僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)141

「あ、あなた誰?何者?」
 花梨が一人目の佐和義から離れ、構える。

 一人目の佐和義の身体がぼやけ、やがて女性の姿に変わる。
「私は明日、あんたと当たるジャネットってもんだよ」
 その格好は見たことのあるものだった。
 中世の魔女――そんな姿だった。
「よくも……」
 花梨の表情が怒りに歪む。
「平和的に不戦敗を狙ったんだけどね。邪魔が入ってうまくいかなかったわ。ゴメンね。気持ちよく負けてもらうつもりだったんだけどね」
 譲の忠告が早くも的中することになった。
 相手がどんな手を使ってくるかも解らないのがこの大会なのだ。

 ジャネット――現代の魔術師、魔女が最後の相手だ。
 花梨の神術と違い、メジャーな能力である魔術の使い手だ。
 トーナメント最後の闘いは神術対魔術の闘いになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント