隣の席のでみちゃん(プレイバック)010

第一章 俺もそっちの世界へ


「聞いてくれ、実は――」
 俺は友人達に夢の中で起きた事を話した。
「そうか、お前もとうとうそっちの世界の住人になったか」
「ゴメンな、俺、お前と友達やっていく自信がなくなったわ」
「【でみちゃん】と付き合ったら?」
 という様に友人達の反応は冷たかった。
 俺が今まで、【でみちゃん】に対して向けていた感情をそのまま、向けられたような感じだった。
 俺もとうとうそっちの世界の住人として、端に追いやられる時が来たのかと思った。
 そう思うと何だかムカムカしてきた。
 その怒りを【でみちゃん】に文句の一つでも言ってぶつけてやろうと思って彼女に話したら――
「そんな事で無くなるような薄っぺらい付き合いをしていたのか?」
 と言われた。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント