この後の予定

この後の予定ですが、番組を見て行きます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)275

 黒い背景からは無数の黒い腕が出てきた。  その後を追うように――  巨大な目玉が十数個飛び出す。  さらに巨大なカラスと蛇が顔を出す。  更に油の塊の様な何か。  更に触手の塊。  河馬と象を足して二で割ったような怪物。  髪の毛の塊。  ウニの化け物。  巨大なアギト。  不思議な箒。  悪魔の書。  化け猫。  ケルベロス。  訳のわからない物体。  等数え切…

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)274

 アルバートさん以上に【レス】にとって、脅威となりうる存在だという事しか聞かされていないからだ。  今、彼女の真価が問われる時なんだ。  クレアちゃんの手元を離れた絵画は十倍以上の大きさになった。  後ろにたなびくポニーテールが禍々しくうごめく。  後ろと言っても正面画ではなく背面画だから、ポニーテールは前面に出ている。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)273

 だけど、僕らが戦ってきたバトンを誰かにつながなくてはならない。  それは、アルバートさんなのか?、クレアちゃんなのか?  それが、解らないから、見極めるんだ。  彼女とアルバートさんを。  アルバートさんの凄さは今までの共闘で解っているつもりだ。  だけど、クレアちゃんの戦いはよく解っていない。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)272

 それに、敵、特に、ネームレスは放っておく訳にはいかない程、強大な存在だ。  このまま、誰も向かって行かないという訳にもいかない。  誰かがやらなくてはならない。  それは、一族最強とされるアルバートさんかも知れない。  クレアちゃんかも知れない。  僕らはそれを見定めるために、彼女に会いに来たんだ。  これを最後に僕とシャーロットは引退する。

続きを読む

エヴァーロード家の宿年(プレイバック)271

 クレアちゃんもまだ本物にはたどり着いていない。  だけど、この戦いには意味がある。  僕とシャーロット、アドルフさんが、彼女の戦い方をテストするという大きな意味がだ。  今まで、リチャード君が心配した様に、クレアちゃんが無謀な戦い方をしないように、保護するつもりでずっと彼女を追って来た。  だけど、彼女は常に、追いかけている僕らより冷静だった。  逆に保護しようとしている僕ら…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【エヴァーロード家の宿年(プレイバック)】の55日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 昨日の作業で予定していた【13不吉と百遺体物語】は【漫画風ファーブラ・フィクタ】を作っていたので、出来ませんでしたので、明日は【13不吉と百遺体物語】の再々チェック修正をします。 終わったら【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第九話から第十一話の追加文章を作る予定です。

続きを読む

こんにちは2

もし身内として内容を聞かれたらどうするの?と聞いたのですが、知らないと答えるとの一点張りでしたね。 【ファーブラ・フィクタ】も勝手に【炭鉱の人】と曲解して、まともに取り合ってくれないんですよね。 試しに読んでみてと言っても頑なに拒否して絶対に認めないみたいなので、付き合ってられないと思って放って置く事にしました。 身内が全然、応援してくれないって言うのも辛いものがありますけどね…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 今日は昨日作った【漫画風ファーブラ・フィクタ】を持って行ったのですが、昨日同様に1人目でもらわれて行きましたね。 2人目の人が見たいと言ってきたので明日、昨日の分と今日の分の3枚をまた持って行く予定です。 バイト先ではこうやって好調なんですけどね。 兄がアンチなんですよね。 続きます。

続きを読む