どことなく威厳が感じられ、司祭と言った感じの雰囲気を醸し出している。  この二体――恐らく、【シュトリ】より強いかも知れない。  この二体を倒して、あの時の挫折を僕達は振り切れる――そんな気がした。  敵も、僕らの気配は先刻承知のようで、真っ直ぐ、僕らの隠れている方を見ている。  心配だから、アルバートさんは…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)161

 それともう一つ、後から№8が合流する事になっているらしい。  僕らの狙いは№9、№8との二対二のタッグバトルだ。  後から不意に合流されるより、合流させてしまってから、叩いた方が、都合が良いと判断して、僕らは№8が現れるのを待っている。  長身である№9に対して、№8は小男のような外見をしているという情報もある。  が、その小ささとは裏腹に口の中は異空間とつながっていて、その中から…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の33日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 でも、今、雷鳴っているんですよね。 パソコンがショートしたら嫌なので、ちょっと様子を見ながら作業をしようと思っています。 【暑中見舞いアニメーション】の作業をしたいと思っています。 明日の予定ですが、午前中は毎日更新のストック作り、午後は番組を見たいと思っています。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 事務の女の子に、【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】について話したら、また笑われてしまいましたね。 【地球】とは違う【戦国時代】の姫君で、【ショタコン】の主人公の話をしたんですけどね。 と言うことがありましたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)160

 それに、ベネディクトの様に、適当に作った眷属じゃない。  もっとしっかりした力の持ち主だ。  №9で注意するべき能力は爪が状態変化して発射される破壊光線だ。  通常の生物で、これに対抗出来る耐性を持ったものは存在しない。  【上位眷属】ですら、かすっただけで、蒸発する程のものらしい。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)159

 名前の番号だけど、伊達についている訳じゃない。  番号が若い程、強い。  例えば、同じ位の眷属でも番号の若い方、№9より、№8の方が強いという事でもあるんだ。  僕らが目をつけたのはエドワードの【特別眷属】の中では最下位、№9だ。  最下位とは言え、特別な力が与えられている眷属だ。  油断は出来ない。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)158

 僕らにやられて欠員が出ると情報が伝えられ、直ちに欠員を補充するか、ランクが繰り上がる。  【特別眷属】の補充はきかないと思うけど、それ以外はエドワードが増やせるからだ。  つまり、エドワードの眷属は常に一万+予備が存在する事になる。  例えば、№百は何代目かの№百かも知れないという事だ。  欠員が出来たらすぐに補充するから、いたちごっこでエドワードの眷属の欠員は減らない。  少し…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)157

 エドワードは眷属に分かり易い名前をつけている。  その辺がベネディクトとの性格の違いなのだろう。  奴には、【特別眷属】は十体いる。  【上位眷属】は九十体いる。  【中位眷属】と【下位眷属】もそれにならっている。  きっちりした数でないと気が済まないのだ。  【特別眷属】の名前は№0~№9、【上位眷属】は№十~№九十九だ。  ここまで言えば予想がついたと思うけど、【中位眷属…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)156

 第七章 エドワードの眷属  それまでとは比べものにならない圧倒的な力を手にした僕らの前に立ち塞がったのはベネディクトの眷属じゃ無かった。  宿敵の真祖はベネディクト一体じゃない。  他にも五体、もしかしたら六体目もいるかも知れないんだ。  次に、僕らの前に立ち塞がったのはオーストラリアを根城にしていたエドワードの眷属達だった。  ――と言うのも【転生外法】を行った地域…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の32日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きます。 今日なんですが、実は僕の誕生日なんですよね。 誕生日っぽいのは昨日やったのですが、コロナ対策で会話もろくにない食べただけの寂しい誕生日になりましたね。 お寿司食べたんですが、ガリもなければわさびや醤油もついてないものでしたし、誕生ケーキもありませんでした。 代わりにシュークリームとワッフルでしたね。 そんな訳で、昨日誕生祝いは済ませたので、今日は普通に行…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 【暑中見舞いアニメーション】を仕上げたいと思っています。 水曜日は休みなのでその日も半日くらい制作をしたいと思いますが、毎日更新のストックを作ろうと思っています。 作るのは【フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)】と【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の毎日更新のストックを…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 これで、【万屋レディース】、【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】、【私は誰とも付き合わない】で、セットで作るという事になります。 【万屋レディース】は60数ページ、 【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】は20ページ、 【私は誰とも付き合わない】は0ページのメモと言うことになっていますね。 これもちょこちょこ作って行く事になると思います。 …

続きを読む

こんにちは3

続きです。 そんな感じでネタをメモに書いたりしていますね。 それと今日のバイト中にもう一つ、【読み切り小説】のアイディアが思いつきましたね。 次は女性が主人公の話で、【私は誰とも付き合わない】と言うタイトルですね。 まだ、これも上手くまとまっていませんが、主人公が【純潔】を守る話になりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 【春日井氏】が巻き込まれる場所も【陸・海・空】で考えているんですよね。 【陸】は【汽車】、【海】は【客船】、【空】は【飛空挺】で考えています。 【陸】の時は基本パターンの紹介、【海】の時は初恋をテーマに、【空】の時はライバルを登場させようと思っているのですが、まだ、アイディアは上手くまとまってないですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 こっそり作業で、【プロフェッサー春日井氏のまきこまれ人生】もメモが20ページまで進んでますね。 一応、【魔王討伐】のファンタジーなのですが、主人公の【春日井氏】が巻き込まれる話を3つ分書きたいと思っていますが、入るかどうかちょっとわかんないですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)155

 どんな弱点が出るかもわからない状態で戦って行くという不安も常につきまとう。  そして、もう一つ。  僕らからは生殖能力が失われた。  もう、子供は作れない。  温かい家庭を持つことが出来なくなったんだ。  だからこそ、アルバートさんはためらったんだ。  だけど、僕らはそれを承知で選択した。  今の僕らにはそれが、全てだったからだ。  リチュオル家を殲滅したら、二人で生き…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)154

 だけど、所詮、邪法は、邪法。  確かに、基礎的な力は遙かに増したけど、それぞれの能力の究極の形には絶対になれない。  究極という部分を手放したという事での高い能力でもある。  これは最強という道が完全に途切れたという事でもある。  元々、最強になる才能が無かった僕らにはあまり関係の無いことでもあるけど。  それだけではなく、邪法によって、思わぬ弱点が産まれたかも知れないんだ。 …

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)153

 だけど、僕らは本当に死ぬ気で頑張った。  頑張ったという表現もおかしいけどとにかく、何度も死ぬ気になった。  そして、ついに【体】も手に入れた。  最後に【技】だ。  これは特に技術を身につけるというものじゃない。  ただ、単に、邪法によってなじまされた身体と心に既に使えている能力をなじませるという事にある。  正しくない成長をしていることによって、まともに使えば、様々な能力は…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)152

 【恐呪の墓】では様々な悪夢を最凶の悪霊達が息つく暇もなく見せてくる。  僕らはギリギリの精神を保ちながら、何とか一ヶ月半を乗り切った。  一ヶ月半――最初は一ヶ月と言われたのに半月伸びたのには訳がある。  あえて期限を延ばす事によって、僕らの絶望感をあげたんだ。  次に、【体】だ。  これが、【転生外法】と呼ばれる儀式だ。  文字通り生まれ変わるのだ。  身体を丸ごと作り…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)151

 こうして、僕らは邪法による【心技体】を覚える事になった。  まずは、【心】だ。  【技】と【体】を使いこなす為には絶対必要な条件でもある。  案内されたのは、【恐呪の墓】と呼ばれる墓地だった。  その地は普通の精神では一分も居られない呪いに満ちた土地だった。  そこで、僕らは一ヶ月を黙って過ごす事になる。  発狂したらもちろんダメ。  平静を保たなくてはならない。  そこで…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の31日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 一日番組ですね。 制作を先行させていましたので番組の方が溜まっております。 それを消化しないといけないですね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 番組は今日一日見ても終わらないので明日も見ます。 次の制作は火曜日で、まずは、【暑中見舞いアニメーション】を完成まで持って行きます。 まだ、パーツだけ用意…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は5時半から起きています。 番組を見ていました。 まだまだいっぱい溜まっています。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)150

「転生外法(てんせいげほう)と言ってね。正規のやり方じゃない邪法さ。それを使うしか今の君らの力を上げる方法はないな」 「やります。兄さん。それはどうやったら……」  アルバートさんはしばし考えてから―― 「……準備はしてある……だけど、正直、言ってはみたものの成功率はかなり低い。意志の力も大きく関係している、今の精神状態のままではただ、死ぬだけだ。まず、精神を鍛えないといけない。それが出来…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)149

「やれやれ、兄さんも素直じゃないんだから……」 「あ、アルバートさん……」 「アルバート兄さん……」 「僕には君達の試験を合格させた責任があるからね。いい話を持ってきたよ」 「いい話って?」 「君らを少なくとも兄さんやリチャードクラスにまで一気に引き上げる方法さ。ただし、簡単に入ると思ってもらっては困る。文字通り命がけの方法さ。やるかい?」 「あるんですか?そんな方法?」

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)148

 強くなったと思っていた。  でも、それは、僕の思い上がりだった。  僕らはまだまだ、全然、弱い。  弱すぎるんだ。  少なくとも【上位眷属】までなら瞬殺出来るレベルにならないと話にならないんだ。  途方に暮れる僕らの前に、アルバートさんが音もなく現れた。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)147

「す、すみません……すみま……」 「道久を誘ったのは私です。私が強くならねばなりません。なのに私は……」 「しゃ、シャーロット……」 「す、すまん、道久、私が弱いばかりに……」 「い、いや、僕の方が……」 「もう、良い、私は認めん。それだけだ」 「兄様」 「うちに帰れ。お前には母親が似合っている」 「兄様!」 「くどい!」  立ち去っていくフレデリックさん。  悔しくても僕…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)146

「頭をあげろ、シャーロット。お前はそんな事をする女ではないはずだ。高貴なる後継者を産む者がそのような……」 「兄様、私は戦いたいのです、兄様!」 「お前の為を思うからこそ……」 「私のためを思うなら、どうか、どうか……」 「……そこの男……」 「は、はい、僕ですか」 「僕ですかじゃない。何故、貴様はそんなに弱い。貴様はシャーロットの【剣】ではないのか?」

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の30日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、一日を通して番組を見ます。 昨日、制作をしたので、明日は番組を見ます。 次の制作日は火曜日を予定しています。 火曜日には暑中見舞いアニメーションを仕上げる予定です。 後、そろそろ、残り半分なので、【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の次の毎日更新の【フィアエリスと魔女神殺し(プレイバック)】の用意もしないと行…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 事務の女の子に新作の【読み切り小説】のタイトルは【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】ですと伝えたら、【タイトル】だけで可笑しいと笑われてしまいましたね。 まぁ、これも今は10ページくらいメモが進んでいて、また、60数ページのメモを目指してちょこちょこメモを取ろうと思っていますけどね。 まだ、発表出来る様な段階ではないので、…

続きを読む

この後の予定2

この後の予定ですが、今度こそ番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

以上です。

以上が【プハンタシア・クアンティタース】の3キャラのイラストになります。 これで12月分までの【よったろー屋本舗】の更新分は確保出来ましたので、暑中見舞いアニメーションなど以外は小説に集中しやすい状態になったと言う事になりますね。

続きを読む

深井 あい イラスト

最後は完成度がいまいちですが、【プハンタシア・クアンティタース】のサブキャラ、【深井 あい(ふかい あい)】になります。 【プハンタシア・クアンティタース】のキャラで3キャラ目を誰にしようか迷いましたが、この際だから、あまり出番が多くなさそうなキャラクターを描くことにしました。 それで選ばれたのが【むふふーん女優】の【あい】ちゃんです。 【ファーブラ・フィクタ】シリーズは基本的…

続きを読む

ニズ・クォトヌァール イラスト

続いて【プハンタシア・クアンティタース】のメインヒロイン、【ニズ・クォトヌァール】になります。 【永遠の妹】キャラですね。 年頃の少女が妹にしたいというキャラクターで謎が多いキャラクターでもあります。 【クアンスティータの置き土産】というキーワードがあるキャラクターでもありますね。 【踊詩】は彼女に心を奪われる様になる予定です。

続きを読む

稀生 踊詩(きにゅう ようし)イラスト

それでは、まず、【プハンタシア・クアンティタース】のメイン主人公になる【稀生 踊詩(きにゅう ようし)】になります。 【ファーブラ・フィクタ】のメイン主人公【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】の後継者として、選ばれましたが、引きこもりで趣味に生きるという主人公になります。 才能は【吟侍】以上にあるのですが、やる気が足りないという主人公になりますね。 【吟侍】が女性の気持ちに疎いモ…

続きを読む

今日のノルマはここまでです。

ふぅ。 今日のノルマはここまでです。 今日は予定を変更して作業をしていました。 それでは、今日の成果として、次の更新から12月更新分である【よったろー屋本舗】更新用イラスト3点を公開します。

続きを読む

追伸 予定変更します。

追伸。 予定変更します。 やっぱり今日も制作をします。 日曜日の作業と交換で、今日作業しますね。 今日、制作をして、日曜日は一日番組を見ていこうと思っています。 今日の夕方にイラストを公開します。 では、作業に入りますので一旦失礼します。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、余計な更新はせずに、番組を見たいと思います。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)145

 次々と、自分を責める言葉が思い浮かぶ。  それだけ、力が無かったって事だと感じた。  そして、彼女の行動が僕に更なる力を身につける決意をさせた。 「兄様、強くなりたい。強くなりたいんです。お願いです。私から、参戦を取り上げないで下さい」  シャーロットは土下座した。  プライドが高い彼女がだ。  人一倍プライドが高く、頭など殆ど下げた事のない彼女がだ。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)144

 僕らは弱い。  命を助けてもくれた大事な人、彼女を守るには僕は弱すぎる。  強くなりたい。  だけど、僕ではこれ以上強くなるのは……  僕も悔しくて悔しくて、泣けてきた。  自分が情けなくて自分を殴ってやりたい気持ちだった。  泣いている彼女に優しい言葉の一つもかけてやれない甲斐性無し。  彼女を逃がしてやることも出来なかった意気地無し。  震える彼女を支えてやれなかった根…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)143

 その後、フレデリックさんが僕らには――シャーロットには戦闘は向いていない等という事を延々と言っていた様な気がするけど、あまりにもショックがでかくて、殆ど耳に入らなかった。  僅かに覚えている部分からも彼が妹、シャーロットの事を大事に思っていて、だからあえて厳しく接している事は解った。  だけど、それが、かえって悔しくて大粒の涙を流しているシャーロットに僕は何も出来なかった。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)142

 こんな凄い才能を持つ兄弟達に挟まれたシャーロットの劣等感を思うと僕も胸がチクンと痛んだ。  結果、解った事は僕らの実力で何とかなるレベルは【上位眷属】までで、それ以上、【特別眷属】になると手も足も出ないレベルだという事だった。  【特別眷属】はそうそう増やせないが、【上位眷属】まではいくらでも増やせる。  僕らが倒せるレベルの敵はいくらでも増えるという事だ。  つまり、僕らは居ても居な…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)141

 僕らが萎縮する程の力を持つ【シュトリ】に対して、常に優勢に事を進め、見事に、倒して見せた。  さすがに、口では【ごとき】と言っていたとは言え、【特別眷属】だけあって、フレデリックさんも大分、傷ついた。  だけど、今の僕らは、逆立ちしても、フレデリックさんの実力には遠く及ばない。  才能の差というのをまじまじと見せつけられた感じだった。  フレデリックさんでこうだという事は彼と近い実…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の29日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 昨日の制作の続きは日曜日をする予定です。 12月分【よったろー屋本舗】更新分になる、【プハンタシア・クアンティタース編】の3点のイラストを描きます。 それで、イラストの作業を終えて、次は【暑中見舞いアニメーション】の作業に入る予定です。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 あちこちに助っ人に行って忙しい日でしたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

以上です。

以上が【ファーブラ・フィクタ】のイラスト3点になります。 【ファーブラ・フィクタ】は現在、ファーブラ・フィクタ編の1話のシリーズを作っています。 2話のシリーズから宿敵(?)第五本体クアンスティータ・リステミュウムが登場する予定ですが、現在は第一本体から第四本体までのクアンスティータを復活させる話まで作っている状態ですね。 この後は、第一本体と第二本体の【宇宙世界】の再体験と第…

続きを読む

ソナタ・リズム・メロディアス第六王女 イラスト

最後に【ファーブラ・フィクタ】のウェントス編のヒロインをやっていた【ソナタ・リズム・メロディアス第六王女】になります。 吟侍のことが好きだったのですが、その辺りの恋愛事情はウェントス編で結論が出ています。 彼女は養女を1人もらっています。 冒険を通して、メロディアス王家の女王になる事を誓っていますね。 現在は、吟侍やカノンと同じくファーブラ・フィクタ編で行動を共にしていま…

続きを読む

カノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女 イラスト

続いて、【ファーブラ・フィクタ】のメインヒロイン、【カノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女】になります。 アクア編の主人公として、無事に完結を向かえ、現在、吟侍と合流して、ファーブラ・フィクタ編を冒険していますが、現時点での彼女の名前は、【カノン・ユノアナリーゼ・メロディアス】という事なっています。 その辺りの所まで話は進んでいるのですが、これもアクア編のかなり手前の所までで公開が…

続きを読む

芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)イラスト

それでは、まず、【ファーブラ・フィクタ】のメイン主人公、【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】になります。 芦柄三(五)兄弟の次男で、ラスボス、クアンスティータと深く関わりのある主人公です。 ウェントス編の主人公として物語を進めていき、ウェントス編の終了と共にメインヒロインのカノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女と再会し、現在、ファーブラ・フィクタ編をカノンと共に冒険しているのですが、…

続きを読む

今日のノルマはここまでです。

ふぅ。 今日のノルマはここまでです。 それでは次の更新から今日の成果を公開します。 今回は【よったろー屋本舗】11月更新分になる【ファーブラ・フィクタ編】になります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)140

 僕らはフレデリックさんと【シュトリ】との戦いを見ている事しか出来なかった。  言うだけあって、フレデリックさんは強かった。  僕とシャーロットは連携して初めて、【錬想】を有効に使えるのに、彼は、一人でも僕達以上に使いこなしていた。  ベネディクトの眷属の特徴である変幻自在の攻撃に対しても、冷静に対処していた。  何より、凄いと思ったのは同時に三つの【錬想】が出来た事だ。  僕…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)139

 【シュトリ】は舌なめずりをして、腕を振り上げ、そのまま、僕らの方に斬撃を放つ。  萎縮してしまって動けない僕ら。  やられる――  そう思った時、僕らの前に立ち塞がった影が斬撃を防いでくれた。 「……全く、だから、女子供に参戦は無理だと言ったんだ」 「ふ、フレデリック兄様!」 「フレデリック……さん?」  僕らを助けてくれたのは長兄、フレデリックさんだった。 「シャーロ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)138

 やはり、僕らの力では寝首をかくことくらいしか出来ない。  問題は僕らが二人がかりで手こずったイーストを瞬殺する力を持つ【シュトリ】からどう撤退するかだった。  まともな方法では逃げる事すら出来ない。  動けない……  蛇に睨まれた蛙とはこのことかと思わざるを得なかった。  シャーロットも同じ気持ちだ。  彼女とは一部の感覚を共有しているので、彼女の焦りは感覚として伝わってきてい…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)137

 ベネディクトの眷属らしく適当そうな性格は変わらない。  だけど、解る――さっき感じた戦慄はイーストからのものではなかった。  この【シュトリ】から感じ取ったものだった。  イースト達は【特別眷属】に勝つつもりでいたらしいけど、この【シュトリ】から発生される威圧感――それは【上位眷属】とすらさらに別格のものだった。  ベネディクトの力を分け与えられているだけあって、他の眷属達とは…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)136

 それにも満足出来ないのか、今度は三つの首を持つ人間の様な姿になった。  その姿はまるで、デートに着ていく服を選んでいるかのような感じだった。 「さて、眠りをじゃましてくれた……」 「さて、眠りをじゃましてくれた……」 「さて、眠りをじゃましてくれた……」  三つの口が同じ事を言う。 「俺が言うよ、お前らだまってろ」 「はいはい、任せたわ」 「じゃあ、お願いするわな」  今…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の28日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 今日の分は11月の【よったろー屋本舗】の更新用イラストとして【ファーブラ・フィクタ】のイラスト3点を描きます。 出来たら夕方くらいにまた、ブログで公開したいと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の次の制作は日曜日にしようと思っています。 日曜日は12月の更新用として【プハンタシア・クアンティタ…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)135

 こいつの姿を見ると、つくづく、ベネディクトは適当に名前をつけているんだなと思わずにはいられない。  名前に全く意味が無い。  名は体を表すというがベネディクトの眷属達は適当に名前をつけられているため、その姿でいることにこだわりがない。  タコ馬の姿が気に入らなかったのか、すぐさま、河馬の身体に蛙の様な顔の怪物に変わり、更に、カラスの身体に蛇の顔のモンスターに変わった。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)134

 第六章 転生外法(てんせいげほう)  イーストのトドメをさしたのは、僕らの王水じゃなかった。  これだけ派手に戦っていたのだから、起きても当然と言えば当然だったけど、【特別眷属】の【シュトリ】が目を醒まし、イーストの首を食いちぎったのだ。 「うるさいな~ねむれないじゃんか」  オオカミの口で【シュトリ】がつぶやく。  と同時に姿形が変わる。  今度はタコのような…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)133

 イーストの余裕は自身の変幻自在の攻撃方法を自慢したかったのだろうけど、僕らもそれなりに実戦経験を積んでいる。  予測以外の事態にも連携して対処出来るようになっているし、舐めてかかれる程、僕らは弱くない。  やはり、ベネディクトの眷属は絶好のカモだ。  そう思っていた。  が、それは僕らの方の驕りだった。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)132

 イースト――こいつは確かに強い。  だけど、戦闘に対してこいつはゆるみきっている。  適当過ぎる。  戦いに対して、適当にやって勝てるというのは圧倒的な戦闘能力の差があって初めて成立する。  つまり、余裕の証だ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)131

 実はその見せかけだけ大きくしたかぎ爪には仕掛けがしてある。 イーストが防御の為に金属で出来たカニの様な皮膚に変化させたとき、かぎ爪は命中する瞬間、破裂した。  中から王水が飛びだした。  濃塩酸と濃硝酸を混合してできる橙赤色の液体である。 「ぎぃやあああああ……」  悲鳴をあげるイースト。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の27日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 【ファーブラ・フィクタ】のイラストを【よったろー屋本舗】11月分更新分として描いて、夕方にでも公開したいと思っています。 日曜日に【プハンタシア・クアンティタース】分として12月更新分3点を作って来週は暑中見舞いアニメーションの作業に入りたいと考えています。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 とりあえず、【読み切り小説】では2つか3つくらいの冒険を凝縮して、描けたら良いなと思っています。 そんな感じのちょっと情けない主人公を描こうと思っています。 以上ですね。 という事でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 小説の冒頭では汽車に乗って、【チェルシー】と旅に行くところからスタートして、その汽車で事件に巻き込まれるという展開を考えていますが、まぁ、今のところはそんな感じということでまだ未定ですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 旅のお供として、化け猫娘の【チェルシー】ちゃんというのを予定していますね。 【チェルシー】ちゃんに、「ご主人様、はっきりしないからまた巻き込まれてるにゃん」と注意されたりするイメージがありますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 98歳で寿命を迎えるまでに数十回、何らかの出来事に巻き込まれ、気付いたら、【プロフェッサー】と呼ばれているという人生で、その一部を切り取って書くのが【読み切り小説】になりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【春日井氏】は、はっきりしないので、気付いたら巻き込まれて魔王討伐に参加していると言う感じのストーリー展開になりますね。 【魔王】討伐系だけでなく、【春日井氏】は黙っていたら【美青年】なので、気付いたら、女性達との【修羅場】にも巻き込まれているという感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【春日井氏】の場合は有能ですので、色んな冒険者の冒険に勧誘されます。 例えば【魔王A】を打倒とする冒険者【B】のパーティーに参加させられたと思ったら、【魔王A】を倒して、落ち着いていたら、今度は【魔王C】が現れ、それを打倒とする冒険者【D】のパーティーにスカウトされるという感じで、【春日井氏】のスキルを求めて、いろんな所がスカウトに来るという事になりますね。 続きま…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】の主人公、【春日井氏】は、そう言った【RPG】の主人公ではなく、途中で仲間になる有能な【仲間】の1人という事になります。 特殊能力を持っていて、それで主人公パーティーに加わるキャラクターという事になりますね。 主人公にはなれないけど、強力な助っ人タイプという事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 簡単に言えば、事件に巻き込まれる主人公の話になりますね。 どういう感じになるかと言いますと、【RPG】で考えると、主人公のキャラクターが居て、その主人公が冒険をして途中で色んな仲間に出会い、最終目標である魔王なんかを倒すというのが王道パターンじゃないかと思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 それで、その【読み切り小説】のタイトルですが、【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】ですね。 ちょっと長いタイトルですね。 これはどの様な感じのストーリーかを軽く書こうと思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 その人には、これ以上は出来るだけ考えない様にして、メモをとっているやつを書いていこうと思っていますと言ったのですが、仕事中にパッと、次の【読み切り小説】のアイディアが思いついてしまいましたね。 メモを取るかどうか迷っているのですが、このブログの更新でちょこちょこっと書いて、それをメモとして取っておいて、実際にメモを取るのは後にしようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 また、それだと不十分なので、獣型ロボットと【車座】は一体型にせず、セパレートタイプにすればセンサーで、獣型ロボットの後に【車座】がついてくるという事になるという話もしました。 その他にも色々と考えている事もあるのですが、それらを溜めていくと、大体60数ページになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ただ、馬という訳では無く、獣型ロボットに引いてもらうという形を取っていて、以前は一体型だったのですが、それだと座席のある部分の前にある獣型ロボットのしっぽが邪魔なので、獣型ロボットにはしっぽがついていない状態で、その後ろにある車輪のついた座席、ここでは【車座(しゃざ)】と呼んでいるのですが、それの後ろにしっぽをつけてバランスをとっていますと言う話をしましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 今日はいつもの人とは別の人に、【万屋レディース】のメモが60数ページ溜まって、他の作品と同様にサクサク作れる段階に入りましたと伝えましたね。 【万屋レディース】は異世界のヤンキーものですが、バイクなどが存在しません。 代わりにあるのが【機獣車(きじゅうしゃ)】と呼ばれる【チャリオット】に近い乗り物ですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

以上です。

以上が、9月分の【よったろー屋本舗】更新用イラスト、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】のイラスト3点になります。 やっぱり、【№3 ヴェスフェアリス】は作るのに時間がかかりましたね。 これで、後は11月分の【ファーブラ・フィクタ】のイラスト3点、12月分の【プハンタシア・クアンティタース】のイラスト3点を作るだけですね。 後、【暑中見舞いアニメーション】も作らないと…

続きを読む

№3 ヴェスフェアリス イラスト

最後に【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】のヒロインその2、【№3 ヴェスフェアリス】になります。 このキャラクターは【ファーブラ・フィクタ】で言えばクアンスティータ、【プハンタシア・クアンティタース】で言えばクエニーデ・クアンスティータに相当するキャラクターよりも強いという設定になっています。 これらの存在は、先日イメージを公開した【ヴェヌファユア】と【握手】をしたという…

続きを読む

テロメア・永久(とわ)【てとちゃん】 イラスト

続いて、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】のヒロインその1、【テロメア・永久(とわ)【てとちゃん】】になります。 【テロメア】と言う存在と【永久(とわ)】と言う存在がダブった存在で、力が暴走して困っていました。 そこへ通りかかった【稀義】が驚くほどあっさりと治します。 誰にもどうにも出来ないと思われていたのに、苦もなく治してみせた【稀義】に感銘を受けて弟子入りします…

続きを読む

和諷 稀義(わふう まれよし)/クアースンリータ イラスト

それでは、まずは、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】の主人公、【和諷 稀義(わふう まれよし)】になります。 【ファーブラ・フィクタ】シリーズでは最強の主人公(ただし、クアンスティータが主人公になった場合を除きます)になりますね。 【ファーブラ・フィクタシリーズ】の主人公のフェイバリットアビリティーになる【答えの力】のレベル1~レベル4までを全て発掘して、更に応用してレベ…

続きを読む

今日のノルマはここまでです。

ふぅ。 今日のノルマはここまでです。 それでは、次の更新で9月分更新予定の【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】のイラスト3点を公開したいと思います。

続きを読む

一旦失礼します。

この後の予定ですが、制作をします。 次の更新はイラストが完成してからになります。 では一旦、失礼します。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)130

 つづけて背中がアルマジロの様になってくるくる回ってこっちに向かって転がってきた。  そのスピードは百メートルを4秒くらいで来るくらいだ。  かなり早い。  破壊力はダンプカーに突っ込まれた以上だ。  大きな岩の塊が四散した。  僕は【錬想】で巨大なかぎ爪を作り、それをシャーロットにパスした。  彼女は巨大なボウガンを作り、それにかぎ爪をはめて、発射する。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)129

「シャーロット、耳だ」  僕が、叫ぶ。  コンマ数秒遅れて、糸の網を巨大スピーカーと化した超大音響が響き渡る。  ギーというまるで黒板に爪を立てたような音を大きくしたような不快な音だった。  だけど、僕とシャーロットは【錬想】で作り出した絶対防音ヘッドフォンで防御した。  危ない、後コンマ一秒遅れていたら、鼓膜が破れていたかもしれない。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)128

 元々、戦闘能力が他の兄弟より劣るシャーロットは後方支援タイプでもある。  その力不足を補う戦力として僕が、【剣】となり、エヴァーロード家に入ったんだ。  だからこれは通常の基本スタイルと言って良い。  迎え撃つイーストが大きく息を吸い込んだ。  来る!

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)127

 シャーロットは既に、知覚出来ない光学迷彩分析装置を【錬想】で作り出していて、あぶくの成分を分析していた。  それを握手による骨伝導通信で敵に聞こえないように僕に情報をくれていた。  あぶくは劇物。  そして、猛毒でもある。  生き物のように糸の間を移動するあぶくに気を取られているとイースト自身への警戒が薄れる。  それを防ぐために、シャーロットは後方支援。  僕が先陣を切って戦うと…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)126

「道久」 「解ってる、シャーロット」 「私が中和ずるぞ」 「解った、僕が行く」  シャーロットと僕は連携して攻撃を仕掛ける事にした。  シャーロットが糸を中和して、普通の糸に変換作業を担当して、僕が、縦糸を通って網の中央に居るイーストに突っ込む。  糸が普通じゃないのは泡――あぶくのようなものが無数に糸の上を移動しているからだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の26日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、イラスト作業をします。 日曜日の続きで【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】のイラストをやります。 夕方くらいにブログで発表したいと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きは木曜日で、次は11月更新分の【ファーブラ・フィクタ】のイラスト3点を作ろうと思っています。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 久しぶりに本屋さんを覗いてみましたが、緊急事態宣言前にはしてなかったビニールが駆けられていましたね。 こちらもマスクをしていますが、やっぱり非常時なんだなぁと思いましたね。 という事でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)125

 だけど、敵は待っちゃくれない。  イーストの背中がふくれあがり、そこから糸のようなものが四方八方に噴射される。  いわゆる蜘蛛の糸というやつだ。  蜘蛛型のモンスターと戦って来た経験からこの糸の攻略法は解っている。  糸の中心から放射状に出ている糸を縦糸と言い、円を描くような糸を横糸と言って、通常、粘り気があるのは横糸のみで、縦糸を通れば難なく、通れるというセオリーがある。 …

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)124

 な、なんだって? 「だから、じゃんけんは負けた順に戦う事を決めていたんじゃない。誰に力を注ぐかを決めていたんだ。残りカスになった彼らは存在自体が意味がなくなったからね。だから、それぞれが自ら死を選択した……君達に殺されるという死の選択をね」  つ、つまり、残ったイーストが本来の【上位眷属】の力を持っているって事なのか?  しかも、最低でもその4倍の力を持っていると?  それ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)123

「僕らはね、君らが来る前に話し合っていたんだよ。誰に力を移すかをね。だから、残りカスの力しかなかった三人の力は大したこと無かっただろ?」  残りカス? 「僕らはねぇ、【特別眷属】に勝ちたかったんだよ。だけど、僕らの力は【特別眷属】には遠く及ばない……だったら、四人の力を一つにまとめたらどうだろうか?そう、話あっていたんだよ」

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)122

「何故、じゃんけんをしたと思う?君達と戦う順番を決めるためかい?違うね。僕らはそんな事の為にじゃんけんをしたんじゃない」  薄気味の悪い笑みを浮かべて、イーストがそう言った。  ハッタリだ。  そうだ、そうに違いない。  僕らはそう思っていた。 ――が、それを否定する言葉が、イーストの口から返ってきた。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)121

「勝ったと思った?」  残ったイーストが不気味な一言を発した。  勝ったと思った?だって?  どういう事だ。  何かあるのか? 「何が言いたいのかしら?もう貴方だけよ、残っているのは」  シャーロットが言い放つ。  僕も同意見だ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の25日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 昨日の続きでイラスト作業をします。 【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】のイラスト3点の続きを作る予定です。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 それが、これになります。 クアンスティータで言えば第六本体クアンスティータ・レアク・デのイメージを変更した様な髪型になっていますね。 ただ、今まで全然イメージしてなかったので後で変更になるかも知れませんし、見ての通り顔もついていません。 という事で、【ヴェヌファユアのイメージ】として公開いたします。 という事でただいまです。 今日もよろしくお願いし…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 ただ、このまま余り紙にちっちゃく描いたデザインを破棄するのもなんなので、とりあえず、未定という事でパソコンに取り込む事にしました。 まぁ、ノートに描くか描かないかはその後の制作次第で考えるとして、とりあえず、【ブログ】で公開する第一号としてちょっと加工してみました。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 すると、何回かの失敗の後で、【あれっ?】これでも良いかな?と思えるデザインが出来てしまいましたね。 となると、今まで持っていたイメージを破棄しないといけないなと思っているのですが、ちょっとどうしようかと迷っていますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 ただ、そう考えるのは本来間違いで、【クアンスティータ】と【クエニーデ・クアンスティータ】はつながりがありますが、【ヴェヌファユア】は全くの別物として考えています。 なので関係ないと思っていたのですが、夢の中の映像が気になって、【クアンスティータ】っぽくデザインしたらどうなるか?というのをやって見ました。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 そう考えると【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】は同じ【クアンスティータ】と【クエニーデ・クアンスティータ】が出てきますので関係ないとして、次の【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】のラスボス【ヴェヌファユア】は【カノンの曾孫】じゃないか?という事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ところが夢の中で【カノン】の【曾孫】じゃないの?という映像が覚えていて、それをどうしようかと考えていました。 【ファーブラ・フィクタ】のラスボス、【クアンスティータ】はヒロインのカノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女の生体データを元に形作られているという設定があったので、言ってみれば【カノンの子供】です。 それで、考えると、次回作【ファーブラ・フィクタ2/プハンタ…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 今日から会話解禁です。 雨降りなのでまっすぐ帰ってきました。 いつも通りですね。 今日は朝、夢で起こされまして、咄嗟に紙にデザインしたのですが、まぁ、良いかという感じで納得していました。 それは、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の【ヴェヌファユア】についてのデザインでした。 【ヴェヌファユア】は基本的にデザ…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は少し制作をしたいと思っています。 ですが、午後は二時過ぎまで番組を見る予定ですので、今日、これ以上イラストを発表する事は無いと思っています。 なので、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

以上です。

以上が【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】になります。 次が9月分の【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】になります。 ヒロインその2の【№3 ヴェスフェアリス】はクアンスティータに相当するキャラクターを超えるボスキャラでもありますので、それなりに誇張しようと思っていますので、多分、午後の作業だけでは終わらないと思っていますので、公開は火曜日になりそうですね。

続きを読む

2人目のパーフェクト11 イラスト

最後に2人目の【パーフェクト11】のイラストになりますね。 これも、昨日の【偽トゥエルブ】同様に、デザインしていなかったので、ノートにキャラクターデザインをしてからのイラストになりました。 一応、イメージはあるのですが、多分、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】の第一話では登場する予定がないので、役柄は今の所無しですね。 ただ、ヒロイン【唯愛】のライバルになるか、恋を…

続きを読む

神恋 唯愛(しんこい ゆいあ)イラスト

続きまして、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】のヒロイン、【神恋 唯愛(しんこい ゆいあ)】になります。 【パーフェクト11】の1人で、正体を隠して、屋敷を抜け出し、町に繰り出します。 その時、出会ったマヌケな男、十手に出会って、ちょっと気になり出します。 男として、出会っているため、十手自身は気付いていませんが、彼女を含む、【パーフェクト11】の誰かに十手は恋をし…

続きを読む

大太刀 十手(おおだち じって)イラスト

それでは、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】の主人公、【大太刀 十手(おおだち じって)】になります。 恋する男子で、一目惚れした【パーフェクト11】の誰かのためにまっすぐに生きると言うキャラクターになります。 ちょっと抜けた所がある男子ですね。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、今朝の成果としてイラストを3点公開いたします。 今回の分は、【よったろー屋本舗】8月更新分になる【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】となります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)120

 ――味気ない……全く味気ない戦いだ。  上位眷属ってのはこんなに弱いのか?  続く、ノースも全然大したことなかった。  あれだけ、警戒していたのは何だったんだろう……。  僕とシャーロットは口にこそ出さなかったけど、お互い目を合わせてそう思っていた事を確認した。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)119

 シャーロットは冷静に剣山入りの落とし穴を作り出し、僕がそこに誘い込んで落とした。  ウエストのウエストは血まみれだった。  昔の僕なら思わず、目を背けるような惨たらしい状態だった。  それを自分達が仕掛けるようになるとは当時の僕は夢にも思わなかっただろう。  だけど、僕らはリチュオル家と戦って行かなければならない。  こんな事は余裕でやらないといけないんだ。  僕は落とし穴には…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)118

「じゃあ、次はぼっきゅん、いくねぇ~」  続いて来るのはウエストだ。  サウスが為す術無く倒れたというのに、他の二人と協力して戦おうというそぶりは見せない。  ウエストはフラフラとこっちに向かってきたと思うとどんどんぶくぶく太っていって、目の前に着く頃には五メートルくらいの背丈の巨体となった。  何処からが腹で、どこからが胸かも解らない醜い姿だった。  だけど、その姿からは考えられ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)117

 それを見た、残る三名の上位眷属の顔が……  変わらない。  ニタニタしているだけだった。  ベネディクトは快楽主義者で、何を考えているかよく解らない男だった。  その子供である上位眷属達も性格的に似ているのかも知れない。  少なくとも、自分達と同じくくりで名前をつけられた仲間がやられたというのに全然、気にした様子はない。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)116

 僕らは質問に答える変わりに、サウスの首を跳ね飛ばした。  トドメは【錬想】で作り上げた、特別製の杭を心臓に指して、絶命させた。  実力を出さないというのなら、出さなくて結構。  相手の実力を知る必要はない。  ただ、倒させてもらえば、それで良い。  僕達は、サウスを苦もなく、撃破した。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の24日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、この後、後半で、イラストを3点公開した後、午前中は番組を見ます。 その後ですが、番組が溜まっていますので、午後作業したとしても午後の更新は出来ないかな?と思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きは火曜日にしようと思っています。 今日の分とあわせて、火曜日に公開出来ればと考えています。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日も朝、2時から起きています。 二日連続2時起きはきついですね。 今日もこっそり作業をしています。 という事で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

以上です2。

以上が【よったろー屋本舗】7月更新分になる【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】の3点になります。 明日のこっそり作業などで、8月更新分の【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】を更新する予定です。 今日のところはここまでです。

続きを読む

偽トゥエルブ イラスト

最後に、今回、元のイラストが無かったのでノートにキャラクターデザインから始めたのがこの【偽トゥエルブ】になります。 彼は、【パーフェクト11】とされる女性11名を崇拝していて、それ以外の存在を認めません。 【顔の世界観】において、【パーフェクト11】以上の存在を認めたくないため、【獣僧】の義弟となった3名を消去します。 更に、【パーフェクト11】の次の存在であると言うことを証明…

続きを読む

元システィアラ イラスト

続いて、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】のヒロインになる【元システィアラ】になります。 【システィアラ】というのは役職の名称で、本名ではありません。 元々、【偽トゥエルブ】の許婚の1人として育てられた彼女は【偽トゥエルブ】に失態が原因で、捨てられます。 その後、藁をもつかむ気持ちで【獣僧】に挑戦し、彼に自分が操り人形だった事を指摘され、【獣僧】側につくというキャラ…

続きを読む

獣僧(じゅうぞう)イラスト

それでは、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】の主人公、【獣僧(じゅうぞう)】になります。 【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】は主人公が3人居ますが、3人の中でこの【獣僧】が一番血の気が多いですね。 【偽トゥエルブ】に大切な家族を奪われて復讐を誓うというキャラクターになっています。

続きを読む

今日のノルマはここまでです。

ふぅ。 今日のノルマはここまでです。 もう三点、イラストが出来ました。 それでは、次の更新からその三点を公開したいと思います。 次の三点は7月分更新予定の【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】になります。

続きを読む

以上です。

以上が今日のこっそり作業の成果です。 今日はこの後、もう3点イラストを描こうと思っています。 それはまだですので、もう少しお待ちください。

続きを読む

潤茶 伊那(うるさ いな)イラスト

最後に靜佳丸の義姉となった、歴女の天才科学者【潤茶 伊那(うるさ いな)】になります。 元々は、彼女が歴史上の偉人達とイチャイチャしたいという願望を持って靜佳丸をよみがえらせた事から物語が始まるので【アナザーFP】重要キャラクターになりますね。 靜佳丸は彼女の護衛と言う立場になっています。

続きを読む

美真音 水詠(みまね みよう)イラスト

続いて、【アナザーFP】のヒロイン、【美真音 水詠(みまね みよう)】のイラストになります。 彼女はデータの存在なので、この身体はかりそめのものになりますね。 心優しき戦闘マシーンという感じですかね? 靜佳丸に対しての押しかけ女房の様な感じのキャラクターです。

続きを読む

潤茶 靜佳丸(うるさ しずかまる)イラスト

それでは、まず、【アナザーFP】の主人公、【潤茶 靜佳丸(うるさ しずかまる)】のイラストになります。 【答えの力】レベル4に相当する【必様(ひつよう)の力】の力の使い手で、時代がかったしゃべり方をするキャラクターですね。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、今朝の成果として、イラストを3点公開したいと思います。 一応、6月分の【よったろー屋本舗】の更新用イラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)115

「ぐ、が……な、なにした、てめえら?」  さすがは腐っても上位眷属だ。  本来ならしゃべることさえ出来ないはずなんだけどな。  【伝気】には、物を生きているように動かす事も出来れば、反対に、生きている者を動かなくする事も可能だ。  生き物という事は電気信号で動いているのだから、それを乱せば、固まって動けないというからくりだ。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)114

 この力の凄い所は上達すると振動が出ない。  そのため、気配を絶てば、誰にも気付かれずに、進入する事も出来るのだ。  日本で言えば忍者とかに最適な能力だ。  僕らは【ニエンテ】を使って、サウスの背後に回り込み、【伝気】でサウスの動きを止める。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)113

 だけど、僕らの攻撃は既に始まっている。  僕らが今、構えを取っている姿は【錬想】で作ったコピーだ。  本物の僕らは地中から【ニエンテ】を使って移動していた。  【ニエンテ】――イタリア語で【無】という意味だ。  イタリアで開発された能力で、能力の特徴としては、壁や地中など、通れない場所を通る能力だ。  この力は自分の体細胞をナノレベルで瞬時に置換を繰り返す事によって、通常では通れ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)112

 確かに、奴らは上位眷属――、今までの眷属達とは実力が違うのだろうけど、なめてもらっては困る。  でも、油断大敵という言葉もある。  僕らはあくまでも慎重かつ的確に倒すだけだ。  奴らが油断している内に、僕らは一体倒させてもらうだけだ。 「ちっ、仕方ねぇ、ほら、相手してやんよ。かかって来いよ、どこぞの馬の骨共」  まるでバツゲームで仕方なく戦うような気持ちで対応しているようなサウス。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)111

「あぁ~負けたぁ~、じゃあ、俺が出るか」 「頑張ってね、サウスちゃん」 「僕らはあっちで見学してるからね」 「ガンバ」  お気楽にもじゃんけんで、僕らの相手を決めていた。  別に僕らは四対二でもやるつもりだったけど、自信過剰なのか、奴らは一人で僕らの相手をするつもりらしい。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の23日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、このブログの更新の後半で、今朝のこっそり作業の成果として6月更新分【アナザーFP編】として、イラストを3点公開します。 そのまま、午前中は作業を続けて、今度は7月更新分【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】のイラストを3点作って出来れば公開したいと思っています。 午後は番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をしたいと思います。…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日はバイトはお休みです。 今日は朝2時から起きています。 こっそり作業として、イラスト作業をやっていました。 という事で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)110

 第五章 上位眷属との戦い  僕とシャーロットは目で合図した。  経験を積んでいるからアイコンタクトで相手の考えている事は大体わかるようになっていたからだ。  僕らが出した結論は、【シュトリ】が目を醒まさない様に、少しずつ、この場を離れながら、戦うという事だった。  【上位眷属】と言えば、真祖が直接血を与えた直属の眷属だ。  こいつらを倒して、初めて僕らは一人前と言える…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)108

「自己紹介しようか。僕の名前はイースト、左隣からノース、ウエスト、サウスだよ。そう、東西南北だ。困るよね、ちゃらんぽらんな父親だと。その時の気分でつけられる。僕らの名前に意味なんて全然ないんだよね~」  イーストがニヤニヤ答えた。  親がそうだと子供も似るのかどいつもこいつも適当な性格っぽい顔をしている。  間違いない。  こいつらは、ベネディクトの眷属だ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)107

 その時、初めて理解する。  今まで【上位眷属】と思っていた、三体も所詮、【中位眷属】に過ぎなかった事。  本物の【上位眷属】は目の前にいる四体だという事に。  退避しようと思ったけど、瞬時に囲まれた。  逃げ道をふさがれてしまっている。  今まで戦って来た相手とは格が違う。  強い。  それが、よく解った。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の22日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中は制作、午後は番組を見ます。 制作はイラスト作業をします。 6月分以降のイラストをドンドン作って行きます。 どこかで暑中見舞いアニメーションも作らないとと思っていますが今のところ未定ですね。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りでしたね。 ずっと来ていなかった人を何ヶ月ぶりかに見ましたね。 後、今日まで基本的にしゃべらない事を重視していましたが、来週からはまた、普通にしゃべろうかと思っていますね。 また、帰りにぐるぐる回って帰るのも再会しようと思っています。 帰ってからちょっと番組をみていたので制作が遅くなりました。 とい…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)104

 意外と簡単だったな。  そう思った。  後はこの二体を一人一殺で倒せば、残すは無防備な【シュトリ】のみ。  そう高をくくっていた。  が、そんなに甘くなかった。  残った二体の【上位眷属】がまるで風船が破裂するかの様にパンパンと破裂した。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)103

 だけど、それも計算の内だ。  あらかじめ、外に仕掛けておいた爆薬を爆発させる。  敵の意識が外にも向けられる。  その隙を僕らは見逃さない。  外の罠と敵の懐に入った僕らとの挟み撃ちで次々と敵を倒していく。  電光石火の早さで、次々と敵をなぎ倒して行って、残すは三メートルのテナガザル型とホワイトタイガーの様な二体の【上位眷属】のみ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)102

 最初の一体目のターゲットは【上位眷属】と決めている。  奇襲による一撃で、強い奴を上手く一体倒せればと思っての作戦だ。  僕らは人間の骨をバリバリと食べている熊のような【上位眷属】の頭上二十メートルくらいの位置まで落下した時、気球から飛び出し、挟み撃ちでそいつを仕留めた。 「敵か?」  別の【上位眷属】――テナガザル型の眷属が叫ぶ。  それを合図に僕達は取り囲まれた。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)101

 人間の敵。  【レス】の眷属。  全員、生かして帰さない。  僕らは風を利用して上空に飛び、地上からは見えにくい素材の気球型の物体を作り出し、身をそこに潜めてゆっくりと落下していった。  敵は完全に油断している。  僕らに気付いていない。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の21日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 制作は土曜日の予定で、イラスト作業の続きをしようと思っています。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りでしたね。 と言う訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

以上です。

以上が5月分のイラストの【ハイパーワイフ】編になります。 6月分以降は土曜日の制作になりますね。

続きを読む

一旦失礼します。

この後の予定ですが、制作をします。 出来たら、5月分のイラスト3点だけでも終わらせて今日中にブログで公開したいと考えています。 なので作業に入りますので一旦失礼します。 では、また。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)100

 僕らは万全の準備をして、ターゲットのいる目的地に忍び寄った。  敵は捕らえてきた人間をエサに食事中だった。  可哀相だけど、攫われて来た人間達は既に絶命している。  助けてもお墓を作ってあげるくらいしか出来ない。  待ってて。  今、こいつらを倒して、お墓、作ってあげるからね。  親元に帰してあげたいけど、僕らにはそれをやっている余裕はない。 せめて、こことは別の安住の地…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)099

 初戦だし、一体と戦いたかったけど、【特別眷属】を守っているんだ、三体でも少ない方だ。  ここはGOサインでオッケーだな。 「シャーロット、上位三、中位及び下位が二三だ。僕らなら出来ると思うよ」 「そうだな、いくか」 「オッケー行こう」 「お互いの武運を」 「作戦は……」

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)098

 前回の時の様に、想定外の事態が起きないように慎重に辺りを警戒しながら偵察を続けた。  確認出来たのは【シュトリ】を守る【上位眷属】が三体、【中位眷属】か【下位眷属】が二三体だった。  念のために、周りをくまなく探して見たけど、新たに眷属は発見出来なかった。  【上位眷属】は三体か……

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)097

 ベネディクトは性格的にてきとうな男だというのがその名前の付け方からもよくわかる。  一年前も僕らをギリギリの所まで追い詰めたけど、急にやる気を無くして見つけるのを諦めたし。  アルバートさんとクレアちゃんはこの【特別眷属】の目を醒まさせた上で、力づくで倒している。  だけど、僕らにはそんな力は無い。  あくまでも眠っている内に処分する。  これがベストな作戦だ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)096

 ここに居る特別眷属の名前は【シュトリ】だ。  伝説では女性の秘密を暴く力を持ったグリフォンの翼を持つ豹、もしくは美しい人間の悪魔とされているけど、それはあくまでも伝説の中での話だ。  ここで眠っているのは名前こそ同じだけど、中身は別物の【特別眷属】だ。  悪魔じゃない。  恐らく、七二人の悪魔と数が同じだから、適当に、ベネディクトがつけた名前だろう。  現に、この【シュトリ】は豹…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の20日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 土曜日は休みですので、半日くらい制作をしたいと思っています。 土日の作業でイラストを出来るだけ作りたいと思っていますね。 イラストは7×3で21点なので、終わらないと思いますが、来週くらいには終わらせたいと考えています。 出来れば、ゴールデンウィークに入る前にイラストと暑中見舞いアニメーションを終わらせたいなと思っています。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 5月分から12月分までの(10月分を飛ばして)7ヶ月分のイラストを描いて行きます。 さすがに全部は無理ですが、5月分くらいのイラストを作って後で公開出来ればと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 金曜日も午前中はバイト、午後は番組を見ます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、予定を変更して、制作をしていました。 おかげさまで昨日の分と合わせて【13不吉と百遺体物語】の再チェック修正も終わりました。 どうせだから、このまま制作をしてしまおうと思っています。 なので、明日は番組を見ますが、今日は制作をします。 ブログの更新の後はイラスト作業になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたが、会話はほとんど無しです。 僕の方からしゃべるのをやめていますので、今週は静かなものです。 早く帰ってきたのでこっそり制作の続きをしていました。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

追伸。

追伸。 コロナウイルスの恐怖で少し忘れがちになってしまってましたが、熊本地震から、今日で4年ですね。 これも忘れてはならない事でしたね。 やはり、一日一日を大切に生きていこうと思います。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 すみません。 今日も余計な更新はせずに、時間を有効に使わせてもらいます。 次の更新が今日のラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)095

 情報によると、三分の一に減ってもベネディクトは相変わらずの無頓着ぶりで、【特別眷属】の保護を各地に配置した【上位眷属】に任せ、キャサリンを追いかけるという生活を続けているらしい。  まだ、三分の一いるから良いと思っているのか、それとも【特別眷属】さえ、どうでも良いと思っているのか。  何にしてもこれはチャンスなんだ。  ベネディクトが油断している内に、力をそぎ落とさせてもらう。 …

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)094

 主であるベネディクトが他の真祖に比べて【特別眷属】に対して無頓着な為、力を削る相手としては最高の獲物となっている。  元々は最も【特別眷属】の数が多い真祖だった。  有名な【レメゲトン】の七二人の悪魔と同じ名前が与えられた七十二体の【特別眷属】を持っていた。  だけど、代々のエヴァーロード家の戦士達が倒して行って、今では残り三分の一にまで数を減らしているらしい。  しかも、倒された三分…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)092

 だけど、真祖が【上位眷属】以下とは別の扱いをしている事から【特別眷属】と僕らから呼ばれている。  力量不足の僕らに今できる事――  それは、真祖の力を削ることだ。  だから、僕達は情報を収集して、なるべく安全に、【特別眷属】を始末していく。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)091

 それは、いくつか説がある――  一つは真祖は力が大きくなりすぎて、全ての力をその身一つにしまっておくと、自らの身体を傷つける事になるから使わない分を【特別眷属】に分け与えているという説。  一つは人間が服を着るように、真祖も能力を服と同じように考えていて、使わない分は、ハンガーにかけるようにしまっておいているという説。  一つは【特別眷属】だけを本当の子供の様に思っていて、大切な我が…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の19日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 木曜日に制作をして、【13不吉と百遺体物語】の再チェック修正を終えたら、5月から12月の(10月分を飛ばして)7ヶ月分のイラストの作業に入りたいと思います。 【格ワーの澪耶(れいや)】と【13不吉と百遺体物語】の再々チェック修正はそのイラストと暑中見舞いアニメーションの作業が終わってからに…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 必要最低限以外しゃべれない事にして、2日目ですね。 話したい事があるのに、しゃべれないのはちょっと辛いですが、今週は余計なおしゃべりはしないと決めたのでそれを貫こうと思っています。 帰りも寄り道せずにまっすぐ帰りましたね。 早く帰ったのでこっそり制作を少しやっていたら、いつもの時間になってしまいましたね。 【13不吉…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 余計な更新はせずに、今日の更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)090

 【特別眷属】――その名称が示す様に、真祖にとっても特別な眷属だ。  【上位眷属】まではいくらでも作れるが、【特別眷属】はそうはいかない。  真祖の力を直接分け与えているため、替えがきかないからだ。  言ってみれば、真祖の分身と言っても良い。  だから、【特別眷属】を倒すという事は真祖の力を削るという事と等しい。  その為、真祖達は【特別眷属】達を僕らがすぐ手の届く場所に配置してい…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)089

 それをシャーロットが【錬想】で作り出した映像転送装置で受信させて様子を窺う事にした。  敵を知り、己を知れば百戦危うからずだ。  まずは、敵の情報を得ることが先決だからだ。  偵察昆虫は順調に敵地の奥へと進み、怪しまれない様に昆虫の動きを模倣させて、あくまでも自然に、僕達に情報を流す。  僕らの目的は眠っている【特別眷属】を倒す事だ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)088

 まずは、僕が小さな昆虫型のフィギュアを鞄から取り出した。  こいつは何もない普通のフィギュアだ。  だけど、こいつに【錬想】で超小型カメラを植え付ける。  そして、【伝気】によって、虫の様に見せかけて飛ばした。  こいつで偵察をするためだ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)087

 一年の修行くらいでは、残念だけど、ベネディクトには勝てる気はしない。  だけど【上位眷属】くらいなら倒せるはずだ。  僕らはその目算がついたからここを訪れたんだ。 「道久、参るぞ」 「オッケー、シャーロット」  僕らは敵地に足を踏み入れた。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)086

 僕はこの一年で、その事をたたき込まれた。  ようやく、もっと高位の眷属達に挑戦する自信がついたから訪れたんだ。  再び、この屈辱の地へ。  このグランドキャニオンには情報では、複数の【上位眷属】がいるって話だ。  真祖ベネディクトの支配地域だから、ここには、ベネディクトの眷属が常駐している。  不真面目な性格をしていたから、大方、領地をほったらかしにして、キャサリンのおしりで…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の18日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

昨日の作業で、【読み切り小説】の【13不吉と百遺体物語】は無事、100ページ目まで書き進めました。 続きですが、火曜日ではなく、木曜日に再チェック修正をする予定です。 昨日はお風呂の栓が緊急事態になってしまってホームセンターに行ったり来たりを繰り返して番組を見る予定がつぶれてしまいましたので、今日から三日間は番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日からまたバイトです。 いつも通り……ではないですね。 コロナ対策として、今週だけでも必要最低限の会話しかしない事にしました。 廻りの人は突然、え?と言う感じの反応してましたが、僕なりの対策という事で、今週は勘弁してもらう事にしました。 廻りの人は【なにそれ?】とか【おしゃべりのあんたがしゃべらなくて平気なの?】と過言ってましたが、今週は我慢と言うこ…

続きを読む

イラスト予定5

続きです。 9月分は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】になりますかね。 これは主人公の【和諷 稀義(わふう まれよし)】、 ヒロイン1の【テロメア・永久(とわ)】/【てとちゃん】、 ヒロイン2の【№3 ヴェスフェアリス】になりますかね? これは新たにデザインする必要は無いですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定改め

この後の予定ですが、制作をします。 【13不吉と百遺体物語】を100ページ目まで書き上げます。 それが終わったら番組を見ます。 今日のブログの更新は今度こそ次がラストになります。

続きを読む

イラスト予定7

続きです。 12月分は【プハンタシア・クアンティタース】になりますね。 主人公の【稀生 踊詩(きにゅう ようし)】、 ヒロインの【ニズ・クォトヌァール】、 後、1キャラどうしよう…… ムフフキャラの【深井 あい(ふかい あい)】ちゃんにしましょうかね? 何だかんだで【プハンタシア・クアンティタース】も手つかず状態ですからね。 こっちも少し作りたい所ですね…

続きを読む

イラスト予定6

続きです。 10月は多分、今年のお正月のプライベート年賀状を公開すればそれで良いかな?と思っています。 それで飛ばして、11月分になりますが、これは【ファーブラ・フィクタ】になりますね。 どうしようかと思ったけど、定番で良いですかね? 主人公の【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】、 メインヒロインの【カノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女】、 ウェントス編のヒ…

続きを読む

イラスト予定4

続きです。 8月分は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】ですね。 主人公の【大太刀 十手(おおだち じって)】、 ヒロインの【神恋 唯愛(しんこい ゆいあ)】になりますね。 後、1キャラですが、【多足 祀璃(たたり まつり)】と【雷雲 百雲(らいうん ひゃくも)】というキャラクターを第1話で出す予定ですが、この2キャラはカップルなので、どちらか片方出すというのは…

続きを読む

イラスト予定3

続きです。 7月分は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】ですね。 主人公の【獣僧(じゅうぞう)】、 ヒロインの【システィアラ】、 になりますね。 後、1キャラですが、【偽トゥエルブ】になりますね。 これはデザインしてないのでノートにデザインしてからになりますかね? 【狂人サトレリ】とどっちにしようか迷いましたが、【偽トゥエルブ】の方にします。 …

続きを読む

イラスト予定2

続きです。 6月分は【アナザーFP】になりますね。 主人公の【潤茶 靜佳丸(うるさ しずかまる)】、 主人公の義姉【潤茶 伊那(うるさ いな)】、 ヒロインの【美真音 水詠(みまね みよう)】になりますかね? 続きます。

続きを読む

イラスト予定1

それでは、【イラスト予定】と題して、5月から7ヶ月分のホームページ更新用イラストを描く予定を書かせていただきます。 まずは、5月分から書きます。 5月は【ハイパーワイフ】のイラストから描きます。 3キャラなので単純にヒロイン3人ですかね? 【庵鼓 亜寿祈(あんこ あずき)】、【香田 久理子(かた くりこ)】、【御望 生納呼(おもち きなこ)】の3人を描きます。 続き…

続きを読む

さて……3

さて、それでは、お詫びと言っては何ですが、もう少し更新します。 何を更新しましょうかね? あんまり急過ぎて思いつきませんので、ホームページ更新用イラストのリストでも書きますか。 それでは、【イラスト予定】のタイトルで書かせていただきます。

続きを読む

追伸。予定変更します2

続きです。 終わり次第、作業をやめて、番組を見ます。 多分、大分番組が溜まってしまいますので、来週の火曜日の作業は中止して、次の制作日は木曜日にします。 月火水と番組を見て調整します。 思わぬハプニングのおかげで予定変更になってしまいましたが、そう言う予定に変更させていただきます。

続きを読む

追伸。予定変更します1

追伸。 予定変更します。 すみません。 お風呂の栓がおかしくなってホームセンターを行ったり来たりしてました。 サイズが合わなくて、代えてもらったり、お風呂の穴のサイズを測りに戻ったりして、何往復もしたので時間がかかってしまいました。 お風呂の水が抜けないかどうかチェックしたりもしたので、かなりの時間をロスしましたね。 という訳で予定変更します。 今日はこ…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組をまず、見ます。 午後からは制作になります。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

暑中見舞いアニメーション用クアンスティータ・テレメ・デ イラスト

それでは、2020年の暑中見舞い用の第七本体クアンスティータ・テレメ・デになります。 第一形態にしようかと思いましたが、代表格は第二形態なので、こっちを選択しましたね。 やることは2019年暑中見舞いアニメーションの第五本体クアンスティータ・リステミュウム編と2020年年賀状アニメーションの第六本体クアンスティータ・レアク・デ編の続きという事になります。 基本のアニメスタイルは…

続きを読む

さて……2

さて、それでは、どうせですから、暑中見舞い用のテレメ・デのイラストを公開しましょうかね? それにアニメーションの効果を入れて、暑中見舞いを完成させますが、今日のこっそり作業では部品を作ったという感じですかね。 完成までにはまだ時間がかかります。 この作業は一旦とめて、また今度という事になりますけどね。 それでは次の更新で公開します。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)085

 【上位眷属】以上の眷属達の倒し方も基本的には一緒だ。  だけど、比較的、弱点が分かり易い【中位眷属】に比べて、【上位眷属】以上はその倒すべき要素は極めてわかりにくい。  眷属達との戦い――それはウィークポイントを探す戦いでもあるんだ。  上手く、見つける事が出来れば【特別眷属】だって、倒すことは可能だ。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)084

 【最下位眷属】達は無数の倒し方が存在する。  【下位眷属】も従来の吸血鬼と同じ弱点を持つため、人間でも倒す事は可能だ。  問題は【中位眷属】以上だ。  【中位眷属】以上には従来の吸血鬼の弱点が変更されていたりする。  その為、倒し方も工夫がいる。  例えば、聖水――これもそのままでは利かない。  倒すには一工夫必要となる。  特殊な塩基配列を聖水に組み込む事で初めてダメージを…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)083

 僕らは中位眷属までは倒した経験がある。  眷属は上から【特別眷属】、【上位眷属】、【中位眷属】、【下位眷属】とある。  真祖が自らの血を分け与えたのは【特別眷属】か【上位眷属】となり、それらを子供と仮定すると孫にあたるのが【中位眷属】や【下位眷属】となる。  【下位眷属】が従来の吸血鬼と同じ様な特徴を持っていて、【下位眷属】に血を吸われた者はグールとなる。  位で言えば更に下の【最下位…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)082

 苦楽を共にして、一年前より、お互いの考えが解るようにもなっていた。  個々の力もチームワークも前とは比べものにならない。  だが、奢らない。高ぶらない。  奢り高ぶりは自分を見失わせる。  だから、冷静に自分達を分析する。  何が自分達に足りないのか、何をしていけば良いのか。  それだけを考えて、この一年、過ごして来たんだ。  眷属――リチュオル家の真祖に力を分け与えられた者…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)081

「奴らは今、ここにはいない……居るのは眷属共だ。だが、この一年の成果を試すには丁度良い。私達は慌てない、一歩一歩、奴らに近づいて行けばいい。まずは眷属共からだ。行くぞ、道久」 「了解、シャーロット」  僕らは前に進む。  シャーロットとはこの一年で随分親密になった。  彼女は僕の事を【倉沢】から【道久】というファーストネームに呼び変えて呼ぶようになった。  それだけ、時間が経ったって事…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の17日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 ちょっとこっそり作業をやり過ぎてしまったので、午前中の番組を見る時間が浸食されてしまいましたので、午後2時まで番組を見て、その後は、制作をします。 制作は【13不吉と百遺体物語】の続きで、100ページ目指して頑張ります。 時間が少なくなったので終わるかどうか微妙ですけどね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 …

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝2時前から起きて作業をしていました。 【読み切り小説】の【13不吉と百遺体物語】を70ページ目まで書き上げたのと、もう1つ、暑中見舞いアニメーションの制作もしていました。 背景での編集をしたのと、2019年暑中見舞いアニメーション、2020年年賀状アニメーションとやって来たクアンスティータ三部作の最後、テレメ・デ編をやるという事でクアンスティータ・…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)080

 第四章 眷属  僕らは、一年前逃げ帰ったグランドキャニオンに戻って来ていた。 「うむ、久しぶりだな」 「そうだね、シャーロット」 「こうして見ると、なかなかのものだな。前は景色を見る余裕もなかった。大自然の大きさに対して自分達の小ささを知ったという所だな」 「キャサリン、デイヴィッド、ベネディクト……あの時の屈辱は忘れない。僕らははい上がってきた」 続く…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)079

 気付けば、あっという間に一年という月日が経過していた。  様々な怪物達とも戦い、一年前とは全く別人のような成長をしたと思っている。  その間、一皮も二皮もいや、何十皮も剥けた。  もう、当時の僕らじゃない。  今度は無謀とは言わせない。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)078

 そう思うことで僕らはもっと強くなれる気がした。  今は実力がかけ離れすぎている。  もっとだ。  もっと、もっと、もっと力をつけて、いつか真祖達を――  そう、割り切る事にした。  世界中を回り修行を積んだ。  各地の色んな事を吸収していった。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)077

 僕らはからかわれたけど、負けてない。  死んでないからだ。  まだ、やれることはある。  何百年もかかって来たエヴァーロード家の戦いがそんなに簡単に終わるなんて初めから誰も思っちゃいない。  足りない事がたくさんあるって解ったんだ。  これは後退じゃない。  前進だ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)076

 その夜、僕らは身を寄せ合って泣き腫らした。  くやしくて、くやしくて、くやしくて、くやしくて、――たまらない。  震えが止まらない。  怖かった。  相手に思いっきりなめられて、それでもどうすることも出来なかった。  翌日から、僕らは前にも増して修行に打ち込んだ。  泣き腫らした事で、気持ちがスッキリした。  力不足を知った事で、前より明確な目標が出来たからだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の16日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の続きは来週の火曜日で、その時、【13不吉と百遺体物語】の再チェック修正をやって、その次の作業日になる木曜日で、年賀状アニメーションと【よったろー屋本舗】の毎月更新イラストの作業に入りたいと思っています。 【格ワーの澪耶(れいや)】と【13不吉と百遺体物語】の再々チェック修正はその後にする予定です。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 出来たら、朝早く、こっそり制作をやってそれと合わせ技で、【13不吉と百遺体物語】の文字入力を100ページ目まで書き進められたらと思っています。 後、70ページ分ですので、無理をすれば、出来ない事は無いかなと思っていますね。 メモがありますからね。 普通に作るより割と簡単にで…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)075

 いきなり、ボスの所に行った僕らがバカだったのか。  初戦は惨敗というにも及ばない無様な醜態をさらした結果に終わった。  アドルフさんが強く反対したのが今になってよくわかった。  奴らと僕らの力では次元が違いすぎる。  一矢報いるどころか、敵としても認められなかった。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)074

 それは奴らに見つからず逃げ延びる事が出来たって事だ。  奴らから逃げおおせた。  それだけが、プライドを微かに保てた。  だけど、奴らは本気で追いかけて来なかった。  見つからなかったら、それならそれで良いくらいにしか思ってないだろう。  それが解るけど、僕とシャーロットは口に出さなかった。  出したら負けだ。  そう思ったからだ。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)073

 僕は囮になるからシャーロットに逃げてと言った。  シャーロットはそんな真似が出来るかと突っぱねた。  そうだ、僕達は生き延びる事に必死だった。  それでも奴らにとっては暇つぶしのお遊びでしかない。  僕らに出来た事――

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)072

「おいおい、かくれんぼになってしまったなぁ~どこ行った?」  デイヴィッドがニヤニヤしながらつぶやいた。 「死にたくなかったら出てこいよぉ~」  ベネディクトも笑いながら叫ぶ。  敵にからかわれている。  悔し涙が止まらない。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)071

 こっちは決死の決意で来たっていうのに。  向こうはどうでも良い相手としか見ていない。  悔しい。  悔しかった。  本当に悔しかった。  力の差がここまであった事。  相手にもされていない事。  そして、追いかけてくる真祖二人から逃げ回る事しか出来なかった事がだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の15日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日の作業で【読み切り小説】の【13不吉と百遺体物語】も30ページ目まで文字入力が出来ました。 やっぱりメモを60ページ以上取っていると作業が早いですね。 びっくりするくらいサクサク進みますね。 このペースなら、頑張れば後、2、3日の作業で文字入力完成になりますね。 まぁ、次の作業予定は日曜日ですけどね。 明日の予定ですが、午…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 いつもは、ダイエットのため、近所をぐるぐる回ってから帰るのですが、今日から1週間ほど、コロナ対策として、まっすぐ家に帰る事にしました。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)070

 そして―― 「そうだわ、鬼ごっこをしましょう。この女の子を捕まえた方とデートしてあげるわ。殺しちゃだめよ。生け捕りにするの。殺しちゃったらバツゲームね」  キャサリンはシャーロットを指してそう言った。  遊んでいる。  完全に遊ばれてしまっている。  遊び相手くらいにしか思われてないんだ。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)069

 僕達は持てる力を総結集させてキャサリンに襲いかかった。  だけど、僕らの【錬想】が全く通じなかった。  キャサリンはまるで何事もないようにひらりとかわしていく。  他の二人の真祖達も僕達などまるで眼中にないかの様に、キャサリンの手助けには向かわず、アプローチを繰り返していた。  キャサリンも僕達の攻撃を避けながら、二人の真祖のアプローチをのらりくらりとかわしていた。  力の差は歴…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)068

 僕達は咄嗟に身構えた。  だけど、はっきりと解る。  今のままでは一瞬で殺される。  全然、勝てる気がしない。  持っている器が違いすぎる。  それ程の威圧感だった。  だけど、泣き言なんて言っていられない。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)067

「くそっ、予定外だ……まさか三人もいるとは……」 「シャーロット引き返そう。今はとても無理だ」 「そ、そうだな」  僕とシャーロットがその場を離れる相談をしていた時―― 「ねぇ、貴方達、私にふさわしいのはどっちだと思う?」  キャサリンが目の前にフッと現れた。  かなりの距離を取っていたのに、いつの間に?

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)066

 だけど、想定外の状況だった。  その場には他に二名の真祖もいた。 「あぁ、キャサリン、君にはこのベネディクトがふさわしい」 「いや、キャサリン、このデイヴィッドこそふさわしい」 「どうしようかしらね~」  どうやら、キャサリンという女真祖をベネディクトとデイヴィッドという真祖が取り合っているらしい。  これは予想外だった。  一人でも大変なのに三人の真祖を相手に勝てる筈もない。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の14日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 ブログの更新が長引いてしまったので大して出来ないと思いますが、【読み切り小説】の【13不吉と百遺体物語】の文字入力を開始します。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きは日曜日です。 【13不吉と百遺体物語】の再チェック修正まで終わったら、【格ワーの澪耶(れいや)】と【13不吉と百遺体物語】の再々チェック修正に…

続きを読む

こんにちは18

続きです。 バイト先の人のアドバイスで、オリンピックにちなんで金メダルを入れようと思っていましたが、コロナウイルスの影響で延期になってしまったので、金メダルのアイディアは破棄します。 その上で【テレメ・デ編】の暑中見舞いアニメーションを作ろうと思っています。 と言う感じで書いていったら長くなってしまいましたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは17

続きです。 他にもやらなければならないので、暑中見舞いアニメーションですね。 2019年暑中見舞いアニメーションが【リステミュウム編】、 2020年年賀状アニメーション【ファーブラ・フィクタバージョン】が【レアク・デ編】、 と続きましたので、2020年暑中見舞いアニメーションは【テレメ・デ編】を作ろうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは16

続きです。 9月分が【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/稀義(まれよし)編】から3キャラ。 10月分が【ファーブラ・フィクタ】から3キャラ。 11月分が【プハンタシア・クアンティタース】から3キャラ。 合計3×7ヶ月分で21キャラのイラストを描こうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは15

続きです。 6月分が【アナザーFP】から3キャラ。 7月分が【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】から3キャラ。 8月分が【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/十手(じって)編】から3キャラ。 続きます。

続きを読む

こんにちは14

続きです。 その人には3キャラ×五ヶ月分を描こうと思っていますと言う話をしたのですが、今は考えを改めて、7ヶ月分作ろうかと思っています。 5月分が【ハイパーワイフ】から3キャラ。 続きます。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 まぁ、とりあえず、1話しか作らないので、あまり書けないと思いますね。 後、そろそろ、イラスト作業を考えないといけないという話をしましたね。 四月分の更新で【よったろー屋本舗】の更新ストックが無くなるので、イラストを描かないといけないという話をしました。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 獠と香の場合は、いきなりハンマーが飛んできますからちょっとニュアンスが違う感じですかね? また、基本的に獠は香を襲いませんが、稀義は【てとちゃん】も守備範囲です。 その辺りが異なる点ですかね? 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 まぁ、完全に同じという訳ではないんですけどね。 例えば、稀義がセクハラをして【てとちゃん】が【先生、あんまりおいたが過ぎると殴りますよ】と言ったら稀義が【ったた、もう、殴ってるじゃないか】と言って、【てとちゃん】が、【それは撫でただけです。殴る時はもっと本格的に行きます】と言って稀義が【ひぃぃぃぃぃ……】と言う様なやりとりなんかを考えていますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 そんなこんなで【てとちゃん】を弟子入りさせる所までが、第一話にする予定ですが、今日、話を聞いてくれた人にわかりやすい説明として、【シティーハンター】の冴羽獠と槇村香見たいな関係と言ったら、あぁ、何となくわかって来たと言われましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【てとちゃん】は、力が暴走して焦っていますが、稀義は冷静で、2人の間の温度差があります。 稀義はあっさりと、【てとちゃん】の暴走を止めますが、それが凄い事とは自覚していません? は? なんか凄いことしたっけ? みたいな態度になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 本人は全く自覚してないのですが、関わっているものが凄すぎて、自分が凄い存在になっていると気付かないというキャラクターになりますね。 また、ヒロインその1の相性【てとちゃん】を仲間にするエピソードもあります。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 結果として、せっかく身につけた【答えの力】/【レベル1】~【レベル7】の力を失います。 かと思ったら、今度はその世界での【七大能力】の1つ、【意味深変(いみしんぺん)の力】を会得します。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 かと思えば、【ファーブラ・フィクタ】で言えばラスボスクアンスティータの双子の姉兄、クアースリータに当たる存在が少々名前を変更して【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】でも出す予定なのですが、そのキャラクターと身体を交換してしまいます。 その後、クアースリータに相当するキャラクターが消滅し、【稀義】は自らの身体を失い、クアースリータに相当するキャラクターの身体のまま行動す…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 ところが【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/(ファーブラ・フィクタ4)】の主人公の1人、稀義(まれよし)は、これら、【答えの力】/【レベル1】から【レベル4】全てを発掘します。 それだけでなく、【必様の力】をアレンジして、【答えの力】/【レベル5】から【レベル7】まで創作してしまうという力を持っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 【プハンタシア・クアンティタース(ファーブラ・フィクタ2)】の主人公の踊詩(ようし)は、【答えの力】を【レベル3】まで、使えます。 【アナザーFP(ファーブラ・フィクタ3)】の主人公の靜佳丸(しずかまる)は、【答えの力】/【レベル4】に相当する【必様(ひつよう)の力】を使えます。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 簡単に言ってしまえば、ものすごい事をやったかと思えば間抜けな行動を取ったりするキャラクターになりますね。 簡単に例を挙げれば、【ファーブラ・フィクタ(ファーブラ・フィクタ1)】の主人公の吟侍(ぎんじ)は【答えの力】を【レベル2】まで、使えます。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今回話したのは、【稀義(まれよし)編】についてですね。 【ファーブラ・フィクタ】シリーズでは最高レベルが【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】で、更に最強の主人公が【稀義】になりますね。 バカか天才かよくわからないキャラクターとして作りましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 次の次のジャンプが発売されなくなると言う話になりましたね。 コロナはホントに怖いですね。 後は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】についての話をしましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)065

 僕らは、ここに真祖の一人がいるって聞いてやってきた。  現在、居所がつかめているのはここしかないため、必然的にこの場所を選択する事になったんだ。  ここに居るのはベネディクトという名前の真祖だ。  力は全くの未知数。  どんな奴かも解らない。  だけど、戦うしかない。  僕らはその為に修行したんだ。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)064

 とは口で言ったものの――  現在は、アメリカのアリゾナ州の北部にある峡谷……つまり、グランドキャニオンらへんにいる事はわかるんだけど、観光スポットの場所からはかなり外れた場所をうろついている。  グランドキャニオンならもっと良い場所とかありそうだ。  正直、あんまり、良い眺めの所じゃない。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)063

 だけど、人里とは離れた場所に潜んでいるというのは解る。  真祖は姿を隠すには力が大きすぎるからだ。  都会にいたらすぐに解る。  だからエサである人間の調達は眷属の怪物達に任せて、自分達はどこかの僻地に潜んでいるんだ。  そのため、世界中を旅すると言っても、都会の有名な観光スポットはまずないと言って良い。。  全く無名の観光名所とはほど遠い場所を探す事になる。  旅行気分で行くのな…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)061

 第三章 敗北感とそれから  辛い気分にはなったけど、それでも、僕達は楽しかった思い出は残っている。  その思いがあれば、僕らは人間の為に戦える。  旅支度をすませ、僕はシャーロットと共に、エヴァーロード家の屋敷を後にした。  目指すは、リチュオル家の真祖の一人を捜す事だ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の13日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 作業としては【13不吉と百遺体物語】の文字入力。 【13不吉と百遺体物語】の再チェック修正、 【格ワーの澪耶(れいや)】の再々チェック修正、 【13不吉と百遺体物語】の再々チェック修正、 の順番にやって、その後、応募作業に入ります。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 一応、昨日の作業で、【格ワーの澪耶(れいや)】の再チェック修正まで終了していますので、明日は【13不吉と百遺体物語】の文字入力作業に入ります。 続きます。

続きを読む

こんにちは14

続きです。 まぁ、これは予定は未定で決定ではないし、【万屋レディース】と同じターンの【読み切り小説】2つのアイディアも途中で思いつくかも知れませんしね。 詰まっているから出来るだけ考えない様にしてますけどね。 と言う様に長々と説明してしまいましたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 それ以外に毎月更新として、【ホームページ/よったろー屋本舗】の更新として、何らかのイラストを描いてそれを公開する作業もありますね。 と言うように、滅茶苦茶予定が詰まっていますね。 以上の理由で【万屋レディース】を作るのはずっと先になりますが、【格ワーの澪耶(れいや)】みたいにまた、ちょこちょこメモを取るかも知れませんね。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 それら全てが終わってから、ようやく、今回考えた【万屋レディース】を含む、3つの【読み切り小説】の作業に入ります。 もちろん、これ以外にもこっそり作業として、【ヴェヌファユアの謎夢想】の各1話(【獣僧(じゅうぞう)編】、【十手(じって)編】、【稀義(まれよし)編】)も作りますし、アニメーション暑中見舞い、アニメーション年賀状の作業も途中で入るでしょうね。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 続いて、【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第12話、第13話(完結話)とスター特典の【創作世界観】VOL.6【アナザーFP編】、VOL.7【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)編】の作業と【エブリスタ】さんでの公開作業に入ります。 それが終わったら、次は【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第001-08話~第001-10話の文字入力作業に入ります。 続きま…

続きを読む

こんにちは10

続きです。 続いて、【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第001-05~第001-07話の文字入力作業に入ります。 それが終わってから次は【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】、【にゃんこの決断】、 【トラブル&エスケーパーズ】の作業と応募作業に入ります。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 まずは、【格ワーの澪耶(れいや)】と【13不吉と百遺体物語】を完成して、応募までの作業をします。 続いて、【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第九話から第十一話とスター特典の【創作世界観】VOL.3【ファーブラ・フィクタ編】、VOL.4【プハンタシア・クアンティタース編】、VOL.5【ハイパーワイフ編】の作業をして【エブリスタ】さんで公開作業に入ります。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【万屋】なので、何でも屋さんとして、住民達の悩みを聞いてそれを解決して行くというスタイルで、他のレディース達と縄張り抗争みたいなのもある様な展開を考えていますね。 まぁ、これを作るのはずいぶん先になりますけどね。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 主人公で考えているのは【頭脳】担当のお嬢様と【体力】担当のレディースの2人を考えていますね。 水と油の関係の2人ですが、ある事件をきっかけに共に行動する様になり、やがて、2人の廻りに2人をリスペクトする女性達があつまり、それがレディースになるという感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 なので、その更に次のターンになる【読み切り小説】3つは、【女】、【男】、【女】の主人公にしようと思っています。 という訳で、このターンの一つ目となる【万屋レディース】は女性が主人公と言うことになりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 今回は女性が主人公になりますね。 今は【格ワーの澪耶(れいや)】と【13不吉と百遺体物語】の作業ターンになっていますが、その次のターンとしてメモ書きを取っている【リトライ☆ヒーロー】、【にゃんこの決断】、【トラブル&エスケーパーズ】の主人公は【男】、【女】、【男】になっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 世界観としては【現代の地球】に似た世界、【似球(にきゅう)】という惑星を考えています。 【地球】と同じ様な文明が発達しているのですが、微妙に異なる世界観みたいな感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 タイトルは【万屋レディース】ですね。 舞台は【異世界】ですけど、【ファンタジー】じゃないので、基本的にモンスターが出ません。 出るとしても科学の力で作られた【クリーチャー】みたいな感じのものになりますね。 つまりモンスターは生息して居ないと言うことになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今回、僕が考えたのは【異世界ヤンキー物】ですね。 【ヤンキー物】は似合わないと言われましたね。 でも作ろうと思っています。 【ヤンキー物】と言うよりは、人情物と言った方が良いかも知れませんけどね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もバイトでした。 いつも通りですね。 一応、休業要請のある職種じゃないので、出てますけど、いつ休みと言われるかわかりませんので、ヒヤヒヤしながら出勤していますね。 今日は、更にもう一つ、【読み切り小説】のアイディアが出たので事務の女の子に説明したら、僕が作らないタイプの話ですねと言われましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 時間が惜しいので今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)060

 悲しかった。  これが、エヴァーロード家に与えられた業なのかと思った。  エヴァーロード家と関わると不幸になるかも知れない。  だったら、何も知らない他人でいる方が安全だからだ。  シャーロットが前に悲しい顔で言っていた友達だと思っていないかも知れないと言うのはこの事だったのかもしれない。 続く。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)059

 そんなこんなで過ごして来たけど、一ヶ月半という時間はあっという間に過ぎ去った。  僕は思い残す事が無いようにシャーロットと思いつくだけの楽しい学生生活ってやつを堪能した。  新しく友達も出来、これからだという所で――  出発の時間が来た。  出発の前の日、せっかく仲良くなった友達の記憶を消して回った。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)058

「うむ、以上で私の家族全員だ。母は既にいない。それと、父のアドルフの事だが…私達の年齢に対し、老けているとは思わぬか?」 「そう言えば、少し――シャーロットのお父さんだったら、もう少し、若くても」 「実は、父はああ見えて四百歳なのだ」 「へぇ……四百さ……って、えー、四百歳?」 「そうだ。父は長い時を生きて来られた。一応、私は長女という事になっているが、私は百六番目の子供だ。姉に当たる人…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)057

「なるほど」 「【レス】には元々、七番目の真祖がいるとされている。【レス】の名前の元になった【ネームレス】という真祖がな。その真祖の眷属がいるとすれば、それは我々の秘術の殆どが利かないとされている。利くとすれば、【錬想】か七色目の鎮魂歌だけとされている。【セブン カラーズ オブ レクイエム】はその【ネームレス】も含めた七名の真祖の属性全てに効果を与えられる」 「シャーロットはそれ使えないの?…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)056

「へぇ……」 「もし、私の立場が、クレアと同じだったならば、倉沢、お前は暗殺されていたかも知れんぞ」 「こ、怖い事言わないでよ」 「本当の事だから仕方ない。で、妹のクレアだ」 「一番下の妹さんだね」 「あぁ、そうだ。だが、実力はアルバート兄さんに匹敵する。一族最強はアルバート兄さんだが、【レス】が最も恐れているのはこのクレアだろうな」 「なんで?」 「彼女は【セブン カラーズ オブ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の12日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 【13不吉と百遺体物語】の文字入力が終わったら、これも再チェック修正をします。 その後で【格ワーの澪耶(れいや)】と【13不吉と百遺体物語】の再々チェック修正をやります。 それが終わってから応募準備に入ります。 早ければ今月中に出来そうですね。 このペースなら。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】の再チェック修正をします。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 次の制作は木曜日を予定しています。 今日の再チェック修正が終わったら、木曜日からは【13不吉と百遺体物語】の文字入力に入ろうと思っています。 これもメモを取っているのでかなり早く終わる可能性が高いですね。 …

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)055

「そうだ。彼は少々堅物でな。私やクレアの様な女の身での参戦を快く思っておらん。アルバート兄さんだったから、私達の参戦も認められたが、フレデリック兄さんだったなら有無を言わさず却下という事になっていたかも知れん」 「そうなの?」  フレデリックさんは怖そうな人なのかな?  そう、思った。 「次に、弟のリチャードだが」 「三男の人だね」 「そうだ。あやつは極度のシスコンでな、妹のクレアの…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)054

「じゃあ、シャーロットの家族の事、聞きたいな。僕には家族がいなくなっちゃったから、その……エヴァーロード家の人達の事、家族と思っても良いかな?」 「おぉ、かまわんぞ。そうだな――誰から聞きたい?」 「アドルフさんとアルバートさんには会ったけど、それ以外の人には会ってないからまず、その人達の事を聞きたいな」 「なるほど――家族なのに、それが何者なのか知らないというのも問題だな。よし、話してき…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)053

 あわただしいまま、一日目の復学が終わり、帰りの車の中で、僕とシャーロットは学校の楽しい事等を話した。 「ふむ、学生生活というのもなかなかに楽しいものだな」 「そうだね」 「なんだ、お前はあまり楽しそうではないな?」 「まぁね、僕の事、誰も覚えていなかったのがちょっと……」 「お前は以前と大分変わってしまったからな、覚えていろという方が難しいかもしれん。私は覚えていたぞ。それでは不満か…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)052

 友人らしい友人は少ないと言っていたシャーロットだけど、美人で、基本的には親切な彼女と友達になりたいと思う生徒は意外に多く、すぐに人に囲まれた。  僕もシャーロットのオマケという形ではあるものの、その輪の中に入れた。  どうやら、僕の立場は彼女の恋人というよりは彼女の家の従者か何かと思われたらしい。  悲しい事だけど、入院前の僕の事を覚えている人間は見あたらなかった。  修行によって顔つ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)051

 第二章 参戦前の一時  僕らは、一月半後に、真祖を追って、旅にでる。  でも、その前に思い出を作ろうと準備が整うまで学校に通うことにした。  学校なんて、諦めていたのに、まさか、また、通えるようになるとは夢にも思っていなかった。  僕は退学扱いになっていたけど、エヴァーロード家の力で、復学する事が出来た。  復学と言っても一月半後にはまた、学校を去る事になるんだけど、…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の11日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 【格ワーの澪耶(れいや)】の再チェック修正をします。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 もう1つ、【稀義(まれよし)編】については時間が無くて、話せませんでしたね。 ですが、この【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】は【ファーブラ・フィクタシリーズ】の最高レベルの話になりますとは伝えましたね。 聞いた人は、あ、そうなんですか?と言ってましたね。 後は【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】の文字入力が100ページまで行ったことを伝えましたね…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そんな時カップルに決闘を申し込まれますが、【十手】は謝ります。 平謝りです。 町の人達はかっこ悪いという目で見ますが、因縁を付けてきたカップルの方にも問題があり、ヒロインはその一方的な申し出に納得出来ずに文句を言おうとします。 ですが、【十手】は自分が悪いからと言って殴られても蹴られてもただひたすら謝りました。 きっかけは【十手】の親切心からくる誤解だっ…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 ヒロインは【パーフェクト11】の中の1人です。 身分を隠して男の子として【十手】に接します。 最初は珍しい男が居ると思って見に来ただけですが、【十手】のまっすぐな行動に惹かれ始めます。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 また、もう1つの【十手編】は、恋愛物ですね。 【十手】が【パーフェクト11】の1人に一目惚れします。 彼は身分違いでも、自分の気持ちに正直で、告白しようと考えています。 それを町の人達には笑われているのですが、それを見たのがヒロインです。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 後は、ヒロインが【偽トゥエルブ】の許婚で、【偽トゥエルブ】から捨てられるのですが、自分の気持ちを表現出来ないヒロインに対して、【獣僧】はきつい一言を言います。 その言葉で、ヒロインが【獣僧】の元に行く決心をするのですがその辺りをドラマチックに表現しようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 【にーに】とは【パーフェクト11】の上に【10】の存在が居て、それを足すと、【10+11】で【21】、その次の存在なので【22】で【にーに】と言う意味ですね。 その辺りのやりとりを第1話ではやろうと思っています。 せっかく出来た家族を奪われた【獣僧】と【にーに】と呼ばれる事を嫌う【偽トゥエルブ】。 この二名の憎しみあいを表現しようと思っています。 続きま…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 【獣僧編】は復讐劇であり、無名だった【名無し】は【トゥエルブ】と言う青年と出会い、【獣僧】という名前と家族を得ます。 ところが【トゥエルブ】と言う名前を手に入れるために【トゥエルブ】を殺しに来た者が居ました。 それが【偽トゥエルブ】です。 この男は【パーフェクト11】に継ぐ【12番目】の存在と言うのを誇示する男で【獣僧】に【にーに】と呼ばれるのを嫌います。 …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 いつも通りですね。 今日は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の話をしてきましたね。 【獣僧(じゅうぞう)編】と【十手(じって)編】の第一話の構想を話しましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 時間が惜しいので今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)050

「それは、そうだが……」 「認めてやろうよ。命がけだってことは彼女も十分承知しているはず、彼女だけ、参戦出来ない理由は無いはずだよ、違うかい、父さん?」 「そうだな…確かにそうじゃ……じゃが、くれぐれも無理をするな、シャーロットよ」 「はい、ありがとうございます父上、そして、アルバート兄さん」 「真祖は僕の様に甘くないよ。それだけはくれぐれも注意してくれ。僕は君達を死なせるために参戦を認…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)049

 残すはキメラと九本腕の怪物だ。  僕は九本腕の怪物を僕に見せかけて、シャーロットはキメラを彼女に見せかけて、相打ちにさせた。  連携プレイで見事に四体の怪物を倒した。 「お見事!なかなかのものだったよ、お二人さん」 「アルバート兄さん……」 「アルバート、情けをかけるなと」 「父さん、シャーロットが参戦出来なかったのは戦闘において、【錬想】が出来なかったからだ。でも、彼女は立派…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)048

 まずは、僕はゴーストモドキを【錬想】で作り出した網で捕獲した。  見た目はゴーストだけど、中に大きなカメムシの様な生物が入っていた。  僕はそれを見抜き、虫を捕るように捕獲した。  シャーロットも毛むくじゃらを相手にした。  彼女は自身の髪に【錬想】の力を与え、自在に動く髪の毛で毛むくじゃらの攻撃に対抗した。  毛むくじゃらの毛で縛り上げ、やはり捕獲した。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)047

 無数の思念体が合わさったような感じだ。  属性などは全て不明。  見た目からはどんな能力を有しているのか全くわからない。  僕らは逃げ回りながら、能力を分析していった。  そして、【錬想】で壁をどんどん作っていった。  逃げ道はなくなるが、敵も一体ずつしか通れる幅がない。  僕らは入り口と出口でうまく、四体の怪物を挟み撃ちにした。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)046

 僕らは攻撃をかわしながら、四体の怪物を観察する。  一体目はもじゃもじゃだ。  毛むくじゃらの身体に無数の棘が混じっている。  二体目は虎の身体にワシとワニ、象の首がくっついているキメラだ。  背中には蝙蝠の翼が生えていて、尾は六本だ。  三体目は肥大化した右腕に八本の左腕、首は亀のように引っ込む。  背中はアルマジロのような感じになっている。  四体目はゴーストのようだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の10日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 午後になったら【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】を作ります。 昨日の作業で予定通り70ページ目まで書き進めましたので、今日は100ページ目を目指して作業を続けます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きは火曜日に行う予定です。

続きを読む

カミングアウト

久しぶりにカミングアウトしますね。 実は今日も含めてちょこちょこ制作していたのですが、【完全非公開作品】の【ハイパーワイフ】と【アナザーFP】をそれぞれ第001話から第003話ずつ作っていました。 今日は【アナザーFP】の第003話が完成したところです。 後、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】も3話分作ろうと思っていますが、それは、また今度になりそうですね。 【ヴェ…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝2時から起きて作業をしています。 こっそり作業ですね。 丁度めどもたったので、朝、更新する事にしました。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 時間が惜しいので余計な更新はせずに、次の更新が今日のラスト更新になります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)045

「最後だ、この四体を相手にどう戦うか見せてもらおうか」  そう叫ぶアルバートさんは四体の怪物を作り出した。  どれも見たことのない姿をしている。  どんな攻撃をするのか解らない。  僕とシャーロットは二人で一つだ。  だから連携が命でもある。  では、僕らより多い数を相手にどういった連携を見せるか?  それを見るためのテストなのだろう。  だから、僕らの倍、四体の怪物を出したのだ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)044

 実力が伴わない分、彼女は工夫をする事で、その力不足を補ってきた。  だから、頭脳戦は得意だった。  七つの超難問をいとも容易く解き、最後の関門である出口の謎もあっさりと見抜いた。  出口は外側ではなく、迷路の中心にあった。  空気の流れを利用して、見事にゴールまでたどり着いた。  見た目に惑わされないという事を試す為の試験でもあったのだ。  僕らは半分の時間の三十分足らずで迷路を突…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)043

「次はこれだよ」 「こ、これは」  アルバートさんが作り出したのはミニチュアの立体迷路だった。  そして、同時に僕とシャーロットの身体を小さく変え、迷路の中に僕らを送り込んだ。 「制限時間は一時間。その迷路から抜け出さないと身体が元に戻り、小さな迷路の中で圧死するよ」 「望む所です。行くぞ、倉沢」 「うん」  これは彼女の得意分野だった。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)042

 何度も何度も挑戦し、その度にはたき落とされていく僕らだったけど、ろうそくが後、一センチとなった時、何とかろうそくの炎を一つ消すことが出来た。  【錬想】によって、作り出した粉塵に火花を与えて粉塵爆発させ、その風圧で一つ消したんだ。  アルバートさんは咄嗟にガードしたけど、一つだけ見落としがあったのか、それを消すことに成功した。  いや、彼の表情からすると彼のミスではなく、オマケで消させて…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)041

 考えてみれば、凄いと思う。  彼は、逆さまに立ち、かつ、ろうそくを五十本、逆さまにともして、僕らを撃退しているのだから。  分身も作り出したりもするし、イメージの具現化は本当に僕らなんかのものとはレベルが違うと言った感じだった。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の9日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、引き続き午前中は制作をします。 【格ワーの澪耶(れいや)】の文字入力をします。 50ページ目標から70ページ目標に変更いたします。 頑張って後、30ページ書きたいと思います。 やっぱり事前にメモを取っていると入力がサクサク進みますね。 思っていたよりもずっと早く終わりそうですね。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 …

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、四時から起きています。 今日はバイトはお休みです。 朝から制作をしていました。 現在、【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】の文字入力をしていて、今のところ40ページ目まで書き進めています。 今日の目標は50ページ目までだったのですが、このペースなら、頑張れば午前中に70ページ目までいけるかも知れませんね。 という訳でおは…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)040

 バラバラに立ててあるろうそくの火を守るのは難しいと思う。  これはアルバートさんに圧倒的に不利なのでは?  そう思ったのは間違えだった。  彼は僕らがバラバラにろうそくの火を消そうとろうそくに近づくといつの間にか接近して僕らを床にたたき落とした。 「どうしたんだい?こんなものなのか?」 「いえ、兄さん、これからです」 「そうだ、そうです」  僕らは考えつく限りの連係プレイでろうそ…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)039

 恐らく、アルバートさんが作り替えたのだろう。 「試験は三つ。三つとも合格点を出せたら、君の参戦を認めよう。まずは手始めにこの五十本のろうそくを一つでも吹き消せれば一つ目は合格だ。制限時間はこのろうそくが自然に消えるまでだ。良いね?」 「はい、承知しました。行くぞ、倉沢」 「あ、うん――行こう」  考えるより先に、僕とシャーロットは天井に飛んだ。  高いとは感じなかった。  また、天…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)038

 何が始まろうとしているんだ?  僕とシャーロットはアルバートさんに勝てるのだろうか?  緊張する僕らを一瞥し、彼は消えた。 「ど、どこに?」 「上だ、倉沢」 「え?あ……」  ふと、天井を見たら、アルバートさんが逆さまに立っていた。  あったはずのシャンデリアが無くなって、代わりに逆さまに灯ったろうそくが五十本近く天井にくっついている。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)037

 そうだ、アルバートさんの言う通り、彼はフレデリックさんやリチャードさんでもまともに相手にする事は難しい程の腕だって、言っていた。  参戦の条件としては厳しい。 「いえ、兄さん。貴方に軽くあしらわれるようでは私が出ても犬死にでしょう。挑戦させて下さい。お願いします」 「なるほどね、君が他者に頭を下げるとはね。傲慢さが少し取れたようだね。倉沢君だっけ?彼とパートナーになったのが良かったのかも…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)036

 全然、気配に気付かなかった。  いつから居たんだ? 「あ、アルバート兄さん、いつの間に?」 「やぁ、シャーロット、隙だらけってやつだね。まだまだ、修行が必要だね」 「アルバート、シャーロットが参戦したいと申しておる。どうにかならぬか?」 「僕にシャーロットの力量を計れと?」 「そうだ。お前の相手も出来ぬようでは話にならぬ」 「こりゃまた、手厳しいな」

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の8日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、休みですので、午前中は制作、午後は番組を見ます。 制作は【格ワーの澪耶(れいや)】の文字入力の続きを作ります。 目標は50ページ目まで作る事ですね。 頑張ります。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 忙しかったです。 八月の休みが今までにないくらい多いと言う話をしましたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)035

 アドルフさんが呼んだのは一族最強の呼び声も高い、次男、アルバートさんだ。  彼なら、真祖を倒せるのでは無いかという期待もされている。  シャーロットと彼とでは才能という点では天と地ほどの開きがあると言われている。  彼とまともに戦えるのは一族の中ではクレアちゃんただ一人っていう話だ。  ――と言っても実際、シャーロットとアドルフさん以外には会った事ないので、メイドさん達のうわさ話で…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)034

「見違えたな――三ヶ月前とはまるで別人だ」  アドルフさんが褒めてくれた。  彼に参戦を認めてもらおうと彼女と二人でお願いに来ていた。 「アドルフさん――僕からもお願いします。彼女の参戦を認めてあげて下さい。僕も協力します」 「それとこれとは話が別じゃ。君もシャーロットも真祖共の恐ろしさを知らぬ。我が一族で、真祖を倒した者はいまだかつて誰一人おらんのだ。フレデリック達でも勝てるかどうか解…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)033

 そして、三ヶ月――  その月日はあっという間に経ち、僕は彼女の剣として成長する事が出来た。  何とかなった力は【錬想】だけ。  だけど、この力があれば、僕は彼女の剣となれ、盾となれる。  僕と彼女は二人で一人前なのだから。  共に戦って行こうと思っている。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)032

 彼女の力になりたい――そう、思っているからだ。  僕は彼女の虜になっているみたいだった。  そして、第二の人生を与えてくれた彼女に恩返しがしたい。  この痛みの先にはそれが出来ると思うと、不思議と力が沸いてきた。  次から次へと課される試練にも僕は耐えきる事が出来た。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)031

 簡単には強さは手に入らないという事だ。  その超激痛に耐えながら彼女のイメージを受け取るという修行は想像を絶するものだった。  何で僕がこんな目に――  そうも思ったけど、彼女に僕が全てだと言われた事がまるで媚薬のように僕の背中を押し、痛みに耐える気力を与えてくれた。  痛みに耐えかねて死のうと思えば死ねる。  いつでも舌をかみ切れば、窒息死することが出来る。  だけど、彼女の…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の7日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日制作をしたので、今日は番組ですね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今週は土曜日も休みですので、土曜日にまた半日くらい制作をしたいと思っています。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 昨日は追悼番組を見ようと思っていたので、制作は早めに切り上げましたが、それでもメモを取っていたのでサクサク進み、【格ワーの澪耶(れいや)】は20ページ目まで書き上げました。 このペースでやれば、多分、平日だと30ページくらいは進むのではないかと思っています。 メモとって無かった場合だと進んでも10ページ程度だと思いますので、ペース的には無茶苦茶早く出来そうですね。 …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 バイト先の人が昔、八時だよ全員集合の公開収録に行った事があると聞いて、凄いなぁ~と思いました。 後は志村けんさんの追悼番組の話になりましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定2

この後の予定ですが、【格ワーの澪耶(れいや)】の清書を開始します。 【格ワーの澪耶(れいや)】はメモ書きが60数ページしてあるので比較的早く書き終わると思っています。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 ホームページを更新したら、また更新します。 では一旦失礼します。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)030

 まずは、イメージトレーニングだった。  彼女が【錬想】によって作り出すイメージを具現化にではなく、僕の頭に直接送り込むというものだ。  とは言え、僕は身体の基礎が出来ていなかった。  だから、身体の基礎を作り替える事も同時進行で行われた。  彼女の血を舐めているとは言え、僅かなので、僕自身には大した力はない。  それを、特別な秘術で作り出した薬を百種類以上服用し、僕の身体を作り替えて…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)029

 だけど、他の秘術を覚えていたら、【錬想】を覚えるのはずっと後になる。  その間、彼女は参戦出来ないという事になる。  だから、まず、【錬想】を覚えさせるつもりなんだ。  僕にはそう思えた。  そして、一刻も早く、僕を使える戦力にしたいと願う彼女との修行が始まった。  修行と言っても普通の修行とは違っていた。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)028

 彼女は【剣】である僕と連携を取って、【錬想】使う事でリチュオル家に対抗しようという思惑があるみたいだった。  彼女が後衛でイメージを高め、前衛である僕が【錬想】を使うという戦法をとるつもりだ。  どうやら僕には、【錬想】を覚えてもらいたいみたいだ。  彼女は基本と言ったが僕には基本とは思えない。  この【錬想】を極めるためにエヴァーロード家の拠点を日本に置いていると聞いた。  それに…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)027

 【錬想】は現在におけるエヴァーロード家最大の秘術。  その為、戦闘中にこれが使えない彼女はリチュオル家への挑戦権が与えられないみたいだ。  エヴァーロード家の秘術は【錬想】と【伝気】だけではない。  だから、他の秘術を駆使してとも思うのだけど、最強とされる力を使えるのと使えないのとでは大きな戦力差があるらしい。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)026

 魔法みたいな力だとおもった。  何でも出来ちゃう感じがした。 「す、凄いよ、これ、本当にこれらが出来れば無敵じゃないか」 「甘い、例えば【錬想】にしても、これはイメージ力がものを言う。戦闘中に、細かいイメージなどなかなか出来るものじゃない。【伝気】についても同じだ。繊細なコントロールと集中力が必要となる。戦闘中に別の事を考えるのは命取りにもなりうる。最大の攻撃力であると同時に、危険性をか…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の6日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、予定を変更して制作をします。 まずは、ホームページ更新。 その後で、【読み切り小説】の【格ワーの澪耶(れいや)】の清書作業を開始します。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きは日曜日を予定しています。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りでしたね。 と言う所でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む