僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)142

「この……」
 飛びかかろうとする花梨。
「よせ、試合で決着をつけるんじゃ」
 覇仁が止める。
「ふーふー」
「どーどーどー」
 まるで、興奮する牛を宥めるような状況だった。
 花梨が許せなかったのは佐和義を巻き込んだ事だった。
 人の気持ちを弄んだ事もだ。

 この女には絶対に負けたくない。
 その気持ちが強くなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント