僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)207

 イヤイヤ参加していた時と違い、やる気を出した花梨はメキメキと実力を上げていったのだった。
 もはや、同一人物が戦えるとして仮定して、ティアマトと戦って勝った時点の花梨に対して指一本で勝てるレベルにまで、極端にレベルアップしていた。
 本気を出した女の子はそこまで強くなれるのかと思うくらいに。

 アメリカ代表にかかわらず、世界大会に出場する選手はこれまでのレベルからは想像もつかないくらいにレベルが高い。
 そして、その前に、全国大会もあり、それも関東予選とは格段にレベル違いの相手が出揃う事になる。
 みんな予選を勝ち抜いた猛者ばかりだからだ。
 その猛者達の中で頂点に立った一名のみがアメリカ代表のいる世界大会にまで歩を進める事が出来る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント