僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)050

「覚えてろ、後で絶対ぶっ殺す」 「ほどけ!バカ野郎」 「くたばれ」 「死ね、クソ女」 「ファーック」  罵詈雑言を浴びながら花梨とリーファはレースを再開した。  リーファはこの騒動の間に二位と三位の選手に抜かれてしまった。  彼女は一位でレースを終える為にダッシュした。  花梨も同じペースでレースを進めるがリーファより一周、周回遅れをしているのだ。  どの道、同じペースで行って…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)049

「私らを無視するんじゃねぇ」  またクリスチーヌが咆える。  が、身体がしびれて動けない。 ヤレヤレといった感じで、花梨は神術、錬金鎖でクリスチーヌ達を縛りあげた。  金属の鎖で壁に打ち付けたのでクリスチーヌ達の力では外せない。  どんな言葉をのたまわろうが、もはや負け犬の遠吠えでしかなかった。  このまま、レースが終わるまで壁に縛り付けられるという屈辱をクリスチーヌ達は味わう事…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)048

「ありがとうっていうべきなのかな?」  リーファは、はにかんで見せた。 「いえ、私の方がありがとうです」  花梨も笑顔で返した。 「どういう事かな?」 「正直、私、この大会、ろくでもない女ばかり参加しているって思っていました。でも、あなたは違う。何となくわかります。あなたと競えあえる事に誇りを持てます」 「こちらこそ。じゃあ、ボクは先に行って君が勝ち上がって来るのを待ってるよ」 「…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)047

 それを邪魔する、余計な声が一つ。 「はっ、聞いた事あるよ、私、元々ダッチワイフ用に作られたんでしょ、あんた?」  刺客の一人だった。  クリスチーヌ同様、腐った目の持ち主だった。 「だから、何だい?――今は恩人の手で人造人間として生まれ変わって優勝を目指している」 「はぁ、あんたみたいなポンコツを天下の大富豪家が相手にする訳ないじゃない」 「それでも恩人の為に優勝を目指したいと…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)046

 後続が追いついて来たのかと思ったが違った。  リーファはバッチを一つしている。  つまり、一周回ってきたのだ。 「まさか、こんなに早く?」  花梨は驚いた。  トップグループでもせいぜい、三分の一周を回った所くらいだろうと思っていたからだ。  一周、二十キロと言ってもただの二十キロじゃないのだ。  障害物が山ほどある二十キロだからだ。 「ボクはこういうの得意でね」 「す、…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の10日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、ブログの更新が終わったら、後は番組を見ます。 午後には所用で出かけます。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 毎日更新ストックの【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の分割整理を行います。 その次の制作日ですが、火曜日は恐らくメタボの薬をもらいに病院に行きますので木曜日を予定しています。 その時に【ファーブラ・フィクタ】フ…

続きを読む

おはようございます13

続きです。 また、【クエスト・ガイド~冒険案内人】も【エブリスタ】さんで、公開するための作業があって、スター特典も作りますので手間がかかりますし、それが終わったら【よったろー屋本舗】で公開するための加工作業になるので、これも時間がかかります。 なのでリステミュウム編を書けるのはずいぶん先になるのです。 という訳でメモをとりました。 という事があったのですが、今日もよろしく…

続きを読む

おはようございます12

続きです。 それに3話ずつのローテーションで【読み切り小説】と【クエスト・ガイド~冒険案内人】と【ファーブラ・フィクタ】をやっているから、作業的にもその分、伸びてしまうんですよね。 【読み切り小説】は7番目の【リトライ☆ヒーロー】、 8番目の【にゃんこの決断】、 9番目の【トラブル&エスケーパーズ】、 で、これらは全部60数ページずつメモを取っている状態なのでそんな…

続きを読む

おはようございます11

続きです。 第001-07話のルーミス・ワールド再挑戦編、 第001-08話の第五側体クアンスティータ・ウァウスクス編、 第001-09話の第六側体クアンスティータ・ククントゥス編、 第001-10話の第七側体クアンスティータ・イグスルナ編、 を作った後になりますけどね。 続きます。

続きを読む

おはようございます10

続きです。 ただ、現実問題として、これらは第002-01話から始まる第五本体クアンスティータ・リステミュウム編の話なんですよね。 作業的にはこれから、第001-05話のセレークトゥース・ワールド再挑戦編その1、 第001-06話のセレークトゥース・ワールド再挑戦編その2、 続きます。

続きを読む

おはようございます9

続きです。 と言う様な事がイメージとして沸いたので、とりあえず、先の予定として、メモを取ることにしました。 ただ、このメモはその本編を書く頃には消えちゃう予定ですけどね。 残しておいても仕方ないので。 続きます。

続きを読む

おはようございます8

続きです。 そうなると、ここまでの話で、13話中5話以上を使ってしまうと言うことになりますね。 最低でも三大名物は出さないと行けない状態でこれだけで5話を使ってしまうと考えるとリステミュウム編は13話じゃ全然足りないと言えますね。 続きます。

続きを読む

おはようございます7

続きです。 第六本体クアンスティータ・レアク・デの勢力である紡いだ言葉が全て現実になる【話祖(わそ)】とは違い、そのもの自体が物語を引き寄せ、独自の世界観に吟侍達を引き込んでしまうという存在です。 これはあんまり大物を出してしまうとそれだけで、かなりの話数を使ってしまうので、【話核】としては一番の小物を出そうと思っていますが、それでも2話くらいは使ってしまうかと思っています。 …

続きを読む

おはようございます6

続きです。 17名を元に戻した後にはまた、間髪入れずに今度は【宇尽稀者(うつけもの)/話核(わかく)ストーリー・コア】を登場させる予定です。 【話核】はリステミュウム・ワールドの三大名物の一つになりますね。 続きます。

続きを読む

おはようございます5

続きです。 【超巨大迷宮】では吟侍やカノンの戦い方や、第五本体から第七本体の代表的な力についての解き方、【ウェルヴェレ】の複数の力など超盛りだくさんの話になる予定です。 無事17名を元に戻すまではどんなに急ピッチでやっても3話はかかるかと思っています。 続きます。

続きを読む

おはようございます4

続きです。 ですが、間髪入れずにリステミュウムは【謎の力(静)】をつかって、33名中17名を敵対させます。 第一本体から第四本体のクアンスティータの機転で、その17名を元に戻すチャンスを作ります。 それから吟侍とカノン、第二本体クアンスティータ・ルーミスの弱者の視点の化身の【花翠(かすい)】とクアンスティータに次いで七大ボスナンバー2の【ウェルヴェレ】がそれぞれ、ペアとなり、敵…

続きを読む

おはようございます3

続きです。 つまり、第五本体クアンスティータ・リステミュウムが誕生してからの展開になりますね。 リステミュウムは穏やかな状態で生まれるのですが、すぐに【平行世界】の情報が入り、怒ります。 そして、吟侍達とリステミュウムの戦闘が開始されるのですが、まずは、【攻撃効果の詰め合わせ】という、目的を達成するまで無尽蔵に攻撃が生み出される【能力】を吟侍は何とか防ぎます。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 では、自分の事の話をさせていただきます。 今日は朝、5時起きでした。 ちょっと【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編のネタで、ある程度思いついた事があり、それがまだ先の話なので、【ファーブラ・フィクタ】では珍しく、先の方のメモをとっていました。 明日の作業として毎日更新のストック【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の作業が終わったらやる予定の作業と…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 最初に――九州の被災地の少しでも早い復興を願っています。 連日の大雨の被害、毎年と言う事では済まされない状況になってますね。 無力な僕は何もする事は出来ませんが、犠牲者が少しでも少なく済む事と、家屋などの被害が少なくて済む事を祈ることしか出来ません。 皆さんのご無事を祈っています。 続きます。

続きを読む