僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)087

 竜龍の身体に鱗が生えてくる。
 身体が竜の様に姿を変えて行く。
「こうなったら私は人間の姿には戻れない。だから、やりたくは無かったんだけどねぇ。覚悟は良いかい?」
 竜となった竜龍が言った。
「準備オッケーです。いつでもどうぞ」
 花梨は構えを取る。
 右手を前に出し、左手を後ろに隠すといった不思議な構えだ。
「おぉ、あの構えは……」
 戦いを見学していた覇仁がつぶやく。
 何やら大技の予感がする。
 蝙蝠の様な翼を広げ、花梨に飛びかかる竜龍。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント