この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)085

 話を聞いてみると二人は転校して来たばかりで、気になる男子、つまり俺を見つけて、でもちゃんに、聞いて来たのだという。  俺に興味があるという美少女がまた二人。  ひょっとしてモテ期か?  俺は顔がにやけてしまうのを必死で隠した。  だけど、俺の周りに美少女が四人もいる。  でみちゃんだって普段、相変わらず、鷲鼻をつけてるけど、中身は立派な美少女だ。  こんな事ってあるの?  俺…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)084

「あなたが兼六君?初めまして、緑川 麻衣です」  初めまして?  昨日の放課後のあれは?気のせいだったのか? 「後楽ちゃんからお噂はかねがね聞いてます。格好いい男子がいるって。あ、あたしは関山 美保、よろしく」 「格好いい男子とは言っていない」  関山の一言を訂正するでもちゃん。  そこは否定しなくてもいいじゃん。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)083

 そして、その日はそのまま帰った。  翌日、いつものように、でもちゃんが次の夜の挑戦状をたたきつけにやってきた。  違うのは、でもちゃんの横に二人の美少女がいたという事だ。  そう、緑川と関山の二人だ。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)082

「契約者しょーすけ。危ない所だったな」 「え?俺、何かあったのか?」 「魔女の呪いにかかる所だったのだ。見ろ、この魔法円を」  でみちゃんに促されて見ると俺の机の上に小さな魔法円が二つ描いてあった。  魔女?  俺はどういう事か判断しかねた。  魔女みたいな事をしていると言えば、でみちゃんやでもちゃんもだが、二人は魔女じゃないっていつも否定しているし。  だとしたら、誰だ?  何…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の17日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 まぁ、メモは取っているので、最短で5日分の作業時間で完成しますので、【読み切り小説】は慌てて、作業しなくても良いかな?と思っています。 出来たなりに作業を進めて行きます。 という訳で以上です。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 木曜日の作業で100ページ、土曜日の作業で再チェック修正と言う予定にしています。 日曜日の作業からは9番目の【読み切り小説】の【トラブル&エスケーパーズ】の文字入力を開始します。 それで来週の火曜日と木曜日の作業と合わせて、【トラブル&エスケーパーズ】も100ページにと思っていましたが、そろそろ、メタボの方のお薬が切れて来ている感じなので、来週の火曜日は病院に行って…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日の作業で、8番目の【読み切り小説】の【にゃんこの決断】も清書を40ページ目にまで書き進めました。 という訳で明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 明日の作業で、70ページ目を目指します。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 話したと言ってもちゃんと仕事はしていました。 サボっては居ませんので、念のため。 ただ、今日は特に声を掛けられたと思ったので数えてみたと言う話でした。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 その時はあまりにも多くの人と話をしたので、名刺交換とかもしたんですけど、メールで後で返事を書いた時、何が何だかわからなくなってしまったと言う苦い思い出がありましたね。 その時以来ですね。 いっぺんにたくさんの人と1人1人話したのはね。 やっぱり、一日に話すのはせいぜい10人くらいまでが限界ですね。 それ以上はこんがらがります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 制作の話をしたのはその内の3分の1でしたが、全部、違う所を説明したので、どの人にどこまで言ったっけ?と言う状態になりましたね。 この状態は、数年前にビックサイトに言った時の事を思い出しましたね。 20人以上と同じ場所で話をしたのはその時以来でしたね。 ビックサイトの時も名刺を配るので目に付いた相手は片っ端から声をかけて話をしたんですよね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 いつも通り――じゃ無かったですね。 数えたら、21人と話をしていましたね。 短いと30秒、長くても5分くらいずつでしたけどね。 全部、違う話をしたのでこんがらがってしまいましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 午後からは制作になります。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)080

「な、なんだ、あんたらは?」  俺の問いかけ。 「初めまして、色男さん。私、緑川 麻衣(みどりかわ まい)って言います」 「あたしは関山 美保(せきやま みほ)、よろしくね」  と答える二人。 「何者なんだ」 「何者でも良いじゃない。今は三人で楽しみましょう」 「さぁ、こっちへいらっしゃい」  二人は夢の中でも服を脱ぎ始める。  俺はトロンとなって来た。 続く。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)079

 それを見ている内に何故だか眠たくなってきた。  そして、知らない内に寝オチしていたみたいだ。  気付くと、でみちゃんのいう、デミウルゴスフィールドについていた。  でみちゃんとでもちゃんの姿は無い。  代わりに二人の美少女が立って待っていた。  俺の机の上でいちゃついていた二人だった。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)078

 おいおい、人が来たらどうするんだ?  俺だってここにいるのに。  そう思っていると二人は一瞬、こっちを見たような気がした。  バレた?  俺は一瞬、凍り付いた。  このままでは俺は破滅だ。  どうしよう?  あたふたしていると二人は視線を外し、いちゃつき始めた。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)077

 何で、俺の机の上に?とも思ったが、俺は出るタイミングを失ってしまった。  二人がいきなり服を脱ぎだしたからだ。  ここで、出てきてしまったら、俺は覗き魔というレッテルを貼られるかも知れない。  そう思うと出て行く事が出来なかった。  ハラハラしている俺を余所に、二人は舌を絡め合い、キスをしていた。  いわゆるレズビアンというやつだろうか?  二人はお互い、服を脱がせあって、つい…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)076

 そんなある日、俺は一人教室に忘れ物をしたので取りに戻る事があった。  放課後、誰もいないはずの教室。  そんな所に二つの影が蠢いているのを感じとり、俺は咄嗟に掃除用具入れに隠れた。  何で隠れたか?  それは、何となくだ。  ちょっと異様な感じがしたので思わず身を隠してしまった。  用具入れの隙間から覗いて見ると、俺のクラスの人間じゃない二人の女生徒が俺のクラスの俺の机の上に座って…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の16日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

それが、終わったら、【にゃんこの決断】の再々チェック修正と【トラブル&エスケーパーズ】の再々チェック修正をします。 多分、この二つはすぐには応募しないで、保留にすると思います。 その後は【クエスト・ガイド~冒険案内人】の作業に入る予定ですが、そこに行き着くまでの間に番組がたくさん溜まりすぎると思っていますので、その後、少し制作はお休みして、溜まった番組を消化して行こうと思っています。…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 【リトライ☆ヒーロー】はそのまま、2回目の再々チェック修正もやって応募しましたが、【にゃんこの決断】の方は一旦、置いて、次の9番目の【読み切り小説】である【トラブル&エスケーパーズ】の文字入力を開始します。 それが日曜日で、それも40ページの清書を目指すつもりです。 その次の火曜日で70ページ、木曜日で100ページと行って、次の作業日で、再チェック修正をしたいと思っ…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 制作は順調ですが、番組の方が溜まる一方なので、これをどこかで何とかしたいと思っていますね。 今日の続きは火曜日の予定で、今日は40ページまで、火曜日は70ページ目までを一応の目標としたいと思っています。 木曜日に100ページ目まで、土曜日に再チェック修正と言うスケジュールで考えています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 ちょっと番組の方が溜まったまんまなので、これを消化しないと行けないと思っています。 午後になったら、制作をします。 8番目の【読み切り小説】の【にゃんこの決断】を40ページ目まで清書します。 40ページ分なので、出来るかどうかわかりませんが、少なくとも34ページ分は作りたいと思っています。 これなら34、33、33で三日間の…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 もっと早く起きたかったのですが、今日は四時過ぎに起きました。 それからこっそり作業をしていましたね。 昨日の午後にも10ページこっそり制作をしていたので、今朝から、今の作業で18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】を無事に60数ページ目までメモを取りました。 ノルマ達成ですね。 と言うことで今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)075

第四章 モテ期?  夜中に俺の頭の中で色々とゲームをして、翌日、その夢の中で作った物が出てくるという日々が続いた。  俺は、何となく、でみちゃんとでもちゃんと仲良くなりつつあると感じはじめていた。  この二人になら気を許せる。  そう思いつつあった。  一緒に途中まで下校したりもした。  二人は時々、夢の中の話をするので、他の生徒にそれが伝わらないように、誤魔化すのも大体…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)074

 可愛いんだけど、でみちゃんもでもちゃんもどっか抜けてんだよな。  それにしてもでもちゃんに余計な入れ知恵しやがったのはメデューサとセイレーンって奴か。  とんでもねぇ奴らだ。  後でとっちめてやりてぇな。  俺はムカムカがおさまらなかった。  翌日、読書感想文は出来ている筈もなく、俺は、ゴールデンウィークに慣れない読書と苦手な感想文を書くはめになった。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)073

「我がアドバイザーが言ったことは間違いなかったな」  アドバイザー? 「協力者が居たという事か、デモゴルゴンよ」 「ふふふ、我が配下の四天王だ。驚いたか、デミウルゴスよ」 「四天王……」 「我が四天王、メデューサとセイレーンもその内お前達の前に姿を現すだろう」 「後の二人は?」  俺の素朴な疑問に対し―― 「……募集中だ」  と答えた。 「は?」 「募集中だ」  な、なる…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)072

 起きたのがまだ夜中だったので、俺は二度寝した。  デミウルゴスフィールドに行ったら、でみちゃんがガックリと肩を落としていた。 「おーほほほ。勝ったわ。勝ったのよ」  逆にでもちゃんは高笑いをあげていた。 「契約者、しょーすけよ、なぜ、もう少し我慢できなかったのだ?」 「い、いや、トイレに行きたくてつい……」 「寝る前にトイレで用を足しておくのは当たり前だと思っていたのだが」  ど…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)071

 が、一体目のハントモンスターをハントする前に俺はガバッと起きて、トイレに駆け込んだ。  為す術無く、俺達は負けてしまった。  何とか、夢精だけは回避出来たが、それでも起きてしまったので、勝負をするまでも無く、俺達が敗北したという事になった。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の15日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、明日の早朝に起きてこっそり制作、朝にブログの更新をして、その後は番組を見て、午後に制作をします。 午後の制作は8番目の【読み切り小説】である【にゃんこの決断】の清書作業をします。 休みの日の制作のなので、40ページ分は作りたいと思っています。 日曜日40ページ、来週の火曜日30ページ、木曜日30ページで合計100ページの文字入力完成を目指しま…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、昨日、予定変更して、7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】の再々チェック修正と応募作業をしたので、今日は一日、番組を見ます。 たくさん、見ていない番組が溜まっていますのでね。 午後はもう一回、こっそり制作をして、18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】を50ページ目まで書き進めるかもしれませんがそれは未定です。 やっている…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、4時から起きています。 こっそり制作として、18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】のメモを取っていました。 また、10ページ分、取れたので合計40ページ目までですね。 とりあえず、今日の分としてはこんなもんですかね? 明日はもっと早く起きて、60数ページ目まで書こうと思っています。 という訳で今日も…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

応募しました

ふぅ。 何とかギリギリ間に合いましたね。 再々チェック修正も終わり、無事に応募しました。 応募先は【第5回 草思社・文芸社W出版賞】です。 文芸社さんには一度、落とされていますが、まぁ、もう一度、応募して見るかな?と思いましたので、今回、7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】を応募してみました。 まぁ、後は野となれ山となれですね。 また、落ちても仕方…

続きを読む

一旦失礼します。

この後の予定ですが、制作をします。 【リトライ☆ヒーロー】の再々チェック修正、及び、応募作業をします。 それが終わりましたら、改めて、ブログを更新します。 と言う訳で一旦失礼します。 では、また。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)070

 それどころか俺は早漏と言われる危険もある。  それくらい、モンスター達は気持ちいい感触だった。  モンスターなら、グワっと来いよ、グワっと。  ホント、勘弁してくれよぉ。  俺はお漏らしを我慢する子供の様に震え上がっていた。  何とか、一体目のハントモンスターの前に来た時は破裂寸前だった。  今にもぶちまけてしまいそうだった。 続く。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)069

 俺は必死で逃げたが、ガッとくるのではなく、モンスターはピタって感じで、触ってくる。  そのさわり方が女の子に触れられたみたいで、超気持ち良い。  気持ち良いから、逆に苦しい。  ――持たない。  ぜってぇ、三体のモンスターをハントするまで俺の股間は持たない。  イっちまう。  誰か――誰か助けてくれ。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)068

 俺が悲痛な思いでいると、次々と可愛いモンスターや綺麗なモンスターが襲ってくる。  本当ならハーレムにでもいるような気持ちになる所だろうが、俺は、でみちゃんとでもちゃんの前でいきたくない。  夢精を見られるというのは思春期の男にとっては自殺もんの恥ずかしさを伴う。  俺はそれだけは避けたいと必死で我慢をした。  弁当の時は天国かと思ったけど、これは地獄だ。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)067

 そうこう言い争っている間に、モンスターがやってきた。  お決まりの最初のモンスター、スライムだ。  が、やっぱり色っぽい女型をしている。  まとわりつかれたが、恐ろしく気持ちいい。  肉布団に包まれているような感触だ。  あっという間にいってしまいそうだった。  嫌だ。  本当に嫌だ。  このままでは俺は醜態をさらしてしまう。  でみちゃんとでもちゃんの前で、 「うっ……

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)066

 俺はおかしくなりそうだった。 「少しは落ち着け、契約者しょーすけよ。これで安心だ」  でみちゃんが落ち着くように言う。  だが、 「落ち着けるか、これは何だ、これは」 「何って手錠だが?これで、私とは運命共同体だ。安心したか?」 「するか!いざって時、逃げられねぇじゃねぇか」 「逃げる?何の冗談だ。私達はハントしにきたのだぞ。敵前逃亡は銃殺刑と相場が決まっている」 「何言っ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の14日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明後日の日曜日からは8番目の【読み切り小説】である【にゃんこの決断】の文字入力を開始する予定です。 あ、そうそう。 こっそり制作として18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】のメモはこっそり制作として、明日と明後日の朝、ブログを更新する前に早起きして、書くつもりです。 明日明後日の早朝で、60数ページのメモを取れる様になるまでやろう…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 その代わり、明日は一日、番組を見ていこうと思っています。 今日、応募出来なかったら、応募は明日する事になると思いますが、それとブログの更新以外は、番組を見ようと思います。 番組が溜まっていますからね。 明日、まとめて見ていこうと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、予定を変更して、制作をします。 昨日の作業で7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】の再チェック修正を終わらせました。 予定では明日やる予定だったのですが、今日、再々チェック修正を行い、準備が整い次第、応募します。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 確かに、僕が助っ人で呼ばれる場所ですが、基本的にその場所を定位置として居る人達の中で解決して欲しい問題ですからね。 僕がそれ以上言うのは越権行為だと思っているので遠慮したという訳です。 と言うような事がありましたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 新人さんはまた、わからない事があったら教えて下さいと言っていましたのでわかる範囲で教えますと伝えましたね。 それと、遅刻者に対して上司に言った件ですが、助っ人先の人から、上司が、一部の人にしか注意していないので、何か言ってと言われましたね。 と言われましても、基本的に僕の場所ではないので、僕がしゃしゃりでる問題でも無いと思ったので、【僕もそう思いますけどね】と同意は…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 と言う訳で、指を動かす練習として、親指から順番に小指まで指を開いて、小指から親指まで閉じていく練習方法なんかを教えましたね。 それと、【あいうえお】を重点的に練習して、それに慣れたら、【K】を押して、【カ行】の練習と言う様に順番に練習をして、少しずつ覚えると言うのと、一通り覚えたら簡単な文章を入力して、文字変換の練習もした方が良いですよと伝えました。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 新人さんがブラインドタッチを練習しているけど、上手く出来ないと言っていたので、練習方法などを教えたら喜ばれましたね。 僕は昔、ピアノとかやっていたので動くのですが、やって居ない人って、薬指とか小指はほとんど動かしていないから、指が動かないんですよね。 大体、親指、人差し指、中指を使って生活していますからね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 制作時間が惜しいので、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)065

 という俺の心の叫びは二人の美少女には届かなかった。  思春期の繊細な男心を壊さないでくれぇ。  俺のハートは割れやすいガラスで出来てるんだぁ……。  俺の気持ちを無視して、ゲームはスタートされる。  最初はジャングルのステージだ。  目的のモンスター――  写真で見たけど、無茶苦茶俺好みで色っぺーじゃねぇか。  こんなのに迫られたら俺、いっちまうよ。  こんな生殺しのク…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)064

「よし、わかった、受けて立とう」  バカ言うな。  そんな勝負受けられるか。 「や、やめよう。バカらしいし」 「何を言う。契約者しょーすけよ。ここは神聖なデミウルゴスフィールドだ。ここで行われる勝負は神聖なものだ」  そういう事言ってるんじゃねぇって。  俺達が負けたら、俺は外を歩けなくなっちまうんだよ。 「勝負に異論はないな」  ある。  大ありだ。 「異論はない。これは聖…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)063

「ま、まて、そんな勝負は……」 「案ずるな、契約者しょーすけよ。要は勝てば良いのだ」  勝てばって、お前…… 「クエストハントでは様々なお色気モンスターがお前達を襲う」  それって、地獄だろ、逆に。  気持ちよくなる変わりにいっちまったら、俺は大恥をかくことになる。  そんな危険な勝負はしたくない。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)062

「どういう事だデモゴルゴン」 「に、二度も言わせないで、恥ずかしい。……だから、前立腺を刺激して、漏らしてもらうの。年頃の男の子はそういうのあるんでしょ?」  ちょ、ちょっと待て――  ひょっとして、俺は勝負に負けたら、女の子二人の前で夢精させられるって事か?  それはダメだ。  死ぬほど恥ずかしい。  もう学校に行けなくなる。  冗談じゃない。  嫌だ。  絶対に嫌だ。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)061

「気をつけろ、契約者しょーすけ。何かを狙っているぞ」 「そりゃそうかもしれねぇけど、意味わかんねぇし」 「解らなければ教えてやろう」 「へぇ、そりゃ、聞きたいな、是非教えてくれ」 「ふふふ――」  悪党の様な笑いを始めるでもちゃん。  その恐怖の企みを知ったとき、俺は恐怖する。 「契約者しょーすけ、お前の興奮値がある一定以上に達すると前立腺を刺激して、お前はむむむ……むせー……する…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の13日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 【リトライ☆ヒーロー】の再チェック修正をします。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 土曜日はバイトはお休みですので【リトライ☆ヒーロー】の再々チェック修正と応募作業をしたいと思っています。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日も助っ人でしたが、久しぶりの場所への助っ人でした。 でも今週も4日連続、定位置には戻れていませんね。 何だかなぁ~と言う感じです。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

お休みなさい。

それでは、今日はこれで失礼します。 【制作】の【小説】の方は非常に順調なんですけど、番組を見るペースが結構、遅れ気味なんですよね。 どんどん、見てない番組が溜まっている状態なので、これをどこかで消化していかないとと思っています。 とりあえず、今日は出来るだけ見るという事にさせていただきます。 という事でお休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)060

「私は研究した。そして、弱点を発見した。契約者しょーすけ、お前だ、それは」 「は?俺?」 「何故それを……」  でもちゃんも認めちゃうの?  俺って足手まといなの?  じゃあ何で俺が契約者なの? 「今から、私はゲームマスターとなり、お前達の行く手を阻む。お前達は時間内に三体のモンスターをハントすれば勝ちとなる。契約者しょーすけが起きたらお前達の負けだ」  なんじゃそりゃ?  …

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)059

 しばらく待つとでもちゃんもやってきた。 「待ったぞデモゴルゴン」 「待たせたわね、デミウルゴス」 「勝負はいつもので良いな」 「嫌よ」  でもちゃんが拒否する。 「何?」 「嫌と言ったのよ。私はクエストハント勝負を挑むわ」 「クエストハント?」  俺は疑問符を浮かべる。  クエストハント……っていうからには冒険して何かをハントしてくるって事か?

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)058

 その夜、俺は早めに就寝した。  読書感想文を書くのに時間がかかると思ったからだ。  正直、召喚出来るもんだとは思っちゃいない。  俺はデミウルゴスフィールド――要するに、俺の頭の中に降り立った。 「良く来た、契約者しょーすけよ。ここで迎え撃つぞ」 「迎え撃つっつうか、俺は読書して感想文を書きに来たんだけど……」 「勝利すれば、出てくる。負けたら、君は罰当番だ」 「なんだよ、そ…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)057

「勝負よ。今度はどちらが読書感想文を召喚出来るかを賭けた」  でもちゃんがまた勝負を仕掛ける。  読書感想文って召喚出来るものなのか? 「望むところだ。デモゴルゴン。次も返り討ちにしてやる」 「今の内にいい気になっている事ね。次はそううまく行かないわよ」 「ふっ……」 「ふっ……」  にらみ合う両者。  また、あれをやるのか、俺の頭の中で……。  俺はため息をついた。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)056

「ちょっと待ちなさい」  そこへ、でもちゃんがやってきた。  彼女は、この前、弁当の件ででみちゃんに負けた事を根に持っている。 「デモゴルゴン、貴様は負けたのだ。大人しく去れ」 「一回くらい勝ったくらいで勝った気にならないでね。その前は不戦敗してるって事、忘れてない?」 「うっ……」  あぁ、俺が途中で起きたあれか……

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の12日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 19番目から25番目の【読み切り小説】ですが、作りやすい【小説】と作りにくい【小説】がありますね。 なので、同じように60数ページずつメモを取るというのもどうなのかな?とちょっと考えています。 まぁ、今書くことでも無いですかね? という訳で以上です。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 18番目の【読み切り小説】は、次の土日の早朝に作業をして、メモを取り終えたいと考えています。 問題は19、20番目の【読み切り小説】なんですよね。 これは基本的に【旅】をメインとして考えていますので、60数ページだとメモとして足りないかも知れないと言うことになります。 特に、19番目は100パーセント会話だけの【小説】にしようと考えていますので、70ページ以上…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 ちょっと無理をすればの話ですが、基本的に60数ページ、メモを取っている【読み切り小説】は、3日分の作業で100ページ目まで書き進められ、2日分で再チェック修正と再々チェック修正をすると考えると5日間の作業で、1つ出来る計算になりますね。 それは現在、8番目から17番目の【読み切り小説】も同じ状態であると言えます。 18番目の【読み切り小説】は現在30ページ目まで書き…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作で、【リトライ☆ヒーロー】の再チェック修正をします。 金曜日は午前中はバイト、午後は番組を見て、土曜日はお休みですので、この日に2回目となる再々チェック修正と応募作業をやります。 日曜日からは8番目の【読み切り小説】の【にゃんこの決断】の清書作業に入る予定です。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日の作業で、無事、7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】は、100ページ目まで到達しました。 後は、2回のチェックを残すのみですが、ちょっと間を空けた方が良いと思っているので今日の所はやりません。 明日、1回目のチェック、土曜日に2回目のチェックという様に間に1日、空けます。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 ただ、この連中は、何度言われても同じ事繰り返すので、またやるでしょうね。 何百回も繰り返しているみたいですしね。 でも言いたかったので今日は言わせていただきました。 この連中がクビにならないのが不思議なくらいだと思っていますが、僕にも我慢の限度がありますので、今日は言っちゃいましたね。 と言うわけで多少ムカムカしていますが、ただいまです。 今日もよ…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 定位置で仕事しようと思っているのですが、そんなんだから、定位置から外れた場所への助っ人三昧なんですよね。 定位置で一緒に働いている同僚に悪いと思いますが、呼ばれるから行くしかないし、遅刻や欠席を繰り返す馬鹿たれ共はどう思っているんだと思っていましたね。 今日は2カ所で遅刻した人間が出て、両方のフォローをやらされたので、もう我慢出来んと思って上司に言いました。 …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りでした。 いつも通りだったのでとうとう堪忍袋の緒が切れたので上司に注意した方が良いですと忠告しましたね。 遅刻者、欠席者が多すぎるんですよね。 今週は3日連続、遅刻者、欠席者の尻ぬぐい、先週は5日の内、4日がそれ。 その前からもちょこちょこ、ちょこちょこ休んだり、平気で一時間以上遅刻する人間が何人か居て、…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日は30ページ以上、文字入力しないと行けないので、時間との戦いです。 時間が惜しいので、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)055

「なぁ、でみちゃん、読んだ事に出来る裏技ってねぇかな?」 「あるぞ、契約者しょーすけ」 「マジで?どんなんだ、それ?」 「デミウルゴスフィールドに行けば、一瞬で読んだことにも出来る」 「それって、ひょっとして、俺の頭の中の事か?」 「そうだ。あそこではあらゆる事が可能となる。早速、今夜にでもやってみよう」 「そ、そうか、じゃあよろしく頼むわ」 「うむ、任せろ」  俺は、今夜もでみ…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)054

第三章 課題図書  ゴールデンウィークも間近となったある日、宿題が出た。  課題図書を読んで感想を書くというものだ。  最近、本を読まなくなった生徒を憂いた教師が本を読ませるのが目的らしい。  俺も漫画をたまに読む程度で全然、本は読まねぇから当然やってくるように言われた。  面倒臭ぇな。  どうにか短縮して読んだことに出来ねぇかな……。  そう思った俺は、でみちゃんに相談し…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)053

 そして、昼食の時間――  でみちゃんはサンドイッチを持って来ていた。 「ふっ勝利しての食事は旨いな」 「で、でみちゃん、それ……」 「契約者しょーすけ、君の頭の中で作ったサンドイッチだ。旨いぞ」  夢の中の出来事が本当に起こっていたかもしれない事に俺は驚いた。 「そ、それは……」  俺は気のせいだと思った。  でみちゃんの仲間になるつもりではいたが、まさか本当に俺の頭の中で…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)052

 よくやった、二人とも。  十分、俺を楽しませてくれた。  ありがとう。  サンキュウ。  謝々。  どちらが勝って、どちらが負けたかなんてどうでもいい。  俺は楽しかった。  ありがとう――本当にありがとうという気持ちでいっぱいだった。  そんな夢を見て、俺は朝を迎えた。  翌朝登校し、いつもの日常を過ごす。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)051

 勝負は俺が影響した。  俺が眺めの良い位置に移動した時、でもちゃんと目が合った。  それで、でもちゃんが恥じらった隙をでみちゃんが見逃さなかった。  上手投げで土俵の外に押し出した。 「そんな……」  天を仰ぎ、悔しがるでもちゃん。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の11日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】を100ページ以上になる様に書き進めます。 後、30ページ以上ですので、頑張れば何とかなるでしょう。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きは明後日の木曜日にする予定です。 今日、無事に終われば、木曜日は再チェック修正をします。 終わらなかったら、木曜…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 いつもの様に他の場所での怠け癖のある人達の尻ぬぐいですね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)050

 最後の第十三戦――  それは、水着相撲だった。  最終戦で何故、相撲?とも思ったが、俺にとっては嬉しいゲーム。  十二分に楽しませて貰うことになった。  がっぷり四つに組んだ、二人は互角の勝負を繰り広げた。  魔法は一切抜きの力と力の勝負。  水着が引っ張られて食い込み千切れそうになったり、俺の目を存分に楽しませてくれた。 続く。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)049

 ちょっと待て、衛生面は大丈夫なのか?とツッコミたくなるが、俺の意見は即座に却下された。  勝負は互角……と思われたが、明らかにでみちゃんの方は喰いたくねぇって気持ちになった。  料理中にネズミがダイブしたからだ。  俺はあれを食べねぇといけないのかと戦慄を覚えた。  結局、おれはでみちゃんの料理を吐きだし、勝利はでもちゃんの方となった。  六勝六敗で最終戦にまでもつれ込んだ。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)048

 第十二戦目は――  料理対決だ。  正直、昼飯を競うんだから、この十二戦目だけやれば良かったんじゃねぇか?って気分になるんだけどな。  が、これもただの料理勝負じゃなかった。  悪戯ネズミが食料を食べようとやってくるからだ。  二人は悪戯ネズミから料理を守りながら課題の料理を作り上げて行く。  時間は夢の中の時間だけど、2時間だ。  その中で出来た料理を俺が食べて、審査を…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)047

 第十一戦目は――  間違い探しだ。  複雑なジオラマを俺が、百点分、変更する。  それを二人同時に探して、多く間違いを見つけた方が勝利するというものだ。  これは、でみちゃんがまた勝利した。  六勝五敗となり、でもちゃんの方が後は無くなった状態となった。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)046

 第十戦目はファッションショーだ。  二人がそれぞれデザインした服をショー形式で次々と披露していく。  それを見た審査員ってか俺なんだけど、持ち点百点×百着の1万点満点で審査する。  俺は次々と変わる衣装を厳正に審査した。  っていうか、俺の好みの度合いを数値化していった。  結果は九千七百五十九対九千七百五十一で、でみちゃんに軍配をあげた。  理由は、水着が一点多かったのと、ラ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の10日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 と言うわけで明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 その午後の作業で、【リトライ☆ヒーロー】の清書を100ページ目まで書き進めようと思っています。 木曜日に再チェック修正、土曜日に再々チェック修正と応募作業と言う予定にしようと思っています。 メモがあるので、頑張ってやれば、決して不可能ではないスケジュールだと思います。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日の作業で、7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】は予定通り70ページ目まで進みました。 18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】のメモも30ページ目まで進んでいるので、一応、順調に進んでいますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 目標体重に達するまで、コーヒーを断っているんですけど、なかなかそこまで体重が減らないんですよね。 もう、1年くらいはコーヒー飲んでませんね。 いつやめたか覚えていませんが、もう、1年以上は経っていると思います。 と言うわけでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 いつも通りですね。 忙しかったです。 バイトから帰ったら体重をはかっているんですけど、体重落ちてましたね。 増えたり減ったりの繰り返しで、休みの日と休み明けの体重差が4キロくらいあるんですよね? それだけ汗をかくと言うことなんでしょうけど、体重で一喜一憂していますね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 午後からは制作をしますが、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)045

 第九戦目はバスケだ。  シュートを決めれば二点、離れた位置からなら三点が入るというのは変わらないが、細かいルールが違っていた。  まず、ドリブル禁止。  パスでつないでいかないとダメで、三秒以上持っているとボールが破裂して相手のボールになる。  ボールは途中で二個になったり三個になったりする。  ボール毎に得点が決められていて、二個目は二倍、三個目は三倍の得点が入る事になっている…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)044

 こいつら夢の中だと思って好き放題やってくれるな。  俺の厳正な審査の結果、勝ったのはでもちゃんだった。  負けているでみちゃんに票を入れる訳にはいかなかった。  明らかに、技術的にでもちゃんの方が綺麗に描けていたからだ。  これで、三勝五敗。  もう一回しか負けられない状態になった。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)043

 第八戦は――  美術コンテストだった。  ヌードを描いて綺麗な方が勝利となる。  俺は、服から元に戻された。  どうでも良いけど、俺の扱い、かなり雑じゃねぇか? 「さあ、脱ぐのだ、契約者しょーすけよ」  でみちゃんが脱衣を催促してきた。 「脱ぐって俺が?そこは普通、女の子がやった方が良いんじゃねぇの?」 「私は描かねばならん。だから脱ぐのだ」 「男が脱いでもえづらが汚…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)041

 だが、あれこれ悩んでいる暇など無かった。  ゲームはスタートしていたからだ。  この迷路は落とし穴やシャワーはもちろん、モンスターや壁が変形する等のトラップも多々あった。  俺には全然解けない問題を解かないと先に進めなかったりして、二人との学力の差を見せつけられるようなゲームだった。  正直楽しくなかった。  俺の頭に知らない知識とかが入り込んで気持ちが悪かった。  夢を見ていると…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の9日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 後、こっそり制作として、来週の土日の早朝の作業で、18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】のメモを60数ページ目まで書き進められたら言うことないですね。 まぁ、それは理想と言うことで考えています。 以上ですね。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 本来のパターンだとその後に8つ目の【読み切り小説】である【にゃんこの決断】の清書作業に入るのですが、【リトライ☆ヒーロー】は応募しようと思っていますので、土曜日の作業で、2回目の再々チェック修正をして、そのまま、応募作業をしたいと思っています。 【にゃんこの決断】の作業はその後からですね。 【にゃんこの決断】と次の9番目の【読み切り小説】である【トラブル&エスケーパ…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見たいと思っています。 来週も土曜日はバイトはお休みだと思いますので週5日出勤です。 それで、今日の次の作業予定日は火曜日ですね。 その日の作業で、【リトライ☆ヒーロー】を100ページ目まで進めて、文字入力完了したいと思っています。 それで、木曜日の作業で、1回目の再チェック修正をするという感じですね。 …

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 午後からは制作をします。 7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】が現在、30ページ目まで清書しているので、これを70ページ目に到達するまで書き進めようと思っています。 多分、午後だけでは終わらずに夜の作業にも入ると思いますが、70ページ目に行くまではやり続けたいと思います。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 昨日は所用とか入ってしまいましたから、制作は出来ませんでしたが、今日は今朝の分のこっそり作業とは別に午後から作業をしたいと思っています。 ただ、見てない番組がたくさん溜まっているんですよね。 これも何とかしないと行けないなと思っていますので、その辺りの調整をしながらの作業になると思います。 あ、でも今日は40ページ分作業するんで、それは明日以降になるかな? …

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝、4時起きでした。 こっそり制作として18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】のメモを作りましたが、今日の所は10ページ分作るのがやっとで合計30ページ目までと行った所ですね。 もう少し早く起きれば、もっと進んだんですけどね。 まぁ、本作業ではないので、ちょこちょここっそり作業で積み重ねて行けば、また、60数ページ…

続きを読む

追伸15

続きです。 他の設定はほとんどまっさらの状態ですね。 という訳ですみません。 ダラダラとモヤモヤした内容を書いてしまって。 以上、報告でした。

続きを読む

追伸14

続きです。 主人公の事とかはあまり考えていませんが、展開としてはどちらも日常を生きていて、突然、なんだかわからない存在に命を脅かされて抵抗すると言う感じのストーリーにしようと思っています。 という訳で【テーマ】は【未知との遭遇】で、それぞれ、男女の主人公という事にしています。 続きます。

続きを読む

追伸13

続きです。 ただ、24番目と25番目の時は大体こんなストーリーを作ってみようと思って考えただけなので、しばらく考えて、【やっぱ、やーめた】と思うこともあるかも知れません。 どちらにしても今の状態のままだと作ってもあまり意味がないかな?と思っていますので、追加設定を思いつくまでの待ちの状態と言う事になりますかね? 続きます。

続きを読む

追伸12

続きです。 多分、【ファーブラ・フィクタシリーズ】よりはおとなしめの感じの展開になりますね。 今の段階では、24番目も25番目も素案に近い形でのアイディアなので、しばらく放置して時々考えて行く内に、設定が肉付けされて行くことになると思います。 今回は数合わせとして、大体、どんなジャンルのストーリーにするかを決めただけなので、そんなに深く掘り下げていません。 続きます。

続きを読む

追伸11

続きです。 それよりは丁度ほど良い感じに脅威になる様な設定になると思います。 なので、【ファーブラ・フィクタ】の【答えの力】や【謎の力】などの様に、【屁理屈】的な考えの滅茶苦茶な【力】は登場しないと思います。 それよりは、ファンタジーの世界では登場しがちな【能力】なんかを登場させると思います。 続きます。

続きを読む

追伸10

続きです。 これもパターン的には何だかわからない生命体?が発見されて、何かがきっかけで動き出してしまうという設定にしようと思っていますが、これだと何のひねりも無いので、どこかは変わった設定を作ると思います。 ただ、十中八九、【ファーブラ・フィクタシリーズ】に登場する様なぶっ飛び過ぎた設定にはしないと思います。 続きます。

続きを読む

追伸9

続きです。 25番目の【タイトル】は【ディスペア・モンスター(絶望怪物)】で、女性が主人公の話になります。 これも何だかわからないけど、絶望的な力を持った怪物が出現し、女の子達がそれに立ち向かうというストーリーにしようと思っています。 続きます。

続きを読む

追伸8

続きです。 ただ、僕はひねくれていますので、作るのに時間が経てば経つほど、変わった設定に作り替えてしまう可能性は高いと思っていますね。 例えば……いや、やめておきましょう。 今、書いちゃうとまた、ズルズル書いてしまいますので、これはこれくらいにしておきましょう。 続きます。

続きを読む

追伸7

続きです。 7体の女性型の生命体の化石か何かを発見した研究者達がそれを目覚めさせてしまい、パニックに陥るというありふれたストーリーになると思いますが、どこか、普通じゃない設定もどこかに盛り込もうと思っています。 あんまり、今の段階で決めてしまうと、作りたくなってしまうので、出来るだけ考えない様にしていますが、場合によってはオーソドックスな話にするかも知れませんね。 毎回、奇をて…

続きを読む

追伸6

続きです。 その結果、たどり着いた【タイトル】が24番目が男性が主人公の話で【七色のファム・ファタル】と言う事にしました。 【ファム・ファタル】と言えば男性を惑わして破滅に導くようなイメージのある名前なので、これにしました。 続きます。

続きを読む

追伸5

続きです。 最初はゾンビとか死体、吸血鬼なんかにしようかな?とも思いましたが、ありきたり過ぎるから、最終的には何だかよくわからないものが現れて、それを解明しながら、立ち向かって行くストーリーにしようと思いましたね。 それで、それに見合うタイトルを外出から戻ってから色々と探したんですが、なかなかピッタリ行く【タイトル】が思いつかなくて苦労しましたね。 続きます。

続きを読む

追伸4

続きです。 色々テーマで悩んだんですけどね。 あーでもない、こーでもないで。 その結果、たどり着いたテーマは【未知との遭遇】にしようと言う結論に達しましたね。 要するに、何だかわからない存在が現れて、人類代表として、主人公達が持てる力を使って立ち向かうという感じのストーリーにしようと言うことにしました。 続きます。

続きを読む

追伸3

続きです。 丁度、所用での待ち時間とかがあったので、その間に考える事にしました。 22番目と23番目が【部活動】と言うテーマで共通していて22番目が女性、23番目が男性主人公と言うことにしていました。 同じように24番目と25番目も同じテーマにして、男女別の主人公にしようというルールで考えましたね。 続きます。

続きを読む

追伸2

続きです。 先日、ブログで書いた22番目の【マイナークラブ】と23番目の【不思議倶楽部】ですが、これは24番目と25番目の4つセットで、1つのターンとして考えていました。 なので、2つだけ考えて、後、ほったらかしというのは僕にとってちょっとモヤモヤした状態で放置しておくと言う事なので、やっぱりどんなジャンルになるかだけでも考えておこうと言うことになりました。 続きます。

続きを読む

追伸1

追伸。 所用の外出から戻って参りました。 ただいまです。 それではちょっと思いついた事があったのでもう少し更新したいと思いますのでよろしくお願いします。 思いついた事とは24番目と25番目の【読み切り小説】のアイディアになりますね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)040

 第七戦は迷路だった。  先にゴールまでたどり着いた方が勝ちというゲームだ。  お、知ってる。  これなら解るぞ。 「おい、これの攻略法は知ってるぞ。片方の腕を壁側につけてそれをなぞっていけばゴール出来るぞ」  俺は得意げに言った。 「甘いぞ、契約者しょーすけよ、それだとゴールまで時間がかかってしまう。それにこの迷路は特別製だ。3D迷路になっているからその常識は通用しない」  …

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)039

「動くな。集中できん」 「動くなって、ちょっと無理だろ、これは。密着しすぎてるぞこれは」 「二人のシンクロによって敵を倒すのだ」 「シンクロってドキドキして、それどころじゃ」 「行くぞ」 「話を聞けって」  俺の動揺を全く無視して、第七戦が始まる。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)038

「おーい、どうしたら良いんだ俺は?」  一応、でみちゃんに聞いてみる。 「契約者しょーすけ、ピンチだ」 「解ってるよ。向こうは四勝だもんな」 「しかたない、ならば、こうだ」 「え?ちょ……」  俺は彼女の魔法で彼女のシャツになった。  そのまま、でみちゃんは俺を着た。  彼女の柔らかい感触が俺の股間を刺激する。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)037

 バケツをかぶって、服が透けたり、鋏でスカートが破けたり美味しい展開が続くが、梯子を上に上がっていくと小さくてよくわからなくなるな。  あんまり美味しい展開じゃなかったな、これは。  これも、でもちゃんが勝利した。  これで、でもちゃん四勝、でみちゃん二勝で、ピンチだな、これは。  何か協力した方が良いのか?

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)036

 早速、レースがスタートする。  でも下から丸見えなんですけどこれ。  良いのか?  本人達は気にしないのか?  俺の心配っていうか期待どおりの展開となった。  俺にサービスしてくれているようにも思えるなこの勝負。  こんな勝負ならいつまでもやってくれと言いたいな。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の8日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、外出しますので今日は制作日になっていません。 という訳でこの後は番組を見ていきます。 午後になったら所用で、外出します。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】を作って行きます。 【リトライ☆ヒーロー】は現時点で30ページ目まで進んでいますので、日曜日の制作では70ページ目まで清…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、2時から起きています。 こっそり制作として、18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】のメモを20ページ目まで書き進めましたね。 順調ですね。 サクサク進んだ感じになっています。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

改めましてお休みなさい。

この後ですが、ちょっと寄り道してしまいましたが引き続き、番組を見ようと思っています。 それでは今度こそ改めましてお休みなさい。 また、明日。

続きを読む

追伸10

続きです。 性格ですが、主人公は天然が入ったマイペース人間、ライバルの方はツンデレさんにしようかな?と考えています。 お互いを意識しあっている関係だけど、主人公の方がのんきに構えているという感じですかね? という所までを考えましたので追加情報として、書かせていただきました。 何となく面白くなりそうな感じがするのですが、いかがですかね? 以上です。

続きを読む

追伸9

続きです。 これも廻りから承認を得られにくい部活になりますね。 これも部員集めからする事になると思います。 ただ、ライバルの方は最初はメジャーな部活に入っていて、それなりに活躍していたという設定にしようと思っています。 ですが、主人公が自分の好きな事の部活を始めるのを見て、ライバルも自分もやりたい事をやる部活を始めたいと思うようになり、活躍していたメジャーな部活をやめて、…

続きを読む

追伸8

続きです。 探すものは何でも良いのです。 珍しい形の石でも良いし、珍しい写真でも良い。 凄い特技を隠していた逸材を見つける事でも良い。 とにかく、日常に埋まっている凄い事を見つけるという【マイナークラブ】になります。 続きます。

続きを読む

追伸7

続きです。 主人公の女の子は【自分の作ったキャラクター】を活躍させたいという夢があり、それで作った部活になりますね。 少しずつ仲間を増やして活動していくという【マイナークラブ】になります。 対して、ライバルの女の子が立ち上げた【マイナークラブ】の【トレジャーハント部】は簡単に表現すれば【宝探し部】になりますね。 続きます。

続きを読む

追伸6

続きです。 【文芸部】と違い、まずは【キャラクター】ありきのもので、その【キャラクター】を様々なメディアミックス化させて、活躍させて行こうと言う部活になります。 先生と生徒会には、【文芸部や美術部なんかで良いんじゃないの?】という偏見で見られる部活で、なかなか承認を得られないという展開ですね。 続きます。

続きを読む

追伸5

続きです。 それで【キャラクター創作部】ですが、【文芸部】などと違う点は、まず、【キャラクター】を作るという点が挙げられます。 【キャラクター】を作って、その【キャラクター】を活躍させるために、まずは、イラストに起こし、小説や漫画を作って、【キャラクター】を物語の中で活躍させたり、フィギュア化や自作アニメーション化、コスプレなど、様々な展開をしていくというものになります。 続き…

続きを読む

追伸4

続きです。 それで、主人公の女の子の方が立ち上げる部活は【キャラクター創作部】にしようと思っています。 ライバルの女の子が立ち上げる部活は【トレジャーハント部】にするつもりですね。 それぞれ、部員が誰も居ない1人の状態から部員を集めて部活昇進を目指して同好会から始めるという事になります。 続きます。

続きを読む

追伸3

続きです。 という訳で、主人公の女の子とライバルのキャラクターが居て、それぞれ、1つずつ新しい部活を立ち上げるという事にしようと思っています。 ライバルの性別ですが、幼なじみの女の子と言う設定にしようと思っています。 二人はライバル関係にあり、同時に新しい部活を立ち上げますが、それぞれ、相手に負けたくないと言う気持ちもあるという事にしようと思いました。 続きます。

続きを読む

追伸2

続きです。 ですが、とりあえず、どんな部活にするかを決めましたのでそれを書こうと思います。 基本的に【読み切り小説】なので、続編は作れる様に作るつもりですが、100ページくらいのものとして考えると出来てもマイナーな部活の数は1つか2つかな?と思っています。 1つにはしたくないので、そうなると必然的に2つのマイナークラブという事になります。 続きます。

続きを読む

追伸1

追伸。 番組を見ている途中なのですが、22番目の【読み切り小説】の追加設定を思いついてしまったので、とりあえず、メモを取るついでにブログでも書こうと思いました。 22番目の【読み切り小説】の【タイトル】は【マイナークラブ】ですが、前の更新では、主人公が女の子でライバルと一緒に一から部活を立ち上げるという事は書きましたが、具体的にどんな部活にするかは書いていませんでした。 続きま…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)035

 続く第六戦は――  天空までとぎれとぎれに続く梯子。  それを早く昇った方が勝ちというものだ。  何か、そういうゲームが昔にあったような無かったような気がするな。  途中には相手を邪魔したりするアイテムや回復アイテムがあるみたいだな。  どうでも良いけど、俺の頭の中が遊技場と化しているな、これは。 続く。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)034

 夢の中だから、太るって事はないだろうけど、実際にやったら何処の大食い大会だって話になるな、こりゃ。 「モガー」  百二十七個のシューを食べたでみちゃんが何かを引き当てたらしい。  転がり回ってもだえ苦しんでる。  ちょっとパンツも見えちゃったな。  何だか得した気分だ。  またでもちゃんの方が盛り返したようだ。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)033

「じゃ、じゃあ私から行くぞ」  でもちゃんが食べる。  が、一つじゃない。  三つのシューを食べた。 「ど、どうかしら?」  にやりと笑う。  どうやら、一つずつじゃないみたいだな。 「や、やるな、ならば……」  続いてでみちゃんは五つのシューを食べてみせた。 「ど、どうだ?」 「ふ、ふふ、やるわね、こっちは七つよ」 「こっちは十個だ」  どうやら、前にやった方より、多く…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)032

 小さい二人も何だか可愛らしい。  家に持って帰りたくなるな、これは。  俺はミニサイズの二人のレースを楽しんだ。  これは、でもちゃんがタッチの差で勝った。  続く第五戦――  無数に並んだシュー生地。  これはお笑い番組で見たことあるぞ。  中に、わさびやらからしやらが入っているってやつだ。  これは見ていて楽しそうだ。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)031

 この勝負は、悲鳴の少なかったでみちゃんが連取する事になった。  続いて第四戦――  でみちゃんとでもちゃんは小人サイズに小さくなった。  そして、三百メートルくらいのコースが出現する。  コース上にはたくさんの小動物がエサを食べている。  小さくなった二人はこのコース上にいる小動物達を乗り継いで先に、ゴールした方が勝ちというゲームだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の7日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後から所用で外出します。 明後日の予定ですが、午前中は番組で午後は制作、【リトライ☆ヒーロー】の清書を70ページ目までを目指して文字入力します。 40ページ分の作業なので出来なかったらごめんなさい。 出来るだけ、ノルマ達成はしたいと思っています。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 それにローテーション作業なので、【読み切り小説】3、4作品、【ファーブラ・フィクタ】3、4作品、【クエスト・ガイド~冒険案内人】(エブリスタさんでの公開&ホームページ【よったろー屋本舗】での公開)3、4作品ずつ作っていくので、まだ、そんなに考えをまとめなくても良いかな?とも思っています。 という様な事を考えた所でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 一応、記事として書いた部分は、メモとしてとっておこうと思っていますが、実際に作るのに時間がかかってしまいますからね。 後で変更なんて場合も考えられるので、まだ、【作品】を作る前の【イメージ】の段階だと思っていただければ、良いかな?と思っています。 ただ、今のターンで作るのは7番目の【リトライ☆ヒーロー】ですし、こっそり制作も18番目の【ファトゥウス・サピエンス(愚者…

続きを読む

こんにちは11

続きです。 という訳で22番目と23番目は前述した通り、【部活動】がテーマの話にする予定です。 この2作品と同じターンの24番目と25番目の【読み切り小説】はまだ考えていませんが、22番目と23番目の【読み切り小説】と同じ様に男女別で、【同じテーマ】の【読み切り小説】にして見ようかな?と思っています。 まぁ、どうしても思いつかなかったら、予定変更して、別々の話になる事もあり得ま…

続きを読む

こんにちは10

続きです。 主人公の男の子自身は不思議な力を持たせるかどうかはまだ未定ですが、不思議なキャラクター達が不思議な事を運んでくるような学生生活に関係したイベントを書こうと思っています。 ただ、あまり、受験とかそういうのは書かないでおこうと思っていますね。 受験勉強と言うよりは友達と何かやったりする話ですかね? なので部活動がテーマになっています。 簡単に書けば、そんな感…

続きを読む

こんにちは9

続きです。 23番目の【読み切り小説】である【不思議倶楽部(ふしぎくらぶ)】の主人公は男の子ですね。 主人公は【不思議倶楽部】と言う部活に興味を持ち、入部するのですが、そこに在籍しているのは変わり者の集団であり、彼等の居るところ、不思議な現象が巻き起こるという学園ファンタジーみたいな話を作ろうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 主人公の女の子は1つじゃなくて、2つか3つの【マイナー】な【クラブ】を立ち上げて、それぞれ部員を探すか、それとも、主人公とライバルが居て、それぞれ、【マイナー】なクラブを立ち上げて、競争するか?のどちらか、もしくはその両方の路線で話を進めようかな?と思っています。 メジャーじゃないマイナーな何かというのはまだ決めてませんが、それを考えてから話を作っていこうと思っていますね…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 22番目の【読み切り小説】である【マイナークラブ】の主人公は女の子にしましょうかね? タイトルにもあるように、【マイナー】な【クラブ】と言うことになるのですが、最初は1人から初めて【同好会】に昇格するのを目指して、最終的には【部活動】として認めてもらう様にするというわりとありきたりな展開の話になりますね。 ただ、【マイナー】なものを何にするか?というのをちょっと変わ…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 この22番目と23番目の【読み切り小説】のテーマは、【部活動】にしようと思っています。 22番目の【読み切り小説】にする予定の話は、【マイナークラブ】、23番目の【読み切り小説】にする予定の話は、【不思議倶楽部(ふしぎくらぶ)】にしようかな?と思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 16番目から18番目の【読み切り小説】が女の子が主人公、19番目から21番目の【読み切り小説】は男女の主人公と来ましたので、次は、男性が主人公の話が2つ、女性が主人公の話が2つという事にしようと思っていましたが、それ以外は何も考えていませんでした。 ですが、バイトから帰る時間でちょこっと考えて、男性が主人公の話を1つ、女性が主人公の話を1つ、ちゃちゃっとイメージしましたね…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 このターンは【ファーブラ・フィクタ】がファーブラ・フィクタ編の第002-10話から第002-13話の4話を作る予定なので、このターンの【読み切り小説】も4作品と言うことにしています。 普段は3作品ずつですけどね。 と言うわけで、4つ作ります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 ローテーションで考えると16番目から18番目で、1ターン、19番目から21番目で次のターンとして考えていて、18番目が【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】、19番目が【彼と彼女の一人旅】、20番目が【僕と私の秘密旅】、21番目が【愛殺(あいさつ)―殺し愛のカップル】と言うところ(タイトル)まで考えています。 22番目から25番目はその次のターンと言うことになります。 …

続きを読む

こんにちは2

続きです。 という訳で、昨日の作業では一気に30ページ目まで作りました。 その報告をしましたね。 それと、こっそり制作などで、17番目の【読み切り小説】の【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】のメモを60数ページ目まで作ったので、そろそろ、22番目から25番目の【読み切り小説】のジャンルくらいは決めておこうかな?と思いましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りですね。 今日はいつもの人に昨日から作り始めた7番目の【読み切り小説】である【リトライ☆ヒーロー】についての話を少ししましたね。 メモをとっているので、通常の作業より早く出来ると伝えました。 普通に作ったら、平日は、1日10ページから15ページくらい書ければ良い方かな?と言う状態ですが、メモを取っている状態なの…

続きを読む

追伸。

追伸。 作業中ですが、ニュース見たので更新します。 藤井二冠誕生しましたねぇ。 それと八段昇進おめでとうございます。 凄いですね。 八大タイトル取るのも夢じゃないですねぇ。 いつか取られるんじゃないですかね? 僕も精進したいと思っています。 さて、文字入力の続きと行きますかね?

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 少しでも作業時間が欲しいので今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)030

 続いて第三戦――  それは、デンっといきなりそびえ立った、不気味な洋館。  それをスタート地点の入り口から屋上までのタイムを競うゲームだった。  二人は怖いからと言って、俺をサポートとして同行させた。  俺が二人に増えた時は正直ビックリした。  何で二人いるんだとパニックになりかけた。  が、キャーキャー怯える美少女二人に抱きつかれて俺は鼻の下を伸ばしてしまうような良い思いをさ…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)029

 そこまで思いかけて、すぐに納得した。  ゆるキャラが一瞬、ドクロに変わる瞬間がある。  その一瞬にドクロを撃ち抜けば、ポイントになるんだ、これは。  ゆるキャラを撃ち抜けば、減点。  要はドクロを撃ち抜いた回数を競うゲームなんだこれは。  おいおい、二人だけで楽しまないでくれよ。  俺も混ぜて欲しいな、これは。  そう思えるくらい楽しそうだった。  勝負の方は、今度はで…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)028

 穏やかな目でゆるキャラ達を眺めている俺とは裏腹に、でみちゃん、でもちゃんは大きな水鉄砲みたいなものを装備した。  そして―― 「シューティング!!」×2  かけ声と同時に、ゆるキャラめがけて撃ちまくる。  おいおい、何をやって――

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)027

「くっ、次は負けん」  悔しがるでみちゃん。 「返り討ちにしてくれる」  ふんぞり返るでもちゃん。  二戦目が続けて行われる。  ふと見ると空にいっぱい可愛らしい生き物がぷかぷか浮いている。  どれもこれもゆるキャラっぽいな。  こうして見るとなんだか和むな。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)026

 それを示すように、でもちゃんの所の左腕の一つがピースサインを作り、でみちゃんの右腕の一つがパーをだした。  ――あぁ……そういうことね。  何となく、解ってきたわ。  とにかくゲームをやって七勝しろって事か。  なるほどねぇ……

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の6日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 そういう訳でようやくローテーション通りの作業に入ります。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 土日の早朝の時間に早起き出来たらこっそり作業として18番目の【読み切り小説】の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】のメモを作ろうと思っています。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 【にゃんこの決断】の作業に入るかも知れませんし、先んじて、どこかに応募するために続けて2回目のチェックをしてしまうかも知れません。 まぁ、終わってからの判断ですね。 【リトライ☆ヒーロー】は60数ページメモを取っていますので詰まる所なく、終わると思いますので、予定通り終わったら、そのまま、応募に向けて作業を進めるかも知れませんね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 今週の土曜日はお休みですが、土曜日は所用で出かける事になるので、午前中は番組を見て午後は外出という予定になりそうなので、制作は出来ないと思っています。 【リトライ☆ヒーロー】の2回目の再々チェック修正については、様子を見てからと言うことになると思います。 続きです。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 今日から7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】の清書になります。 目標は30ページ目までですね。 予定としては、今日の作業でそこまでやって日曜日の作業で70ページ目まで、来週の火曜日の作業で100ページ到達、来週の木曜日の作業で1回目の再チェック修正を終えるつもりでいます。 続きます。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトですね。 いつも通りですね。 と言うわけでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)025

「やったぞ、契約者しょーすけ」  めくったでみちゃんが叫ぶ。 「だから何が?」  俺は意味が解らなかった。 「ふっ甘いぞ、デミウルゴス」  不敵な笑みをうかべるでもちゃん。 「な、まさか……」  焦るでみちゃん。  めくれて出てきたのは豚肉やアスパラガスがおかずのお弁当だった。  そこで、鈍い俺もようやく気付く。  おそらく、でみちゃんはサンドイッチを出したかったんだろう。 …

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)024

 俺の疑問を余所に、交互に風を起こしてはカードを裏返し、それが全て飲食物に変わるという作業を続けた。 「おーい、俺を置いて行かないでくれぇ~説明してくれぇ~」  俺は答えを求めたが、二人は黙々と裏返し作業を続けた。  そして、十八回目の時――  ピコン  という音がした。 「当たりです。当たりです」  という声が何処からともなくあがった。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)023

「無念……」  何が無念なんだ?  そう思っているとでもちゃんも風を起こし、四枚のカードが裏返った。  出てきたのは――  きつねそば  カレーライス  ペペロンチーノ  クリームソーダ  だった。 「無念……」  だから、何が無念なんだ?

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)022

 一戦目はでっかいカードの様なものがフィールド内に無数に散らばった。  何が起きるのかと思ったら、先行のでみちゃんが風のようなものを起こして、カードを飛ばす。  裏返ったカードはドロンと食べ物に変わる。  三枚のカードが裏返り、出てきたものは――  鍋焼きうどん  ポテトサラダ  湯豆腐  の三つだった。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)021

 それは、最大十三回戦って、先に七勝を先取した方が勝ちというものだった。  勝負が行われ、勝敗が決すると、勝った方が勝利の印、ピースサイン、つまり、チョキ、負けた方が降参の印としてパーを出す事になる。  要するにチョキの数が七つ揃った方が勝ちというものらしい。  だけど、たかが昼飯を作るだけなのに、ここまで大げさに勝負しなくても良いような気がするんだが……  呆気にとられている内…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の5日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 昨日のこっそり制作で17番目の【読み切り小説】の【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】のメモは取り終えましたので、明日からは7番目の【読み切り小説】の【リトライ☆ヒーロー】の清書を開始します。 メモを取っているのでそんなにかからずに100ページのノルマを達成すると思っています。 まずは…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、こっそり制作をします。 【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】のメモをノルマの60数ページ目まで作ります。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)020

 二人はしばらくにらみ合い、そして、戦闘?が開始された。  二人が次々に描き出す魔法陣から、巨大な腕が飛びだして来た。  でみちゃんは右腕が十三本、でもちゃんは左腕が十三本だ。  双方の腕はみんな握り拳、つまりじゃんけんで言うところのグーの状態だった。 「な、何が始まるって言うんだ?」 「契約者しょーすけよ、説明しよう」  でみちゃんが俺の疑問に答えてくれた。 続く。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)019

「勝った方がそこで調理する。異論はないな」 「ない」  ゴゴゴという感じの音がする。  二人は燃えている。  逆に俺はちょっと、いや、かなり引いている。  俺の頭の中で何をやっているんだ、こいつらは……と思ってしまう。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)018

「ふはは、我が宿命のライバル、デミウルゴスよ。明日の昼食は私が作る。覚悟は良いか」  デモゴルゴンも宣言する。  うわぁ、でもちゃんも同じかよ。 「望むところだ。私は、パン、ハム、レタス、卵にシーチキンを用意した」  デミウルゴスが献立を発表した。 「なかなかやるな。私はご飯、卵、豚肉、アスパラガス、海苔に調味料を用意した」  デモゴルゴンも献立を発表する。  おいおい、何をやろう…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)017

 彼女の言うことはいまいちわからんな。 「じゃあなんなんだ?」 「明日のお昼がかかっている」 「は?」  明日のお昼――  その単語の意味が俺にはよく解らなかった。 「明日のお昼だ。私はサンドイッチを作ろうと思っている」 「おいおい、なんだよ、明日の昼飯の事かよ。今、関係ねーじゃん」 「ある。私はここで作ろうと思っている。今日負けてしまったら私は購買部でパンを買うことになってしま…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)016

「そうなのか?」 「そうだ。だが、このフィールドを狙いに来る者がいる。それがデモゴルゴンだ」 「後楽、いや、【でもちゃん】でいいか、でもちゃんも俺の頭を狙っているのか?」  俺は頭が混乱しそうだった。  俺の知らない間に俺の頭の中のフィールドとやらを取り合って美少女二人が争っていたとは夢にも思わなかった。 「デモゴルゴンも造物主だ。私と同様に、このフィールドは手に入れたいと思っているは…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の4日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 まぁ、【リトライ☆ヒーロー】は次の制作日にしている明後日の木曜日に始められれば良いかなと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日は今日の続きをする予定ですが、多分、今日中に【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】は終わると思いますので、明後日からは、【リトライ☆ヒーロー】の作業に入れると思っています。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 本来であれば、7番目の【読み切り小説】である【リトライ☆ヒーロー】の清書をする予定でしたが、こっそり作業に切り替えて、17番目の【読み切り小説】である【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】のメモを取ろうと思っています。 これは50ページ目まで取っていますので、ノルマの60数ページまで後、10数ページと言う事から作ってしまおうという事にしました。 …

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日もやっぱり汗びっしょりでした。 と言うわけでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)015

第二章 お弁当を巡って  その日の夜、俺はまた夢を見た。  偕楽と後楽の出てくるあの夢だ。  前回は授業中の居眠りってのもあったし、逃げ出してしまったからな。  今回はどんな世界なのか、見極めねぇとな。 「おーい、偕楽、来たぜ」 「契約者しょーすけ、ここでは私はデミウルゴスだ。そう呼ぶがよい」 「じゃあ、【でみちゃん】で」 「……まぁそれでいい」 「サンキュ、――で、で…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)014

「あー……何だかちょっと楽しくなって来たかな?なぁんてな」 「楽しい事は良い事だ。次こそはデモゴルゴンに勝つ」 「おれはデモゴルゴンとも仲良くしたいけどな」 「彼女は宿命のライバルだ。仲良くなどありえん」 「楽しく行こうぜ、楽しく」 「そうはいかん」  会話が弾む。  さっきまでは嫌々話していたが、今は何だかこいつと話すのも楽しく思えた。  なんせ、俺と偕楽、そして後楽だけの秘密…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)013

 変人だと言いたい奴には言わせておけば良い。  俺はこっちの世界で生きていく。  なんたって俺の好きな女の子が二人もいる世界だ。  その他の人間なんていらない。  俺達は俺達の世界で生きていく。  俺は人の目を気にしないで自由に妄想する世界の住人になる事を選択した。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)012

 半ば、自暴自棄になっていたというのもある。  一人になるくらいなら偕楽と――  そう思ったんだ。 「君ならそういうと思っていた。ようこそ、こちらの世界へ」  そういう偕楽は鷲鼻付き鼻眼鏡を取って微笑んだ。  ありがちな、お約束かも知れないが、素顔の彼女は可愛かった。  すんごく可愛かった。  それこそ後楽にも引けを取らないくらいに。  後楽に偕楽――  こっちの世界には俺好み…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)011

 ズキッっと響いた。  俺は何てつまんない人生を歩んで来たんだろうか?  そう思った。  俺は今まで、普通の人間と思われるように努力してきた。  いや、努力したというのは違う。  人と違う事をする事に臆病になっていたんだ。  人と外れる事が怖くて、人に合わせて生きて来た。  そして、ちょっと変な事があっただけで、省かれるような本当に薄っぺらい友達付き合いをしていた事を思い知った。 …

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の3日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

実は昨日はあまり寝てないんですよね。 起きてこっそり作業をしていました。 おかげさまで17番目の【読み切り小説】である【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】を50ページ目までメモを取りました。 また、昨日の午後の作業で【年賀状アニメーション】と【静止画年賀状】は、きっちり5セット分、終わりました。 という訳でノルマ達成なので、今日の所は、番組を見ようと思っています。 …

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日からまたバイトです。 今週の土曜日もお休みですので5日出勤ですね。 今日は無茶苦茶忙しかったです。 汗だくになってしまいましたね。 寝不足だったのもあって倒れそうでしたね。 と言う訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

追伸2

続きです。 まぁ、1.6倍のやつでも良いかと思ったので、取り替えませんでしたが、やっぱり鬼門ですね、その店は。 という訳でハズキルーペ手に入れました。 それとは別の機会で眼鏡も新調しようと思っています。 度数が進んだのか? 眼鏡を掛けても見えない文字ってあるんですよね。 ずっと度数の低いやつを利用していましたが、そろそろ限界ですね。 使っている眼鏡は全部…

続きを読む

追伸1

追伸。 昨日、ユニクロさんに行った後、別のお店で、ハズキルーペを買ったんですが、店の人の手違いで1.6倍の商品になってましたね。 僕は1.85倍のやつを頼んだんですけどね。 そのお店はいっつも何か対応がおかしい店なので、他の店にしようと思って居たのですが、それでもまぁ良いかと思って行ったら案の定やらかしてくれました。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)010

第一章 俺もそっちの世界へ 「聞いてくれ、実は――」  俺は友人達に夢の中で起きた事を話した。 「そうか、お前もとうとうそっちの世界の住人になったか」 「ゴメンな、俺、お前と友達やっていく自信がなくなったわ」 「【でみちゃん】と付き合ったら?」  という様に友人達の反応は冷たかった。  俺が今まで、【でみちゃん】に対して向けていた感情をそのまま、向けられたような感じだった。…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)009

 後楽がライバルと言っていたのは【でみちゃん】の事だったのだ。  そして、後楽も【でみちゃん】同様、電波ちゃんだったのだ。  でも、なんで、後楽も【でみちゃん】も俺の夢の中に出て来たんだ?  それだけは解らなかった。  だけど、それを気にしている余裕は俺には無かった。 「契約者しょーすけ、こっちに来て作戦会議だ」 「は、はは、もう好きにして……」  俺は【でみちゃん】に連れられて階…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)008

「くそっ、ついてないぜ」  俺が職員室から出てくると【でみちゃん】が待っていた。 「契約者しょーすけ、何故逃げた?」 「は?何言って……」  夢の話に偕楽は関係無いのに何を言っているんだと思っていたがその後、信じられない事を聞いた。 「ふはは。デミウルゴスよ。お前の契約者は情けないな」  突然現れた後楽がまるで夢の続きの様な事をしゃべったからだ。 「あ、あの、いったい……」  俺…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)007

「やめてくれぇ~」  俺は思わず叫んだ。  後楽に【でみちゃん】と同じ事をして欲しく無かったからだ。  ただ―― 「はい、兼六君、後で職員室に来るように」 「あ、はい」  俺は寝ぼけていたようだ。  数学の教師にこっぴどく叱られた。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)006

 二人ともなにかのコスプレか?と思えるような派手な衣装で、フードをかぶり、相手の顔は見えなかった。  そいつは急降下して来てフードを取った。  その顔に俺は驚愕した。  俺をフッた後楽だったからだ。 「我が名はデモゴルゴン。デミウルゴスよ、決着をつけに来た」  夢なら覚めてくれ。  よりにもよって、後楽まで偕楽と同じ様な事をしている夢を見るなんて。 「我がライバル、デモゴルゴン。私…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の2日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 午後は制作をします。 【年賀状アニメーション】と【静止画年賀状】の三セット【ファーブラ・フィクタ バージョン】、【プハンタシア・クアンティタース バージョン】、【クエスト・ガイド~冒険案内人 バージョン】を完成させます。 終わったらプライベート用【年賀状】のイラストも作ります。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、四時半起きでした。 四連休も今日が最後です。 こっそり制作として17番目の【読み切り小説】の【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】のメモを取っていました。 20ページ目まで書き進めましたね。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)005

 そうこうしている内に授業が始まり、俺は睡眠タイムに突入した。  俺は、数学の授業を子守歌代わりにウトウトと夢の世界に誘われて行った。 「よく来た、契約者しょーすけ」  夢――のはずなんだが、そこは砂漠のような場所で、そこに偕楽 芽吹がいた。  おいおい、夢の世界にまで【でみちゃん】かよ。 「勘弁してくれよ。俺は今、傷心中なんだからさ。寝てる時くらい静かに……」 「来るぞ」 「…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)004

「そうだ。この消しゴムには我が力の契約の証として――」 「消しゴムっつってたじゃん」 「消しゴムではない。ティアラだ」 「もう……好きにしてくれ」 「あぁ好きにする。では契約者しょーすけよ。私にはライバル、デモゴルゴンとの戦いを必ず勝利しなくてはならない」 「あーはいはい」 「協力してくれ」 「するか、ボケ」 「そうはいかん。君は私と契約したのだ。契約を破れば血の粛清が」 「あ…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)003

 ちょっと、彼女の頭に消しゴムを乗っけて 「落ちてたぜ」  と言っただけなんだが、彼女にとっては何らかの契約が成立したらしい。  以来、彼女からの視線を度々感じるんだけど、俺は知らんぷりしている。  関わりたくないからだ。 「契約者、しょーすけ、契約者、しょーすけ」 「俺は契約者じゃないって言ってるだろうが」  彼女から声をかけられるが同じ人間だと思われたくない。 「そんなことは…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)002

 偕楽 芽吹――  ぼさぼさ頭に魔女の様なワシ鼻のオマケ付きの鼻眼鏡をした学校一の変人だ。  みんなは最初はウィッチとか魔女とか呼んでいたけど、本人が否定、自分は造物主デミウルゴスだと言い張ったため、ニックネームは【でみちゃん】になった。  友達は当然居ない。  色気もゼロ。  とても恋愛対象にはなりそうにもない相手だ。  が、どうやら、俺は彼女に好かれてしまったらしい。  理由は…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)001

序章 隣の席のデミウルゴス  あーあ……退屈だな……  学校、辞めちまおうかな……良いこと何てなんも無いし。  ――なぁんて、ちょっと自暴自棄になっちまってるなぁ。  俺、兼六 庄助(けんろく しょうすけ)は現在、傷心中。  ずっと好きだった後楽 風稀(こうらく かざき)ちゃんにやっとの思いで告ったは良いけど、返事はNOだった。  どうせフるなら他に好きな人がいるとか付…

続きを読む

さて……

さて、今回から【プレイバック編】は【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】となります。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 来週の火曜日からの作業は、7番目の【読み切り小説】である【リトライ☆ヒーロー】の作業になります。 これはメモを60数ページ作っていますので清書作業になりますね。 メモを読み返してからの作業になりますが、メモがたっぷりありますので、通常に作るより早く出来るはずです。 という訳で引き続き、制作作業を頑張らせていただきます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日もちょこっとだけ早起きして、こっそり制作として【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】のメモを取ろうと思っていまう。 10ページじゃ様にならないですしね。 せめて、20ページくらいにはしておきたいんで。 それで今回の夏休みの予定は終了となります。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 なので、午前中は番組を見て、買い物。 午後は漫画やDVDを見ます。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 残る3つずつの【アニメーション年賀状】と【静止画年賀状】を作って終わろうと思いますね。 【プライベート用年賀状】は【静止画年賀状】の素材を集めて作って文章を考えるだけだし、終わらなくてもまた別の日にやれば良いかな?と思っています…

続きを読む

今日明日の予定1

昨日の作業で、【新・ちっちっぱ バージョン】と【まめぼす もういっちょ バージョン】の【年賀状アニメーション】と【静止画年賀状】は終わりました。 それと、他の三つの素材の準備も大体出来ました。 という訳で多分、一日あれば、出来ると考えられますので、今日の作業はお休みします。 昨日行けば良かったのですが、天候が気になっていたのでやめたので、今日、ユニクロさんに買い物に行ってきます…

続きを読む

おはようございます2

続きです。 それと今日は終戦記念日ですね。 戦争は体験していませんが、戦争は不幸な歴史だと思います。 多くの方が亡くなり、涙したその不幸な出来事を繰り返してはなりません。 引き続き平和な日常が来る様に祈りたいと思います。 後、渡 哲也さんが亡くなったと聞いて驚いています。 西部警察とか好きで良く見てましたからね。 ショックです。 大門軍団の団長さん…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は四時起きでした。 朝からこっそり制作として、17番目の【読み切り小説】である【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】のメモを取っていました。 と言ってもまだ10ページくらいしか出来てませんけどね。 まだまだ、これからになると思います。 という訳で今日もよろしくお願いします。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 余計な更新は作業時間などを削ってしまいますので、今日のブログの更新は次がラストとさせていただきます。

続きを読む

さて……2

さて、今回で、【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】も終了となります。 明日からは【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】になりますのでよろしくお願いします。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)220

 ――全国大会――  北海道大会四名  東北大会四名  関東大会四名  中部大会四名  関西大会四名  中国大会四名  四国大会四名  九州・沖縄大会四名  この合計、三十二名で戦いが行われる。  その中に、花梨もリーファも結愛も綾里も混じっている。  花梨はその中の頂点を目指すべくまた、新たな戦いに進むのだった。 「お姉さん、鰻重おかわり」 「おじ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)219

 全国大会は日本一を決めるためにふさわしい舞台、富士山山頂で開会式が行われる。  花梨と覇仁は新幹線に乗った。 「幕の内弁当は旨いのう。あ、焼き肉弁当、おかわり」  覇仁は相変わらずだった。 「もう、おじいちゃんったら……」  花梨は怒らない。  ここまでこれたのは覇仁のお陰でもあるからだ。  覇仁の助け無くして全国大会出場は無かった。 「焼き肉弁当と、鶏そぼろ弁当と、シュウマイ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)218

 それだけ気持ちが整理されていたのだ。  一点の曇りも無く、手紙を書き終えた。  もう、迷いはない――  優勝するために、戦い抜いて、勝ち上がっていくだけだ。  パアン! 「よし、気合いが入った。行こうおじいちゃん」  花梨は両頬を平手で叩き、気合いを入れ直して、全国大会に出場する為に出かけた。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)217

 大会出場者が、佐和義達、大富豪家の後継者達へのアプローチは禁止されている。  それは、不正にもつながるからと運営委員で管理されているのだ。  だから、手紙は出さない。  ただ、自分の気持ちを確かめるために書いたのだ。  出さない手紙だからこそ、本当の気持ちが書けた。  本気を確かめる事が出来た。  手紙を書くのは苦手で、普段、手紙を書けば、何度も何度も書き直すのだが、今…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の44日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 余裕がありそうですからひょっとしたら17番目の【読み切り小説】の【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】のメモも取り始めるかも知れませんね。 まぁ、それは早朝のこっそり制作になりますけどね。 ただ、あまり、無理がたたって寝不足になると、夏バテになってバイトに響きますから、ほどほどにするつもりですけどね。 最低目標は年賀状アニメーションと静止画年賀状を作る事ですから…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て午後は制作と言うスケジュールで今日と一緒ですね。 出来たら明日完成したいと思っていますが、それは、作業次第ですね。 どちらにせよ、何となくですが、この4連休中には終わりそうな感じですね。 終わったら、漫画やDVDを見る時間に充てようと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 午後になったらまた制作になりますね。 予定通り、昨日は年賀状アニメーションの素材作りをやったので、今日から、アニメーション制作作業に入りたいと思っています。 まだ、素材が全部揃っている訳ではありませんが、【新・ちっちっぱ】と【まめぼす もういっちょ】は揃いましたので、この二つについては作れます。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝四時半に起きました。 今日は四連休の二日目です。 本当は今日は【ユニクロ】さんに買い物に行こうかな?と思っていましたが、天気が怪しいのでやめました。 と言うわけで今日もよろしくお願いします。

続きを読む

お休みなさい。

それでは、作業時間等が惜しいので今日はこれで失礼します。 お休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 午後は制作ですが、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)215

 これまでの私は臆病でした。  でも、これからは貪欲に勝ちに行きます。  勝って佐和義君を奪いに行きます。  好きです、佐和義君。  これから、貴方をもらうために、私は鬼になります。  鬼になっても本心は貴方の事が大好きな女の子です。  どうか、嫌いにならないで下さい。 続く。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)214

 やられたら、やり返す。  私は、その負けた相手に勝って世界大会に出場する代表者に勝つつもりでいます。  どこまでも私は上を――頂点を目指します。  優勝しなくちゃ、佐和義君とのお付き合いを認めてくれないのなら、優勝する――それだけです。  認めないというのなら認めさせてやります。  最初は、この大会に参加するのは嫌で嫌で仕方がありませんでした。  佐和義君との仲をこんな大会に邪…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)213

 とても悔しかったです。  私を負かしたのは海外の予選大会で負けた選手だというのも悔しさに拍車をかけました。  それに、これが、もし公式の戦いだったら、私はそこで敗退が決まっていたかと思うと、今でもぞっとします。  おじいちゃんは負けて良かったと言います。  このまま、勝ち続けていたら、私は増長し、大事な戦いで敗北していたからだと言ってくれました。  負ける事で学ぶ事も多くあると言…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)212

 私は自身のレベルの低さを払拭するため、特訓に次ぐ特訓を続けています。  あ、でも心配しないで下さい。  無理はしてますが、身体は最低限、痛めないように気をつけています。  特訓のしすぎで、身体を壊して、全国大会で負けたら意味がありませんからね。  関東大会の予選では、良きライバルとの戦いがいくつかありました。  みんなそれぞれ、一生懸命で、強い心を持った人達だと思います。 …

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)211

第十章 いざ、全国大会へ  ――拝啓、佐和義君。お元気ですか?  私は元気でやっています。  元気すぎて、マンションのオーナーさんから今度、暴れたら出て行ってもらいますと最後通告をもらったくらいです。  佐和義君はどうされていますか?

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の43日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は今日の続きの作業をします。 頑張れば3日くらいで終わると思っていますが、どうなんでしょうね? もし、それで終わったら、残りは番組を見たり漫画DVDをみたりして残りは過ごそうと思っています。 どこまで出来るかが鍵ですね。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 来年の干支である【丑】のイラストも作らないと行けないですしね。 一応、【フォトショップ】を使った【素材】は【ファーブラ・フィクタ バージョン】のみで、後は【イラストレーター】を使った【素材】作りにしようと思っていますので、それなりに時間がかかると思いますね。 今日の所は素材作りで終わるんじゃないですかね? アニメーション加工は明日以降になると思います。 …

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中は引き続き番組を見ていきます。 午後になったら、制作をします。 今日からの作業は来年の【年賀状アニメーション】及び、【静止画年賀状】の作成です。 まず、やることはアニメーションを作るよりもアニメーションの素材作りですね。 【まめぼす もういっちょ】などでは、シルエットを解くキャラクターもいますので、そのあたりの作業をしていくことになると思います。 …

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日から4連休ですね。 今日は朝3時半から起きています。 番組がたくさん溜まって終わらなかったので、朝から見ていました。 と言うわけで今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組がかなり溜まっていますので、余計な更新はせずに、番組に集中させていただきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)210

「うるさい、静かにしろ」  と近所の人が苦情に来るくらいに。  今までは覇仁がそういうトラブルを運んできた。  が、花梨も覇仁の孫娘。  そういう血が流れているのだろう。 「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ」  花梨は修行を続けるのだ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)209

「佐和義君は私のもの。誰にも渡さない」  花梨は遠吠えした。 「花梨よ、ご近所に迷惑じゃ。少し、声のとーんを落とせ」 「そうね。でも、おじいちゃん、私、やるわ」 「おお、そうか、そうか。ようやくやる気になったか。やる気なしには勝ち抜けんからのう。良い傾向じゃ」 「おじいちゃん、足りないから練習のメニュー追加して」  花梨は闘志は燃えまくる。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)208

 道のりは険しく、そして、ひたすら長い――  だけど、必ず勝ってやる。  勝って、盛大に、佐和義との結婚式を開いてやる。  花梨はそう思っていた。  少し前までの恋に臆病な少女は何処にも居ない。  彼は私のものだ。  そう強く思って、どん欲に好きな男と勝ちにこだわる勝負の鬼がここにいた。  結愛と綾里も力をつけ、それぞれの地方大会でベスト4に残ったという知らせを受けてい…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)207

 イヤイヤ参加していた時と違い、やる気を出した花梨はメキメキと実力を上げていったのだった。  もはや、同一人物が戦えるとして仮定して、ティアマトと戦って勝った時点の花梨に対して指一本で勝てるレベルにまで、極端にレベルアップしていた。  本気を出した女の子はそこまで強くなれるのかと思うくらいに。  アメリカ代表にかかわらず、世界大会に出場する選手はこれまでのレベルからは想像もつかないくら…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)206

 悔しくて涙が出た。  雪辱を晴らしたくてもサンディーは予選敗退者。  世界大会に出る事はないのだ。  悔しくても、どうしようもない事がある。  だが、花梨はサンディー達を負かして出場を決めるアメリカ代表に勝つことで気持ちを晴らす事にした。  それにより、目標は全国大会優勝から世界大会優勝へとシフトチェンジした。  全国大会も通過点に過ぎない。  日本人の誇りを取り戻す。  …

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の42日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 来年の【年賀状アニメーション】と【静止画年賀状】を作っていきます。 アニメーションのイメージは出来ているので、後は作るだけですね。 出来れば、4連休で全部作り終える事を目指します。 後、漫画とDVDも途中で見ます。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 無茶苦茶暑かったです。 地獄の様な暑さでしたね。 ですが、何とか戻って参りました。 と言うわけでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

お休みなさい。

それでは、今日はこれで失礼します。 ちょっと疲れましたね。 こっそり制作で、疲労が溜まっているので休みます。 お休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、疲れを取るために仮眠を取ります。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)205

 これは大和撫子としては、そのままにしておけない。  駆けつけたDブロック代表のリーファがサンディーを止めてくれた。  が、彼女は日本の大会に参加してはいるが、そもそも日本人ではない。  世界各地の予選大会では何処でエントリーしても良いことになっている。  つまり、例えば、日本人がアメリカでエントリーしても、アメリカ人が日本でエントリーしても良いのだ。  サンディーは日本大会のレベルが…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)204

 花梨を負かした女性の名前はサンディー・マーカー。  カルフォルニア州の予選で日系人の選手に負けた選手だった。  その日系人もその後の戦いで敗退している。  だが、その日系人、トシコ・ホンダと仲良くなったサンディーは彼女がよく日本に行ってみたいと言っていた。  その後、ちょうど、日本に行く機会が出来たので、関東大会を見学しに来日していたのだ。  そこで、ティアマト同様にジャネット戦…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)203

第九章 ライバル達  激戦を乗り切った花梨だったが、それから一ヶ月、足枷を一気に二つ外し、修行で身体をいじめ抜いていた。  理由はティアマトとの最後の戦いでのレベル以上の戦いが全国大会、その後の世界大会で繰り広げられる事が容易に想像がついたからだ。  実は、花梨はエキシビジョンマッチ、無効試合で一敗していた。  負けた相手はアメリカの一部、地区大会の予選トーナメント敗退者にだ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)201

「さて、邪魔物は消えたし、ボク達はお嫁さん選びとしゃれこみましょうかね」  月見がにやつく。 「そうだな。――ったくよぉ、この状況を楽しまねえなんて、どっかおかしいんじゃねえの?」  鳥助もにやつく。 「いない奴のことは良いよ。ここからが本番だ。どの大会から選ぶ?」  花太郎もにやつく。  色欲に負けてしまった3人が夜通し許嫁選びを楽しんだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の41日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 寝苦しいので、眠れるかどうかわかりませんが、少しスッキリしたら、後は番組を見ようと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日からは四連休(夏休み)ですが、その時は年賀状アニメーションや静止画年賀状などを作って行く予定です。 ちょっと三連休で張り切りすぎたので今はペースを落とします。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、先日までの3日間、余り寝てないので、ちょっと仮眠を取ろうかな?と思っています。 バイト先でも何人にも寝不足だと熱中症にかかりやすいよと言われました。 忙しすぎて必死だったと言うのもあって気を抜かずに作業をしていましたが、気を抜くと倒れてしまうかも知れないなと思ったので、ちょっと少し寝ようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日明日はバイトです。 いつも通りでしたね。 忙しい所へ手伝いの要請が入り、そこに行って汗を流して来たという感じです。 と言う訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

追伸。

アクタージュ、無念の打ち切り残念ですね。 ホントにもったいない。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)200

「とにかく、時間がねえんだ、全国大会の出場者だけでも一ヶ月以内に誰の許嫁か確定させておかねえとならねぇ」  鳥助がワクワクしながら言った。  全国大会の後には世界大会がある。  大富豪家の嫁はその世界大会で優勝した選手が選ばれるのだ。 「じゃあ、風彦は余り物って事でワタシ達3人で決めるんで、君は休んでいて良いよ。後で、君の担当の子を教えるから」  花太郎がシッシと追い払う様に佐和義に告…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)199

「僕はこの娘と添い遂げたいんだ。他の子は関係ない」  佐和義は勝ち上がって来た一人の選手の写真を指し示す。  言わずと知れた花梨の事だ。 「解った、解った。関東大会の選手ではお前はそれを選べばいいよ」  鳥助が言う。 「【それ】とか言うな、彼女は物じゃない」  佐和義が怒鳴る。 「じゃあさ、風彦兄さんは他の大会は余った女の子を選択するって事で良いよね?」  月見が言う。  …

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)198

「なんだよ、気付いてないのか?各大会の4人の予選突破者から1人ずつ、俺達の嫁候補を選ぶんだよ。それで、優勝した女の子を選んだ奴が晴れて大富豪家の御当主様って訳だよ」  花太郎が説明した。 「各地の予選大会は同時進行で行われてたからね。ボク達も全部の試合を把握できる訳じゃない。でも各大会につき、一人ずつ、許嫁を決めないといけない。誰を選ぶかでボク達も当主になれるか、家からほっぽり出されるかが決…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)197

 大富豪家を継げるだけでなく、美人の嫁さんも娶れるのだから、文句を言う方、つまり、佐和義の反応の方がおかしいとも言える。 「僕は絶対、認めないからな、こんなふざけた大会」  佐和義はかたくなに拒み続ける。 「そういうなよ、風彦、何で、地方大会から予選突破するのがベスト4、つまり4人か解るだろ?」  鳥助が佐和義の肩を抱きながら囁く。 「知らないよ、そんなの」  佐和義がそっぽを向…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)196

 花太郎達三人が意見を変えて、大富豪家の後継者になる決意をしたのには理由があった。  現在の家長、華真生が参加していた時の大会は実に九割以上がゴリラ、もしくはそれと似たような顔立ちの女性が参加した大会だった。  勝ち上がってくるのは人間とは思えないような女性ばかり。  それは華真生にとって恐怖以外の何者でもなかった。  だが、今大会は違っていた。  整形などが昔よりは抵抗なく、…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の40日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 それと【プライベート用 年賀状】のイラスト部分の作成もありますので、4日間で終われば御の字かな?くらいに思っています。 同時に漫画とDVDも見ていきますので、他の作業が入り込む余地は無いと思っています。 溜まった番組の消化もありますしね。 以上、それが次の4連休の予定ですね。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 木曜日からは4連休になりますので、今度は【年賀状アニメーション】と【静止画年賀状】の作業になると思います。 それぞれ【新・ちっちっぱ バージョン】、【まめぼす もういっちょ バージョン】、【ファーブラ・フィクタ バージョン】、【プハンタシア・クアンティタース バージョン】、【クエスト・ガイド~冒険案内人 バージョン】の5タイプがありますので、結構時間がかかると思います。 …

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 とりあえず、こっそり作業の方が上手くいったので漫画やDVDは終わらなくても全く問題ありません。 次の機会に回す事にしようと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明日と明後日だけバイトがありますので、明日明後日は午前中はバイトで、午後は番組というスケジュールになると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、朝早くからこっそり作業をして、目標だった、【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモ取り作業を終えましたので、今日の分の制作は終了となります。 午前中は番組を見て、午後は漫画やDVDを見る事になると思います。 ただ、3日ほどあまり寝ていないので、途中で眠くなったら、仮眠を取るかも知れませんが。 続きます。

続きを読む

おはようございます13

続きです。 主人公の【稀義】自体もぶっ飛んだキャラクターですので、これをベースにして、【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】の主人公を作るとなると、ちょっと設定を制御しなくてはならないかな?と考えています。 という状態ですが、【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】と【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】のメモ作業はまた今度と言うことになると思います。 次は【年賀状アニメーショ…

続きを読む

おはようございます12

続きです。 【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】は【アナザーFP】と【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の【獣僧編】がベースですが、【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の【稀義編】がベースとなります。 【稀義編】は、あんまり進みすぎると普通の人には受け入れがたい無茶苦茶な設定と言うことになりますので、30話以内の序盤の部分をチョイスす…

続きを読む

おはようございます11

続きです。 何にしても【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】はもう少し設定を考えてから作ることになると思いますので、【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】の様にあっさりとメモが終わる事は無いと思っています。 それは【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】についても同じですね。 これも【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の設定の一部をチョイスして作りますが、【ヴェヌファユ…

続きを読む

おはようございます10

続きです。 6番目で勝ち残ったら5番目の1つ冒険を達成した者として扱われ、5番目で勝ち残ったら4番目の2つ冒険を達成した者として扱われ、4番目で勝ち残ったら3番目の3つ以上冒険を達成した者として扱われると言う様な感じですね。 ただ、それは小競り合いレベルで、100年に1度か2度あるという設定のものが、2番目と1番目の【聖域】が関わって来る、もっと大規模な【聖戦】でそれをタイトルの【テ…

続きを読む

おはようございます9

続きです。 それで、数年に1度、どこかの【聖域】で【昇格戦争】が起きるという設定にしようと思っています。 それは同じ【ランクの石像】同士が争い、最後の1体になると冒険を達成した事になり、上のランクに【昇格】出来るという【聖戦】です。 続きます。

続きを読む

おはようございます8

続きです。 3番目は3つ以上の【冒険】や【大魔王】クラスを倒した【大冒険】を達成した【英雄】や【賢者】達。 ――という様に功績でランク分けしようと思っています。 続きます。

続きを読む

おはようございます7

続きです。 例えば、6番目は目的地に到達した【冒険者】の良きライバルとして活躍したけど、結果を成し遂げられなかった無名無冠の【英雄】達。 5番目は1つの【冒険】を達成した【英雄】や【賢者】達。 4番目は2つの【冒険】を達成した【英雄】や【賢者】達。 続きます。

続きを読む

おはようございます6

続きです。 2番目が主人公である【ガラティア】を含む、【女神】や【親族】の【石像】を祀った【聖域】、1番上が神をも殺すとされる【怪物】などの【石像】を祀った【聖域】にしようと思っていますけどね。 6番目から3番目の【聖域】のランク訳ですけど祀られた【英雄】や【賢者】の生前の功績に応じてランク分けされているという設定にしようと思っていますね。 続きます。

続きを読む

おはようございます5

続きです。 舞台としては【テンプルム(聖域)】がいっぱいある【惑星テンプルム】という惑星にしようと思っていますが、【聖域】のランクなど、新たに決めないと行けない設定など世界観設定なども考えようと思っています。 一応、【聖域】は7段階のランクあるとして考えていて、一番したは【偽物】――つまり、なんちゃって【聖域】で、6番目から3番目が【英雄】、【賢者】の【石像】を祀った【聖域】。 …

続きを読む

おはようございます4

続きです。 それを更に加工して、【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】と【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】用に設定を組み替えるので、二度手間になるんですよね。 一応、次の【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】の方には【アナザーFP】の要素も少し盛り込もうと思っていて、【アナザーFP】と【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】を混ぜた様な話にしようと思っていますが、まだ、確実だという…

続きを読む

おはようございます3

続きです。 それに対して、【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】と【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】でチョイスする部分は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の部分からです。 山ほど作っている【ファーブラ・フィクタ】と違い、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の方はほとんど作っていないので、元になる設定のベースがまだ曖昧なままで、確定していないんですよね。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 この【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】は一番簡単でしたから、3日の作業で済みましたが、同じ【ファーブラ・フィクタシリーズ】からのチョイス作品でも17番目の【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】と18番目の【ファトゥウス・サピエンス(愚者賢者)】はこんなにあっさり行かないと思っています。 と言いますのも、【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】は主に【ファーブラ…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝、1時半から起きて作業をしています。 いやぁ~眠いですねぇ~。 寝不足が続いています。 ですが、今朝の作業で、16番目の【読み切り小説】である【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモが無事に60数ページに達しました。 メモ作業完了です。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 午後からは漫画とDVDです。 今日の作業は終わりとなります。 今日のブログの更新も次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)195

「いい加減、諦めたらどうだい。ワタシ達三人は決めたんだよ」  花太郎が佐和義をなだめる。 「何を言ってるんだ、鼻の下を伸ばしているだけじゃないか。見損なったよ、僕は。少なくとも同じ悩みを抱えていると思っていたんだけど、それは僕の勘違いだった」 「だってさぁ……」  鳥助が鼻の下を伸ばしながらにんまりと笑い同意を求める。 「ねぇ……」  月見が同意する。  花太郎も同意見だ。  反…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)194

第八章 佐和義  花梨が壮絶な戦いを勝ち抜いている間、彼女の思い人、佐和義はどうしていたかというと――  三人の兄弟とまだ、言い争っていた。 「僕には御祭 佐和義という名前があるっていってるだろ。風彦なんて名前じゃない」  佐和義は他の三人に言い放つ。  他の三人とは彼の異母兄弟、花太郎、鳥助、月見の三人のことだ。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)193

 花梨には全部で十の足枷をしている。  今回はその内の一つを外して、更に修行をさせた。  全部外せば、花梨の身体はついていけず、逆に身体を壊してしまう。  だけど、全国大会までに、後、二つか三つ外しておいた方が良いと覇仁は思うのだった。  出来れば、身体ができあがっていない若い花梨に身体の負担を強いる完全体にならせたくはなかったが、背に腹は替えられないという状況になってきたのだ。 …

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)192

 その戦いを見ていた覇仁は―― 「うむ、あっぱれな戦いだった。じゃが、やはり、思うたより、選手のレベルは高そうじゃな。もう二、三歩は精進させねばなるまい」  とつぶやいた。  覇仁はこのままのレベルで、全国大会を勝ち抜けると思っていた。  だが、選手のレベルは予想以上に高く、そのままのレベルだと近いうちに負ける可能性が考えられた。  出し惜しみをしている場合ではなく、少しでも早く、…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)191

 花梨は隙が出来る一瞬――それだけを信じて、攻撃を受け続けた。  ただ、攻撃を受けるだけなら怪しまれるので、攻撃を避けきれなくなって、攻撃を受けたという演技までしたのだ。  成功した、プラマイゼロによって、ティアマトは大ダメージを負った。  それは、彼女が再び立ち上がるのを妨げる程、大きなものだった。  意識を失ったティアマトを確認したレフェリーは花梨の腕を上げる。 「勝者…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の39日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定11

続きです。 【エブリスタ】さんでは、講談社で落ちた【ユメミル ユメミナ】を公開するかどうかで検討中ですね。 【ユメミル ユメミナ】がどうなるかわかりませんが、再提出が落ちるならこれも落ちる可能性が高いので、落ちてから合わせて公開するかどうかを検討します。 どちらにしても【イラスト】がついてないので、公開するにはキャラクターをデザインするかなんかを考えないと行けないですからね。 …

続きを読む

今日明日の予定10

続きです。 この【読み切り小説】の三作品を片付けた後は、【エブリスタ】さんでの公開作業になります。 【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第12話と第13(完結)話、及び【創作世界観】VOL.6【アナザーFP編】とVOL.7【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)編】の公開作業をやります。 同じローテーションで、その後、【ホームページ/よったろー屋本舗】本店で、【クエスト・ガイド~冒…

続きを読む

今日明日の予定9

続きです。 作業順番は、【リトライ☆ヒーロー】の清書、再チェック修正、→【にゃんこの決断】の清書、再チェック修正、→【トラブル&エスケーパーズ】の清書、再チェック修正、→【リトライ☆ヒーロー】の再々チェック修正、→【にゃんこの決断】の再々チェック修正、→【トラブル&エスケーパーズ】の再々チェック修正と言うことになる予定です。 最初に清書と再チェック修正をやって、それから3作品まとめて…

続きを読む

今日明日の予定8

続きです。 【プライベート用年賀状】はそれらの組み合わせを1部ずつチョイスしたものになる予定です。 【年賀状】関係の話はそれくらいにして、その作業が終わったら、今度は【読み切り小説】を3作品分、清書しなくてはなりませんね。 7番目の【リトライ☆ヒーロー】、8番目の【にゃんこの決断】、9番目の【トラブル&エスケーパーズ】の3作品になります。 いずれも60数ページずつメモを取…

続きを読む

今日明日の予定7

続きです。 【クエスト・ガイド~冒険案内人 バージョン】は主人公の卯月ですね。 今年の卯月はイラストレーターで作ったバージョンですが、側面ではなく、正面バージョンで作り直して、来年の【アニメーション】にしようと思っています。 【クエスト・ガイド~冒険案内人 バージョン】は他の4つと違って、今年いっぱい作業したという意味での【アニメーション化】になります。 その【クエスト・…

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 【プハンタシア・クアンティタース バージョン】ですが、今年の【踊詩】と【化形(けぎょう)の少女】の色違いバージョンと【牛】を登場させるのは決めていましたが、後1つ、何の要素を加えるかで迷っていましたが、ヒロインのニズ・クォトヌァールは前に出したので、今度はラスボスのクエニーデ・クアンスティータを出してみようかと思いました。 クエニーデと言っても公開しているのは、【エブリス…

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 【ファーブラ・フィクタ バージョン】は新作アニメーションになりますが、何を題材にしようかと考えた所、第四本体クアンスティータ・ミールクラームにする事にしました。 去年の夏と今年のお正月と今年の夏の三回で第五、第六、第七本体のアニメーション三部作をやりました。 それよりも前に第一本体のアニメーションもやっています。 と言うことは第二、第三、第四本体がやっていない…

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 【まめぼす もういっちょ バージョン】は、先日シルエットを公開した【牛】を使ったものになりますね。 今回は、それ以外に今までシルエットにしていた5キャラのシルエットを解きます。 【まめぼす もういっちょ バージョン】での素顔でのアニメーションと静止画になりますね。 これは【クアンスティータ曼荼羅】を作った時にそれと対応するキャラクターの顔出しをしたことによる対…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 【年賀状アニメーション】及び【静止画年賀状】は、【新・ちっちっぱ バージョン】、【まめぼす もういっちょ バージョン】、【ファーブラ・フィクタ バージョン】、【プハンタシア・クアンティタース バージョン】、【クエスト・ガイド~冒険案内人 バージョン】のそれぞれ5種類です。 【新・ちっちっぱ バージョン】は【うしもーもー】が出る予定ですね。 それ以外のメンバーは今年の…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後はまた漫画とDVDを見ようと思っています。 予定外作業として早起きして、16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモを60数ページ目まで書き進めたいと思っています。 漫画とDVDは次の4連休でも少し見ていこうと思っています。 ただ、メインは【よったろー屋本舗】2号店で来年の1月1日に公…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、この後は番組を見ます。 午後からは漫画とDVDを見ていこうと思っています。 どこまで終わるか微妙ですけど、頑張って見ます。 このまま行けば【読み切り小説】の方は予定通り、明日の作業で、ノルマの60数ページ目まで到達出来ると思いますが、本来、この三連休のメインに考えていた漫画とDVDの方は予定よりもかなり進まない結果に終わりそうですね。 まぁ、仕方ないかと…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、2時半起床です。 朝からこっそり制作をしていました。 昨日と同じく16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモを取っていました。 昨日の作業で、メモも20ページ目まで行ったのですが、思ったよりも時間がかかってしまい、これは、明日(つまり今日)の作業時間は減らさないと行けないかな?と一旦、考えたのですが、やっ…

続きを読む

まめぼす もういっちょ用年賀牛

という訳で来年の1月1日に公開する予定の【年賀状アニメーション】及び【制止画年賀状】用に使う予定の牛の【シルエット】になります。 どのように使うかはまだ、未定です。

続きを読む

追伸。

追伸。 本格的な作業は次の四連休からになるのですが、先行して【まめぼす もういっちょ用】の【牛】を作りましたので、次の更新でシルエットだけ公開します。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、まずは、番組を見ます。 今日の更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)190

 ――それは、受けた攻撃をそのまま相手に返すという技である。  花梨はダメージを受けたふりをしながら、ティアマトの攻撃一つ一つを置換作業していた。  置換作業――それは、ティアマトの攻撃をそのままティアマトに返すための変換作業の事だ。  ティアマトの攻撃力が強ければ強い程、それはそのまま本人に返っていく。  問題は、花梨が捌ききれない程の攻撃を受けてしまうことと、ティアマトに返す前にTK…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)188

 レフェリーが試合を止めるかどうか迷いだした。  このまま行けば、TKOでティアマトが勝てる。  そう考えた時、一瞬の油断があった。  そのチャンスを花梨は見逃さなかった。 「神術、プラマイゼロ」  神術、【無】の属性の秘奥義を繰り出した。  覇仁がこの技を繰り出せば、名称は【神術、返礼掌】と叫ぶだろう。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)187

 ティアマトは勝利を確信出来ていないからだ。  花梨の目は死んでいないのだ。  何かを狙っている。  そして、そのチャンスをひたすら待っている。  そんな感じがしているのだ。  だから、ティアマトは攻撃の手をゆるめない。  攻撃を止めた瞬間に、何かが来る。  ――それは、ティアマトに敗北をもたらせるかも知れない何かかも知れない。  そんな不安が彼女のラッシュを止めさせなかった。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)186

 そして、勝利への方程式が見えた瞬間――  花梨が動く。  それを見抜いていたかの様に、ティアマトが連撃を仕掛ける。  花梨は避けていたが、あまりのラッシュに避けきれず、ついには攻撃を喰らってしまう。  それでもなお、追撃が続く。  手加減を知らないという訳ではない。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の38日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 午後は20ページ限定で作業をします。 16番目の読み切り小説の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモを取ります。 終わったら番組などを見ようと思っていますが、20ページ分のメモとなるとかなり時間がかかると思いますので、番組はあまり見れないかも知れませんね。 今日やってみて、ダメだったら、明日以降は、番組を見る時間を優先…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、4時半起きでしたね。 漫画を見ていましたね。 全然、終わらないです。 続きは明日早起きしてと言う事になると思います。 今日から三連休です。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

今日は洗顔フォームを買いに行ったりしたので帰りが遅くなってしまいました。 この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)185

 ぶわっっと汗が噴き出る花梨。  古代兵器であるティアマトには疲労の色はない。  このままいけば、体力の尽きる花梨が負けてしまう。  ――が、火事場のバカ力と言うべきか。  体力が無くなる分、余計に思考をフル回転させて花梨は一手、二手、三手先の展開を読んでいく。 続く。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)184

(つ、強い……)  花梨は強敵と認めた。  譲戦でも七、八回は決着がついたような戦いだ。  それだけ、倒しにくかった。  だが、それは相手も同じ。  この状況を打開するべく思考をフル回転させて、戦術を組み立てていた。  動きとしては何もない沈黙が続く。  だが、イメージの中では熾烈な戦いがそれぞれの思考の中で行われていた。  相手の先手を取ろうと心理戦が行われていた。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)183

 が、相手の攻撃を受ければ、大ダメージは避けられないとして、腰の入った一撃はお互いなかなか出せずにいた。  このままでは決着がつかないと判断した二人は三十数回目の攻防の後、さらに距離を取った。  体力を無駄に削るより、大技のコンボで何とか一撃を入れようという考えだった。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)182

 花梨は―― 「神術、邪腐」  鎖を腐らせて交わす。  その後も花梨が攻撃を繰り出せば、ティアマトが攻撃を交わし、続けざまにティアマトが攻撃を繰り出し、花梨が交わすという攻防が繰り返された。  どちらも攻撃に決定打が欠ける状態だった。  お互いが相手を警戒し、攻撃しているため、少し、腰が引けた状態での応酬のため、技が決定打として決まらないという状態だった。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)181

 そして、花梨は続けて―― 「神術、雷神戟」  雷属性の一撃を放つ。  ――がティアマトは、 「シールドサークル」  盾で防いだ。  更に、ティアマトが 「スネークチェーン」  蛇の様にウネウネと動く、鎖と呼び出し、花梨を絡め取ろうとする。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の37日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 来週は火曜日と水曜日にまたバイトで、木曜日から4連休になります。 4連休では【年賀状アニメーション】を5タイプ作ろうと思っています。 【静止画年賀状】も5パターン、【プライベート用年賀状】も1パターン作りますので、4連休はそれと番組を見るので終わると思います。 終わらなかったら、次の連休で作業の続きをする予定ですね。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日から三連休です。 漫画やDVDを見ながら、こっそり制作で、16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモをちょこっとずつ作ろうと思っています。 三日間はそれと溜まった番組を見る事に費やす事になると思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 と言う訳で、【ユメミル ユメミナ】を何処かに投稿しようと思うのですが、もう1つの【ユメミテ ユメミメ】が落選してからにしようと思っていますので、保留ですね。 秋か冬に携帯も買い換える予定なので、何かあった時の連絡先が変わってしまうかもしれませんからね。 新たに【読み切り小説】を作っても応募はしないでしばらく保留にしておこうと思っています。 と言うわけでただいま…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 講談社さんには、【ユメミル ユメミナ】と言う【文芸社】さんに応募した事があった作品をそのまま応募したのですが、1次審査さえ受からなかったですね。 残念でしたね。 【文芸社】さんでは、最後まで残っていたのですが、まさか、かすりもしないとは。 バイト先で話したら、出版社はどこかでつながっているから、他で応募したのは、落選するのかも知れないと言われましたね。 …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もバイトでした。 いつも通りでしたね。 新人さんに16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】の説明をちょこっと出来ました。 聞いているだけで面白そうと言われましたね。 それと、久しぶりにチェックしたら、講談社さんのが落ちていましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、作業時間の節約で、余計な更新はせずに、制作をしたいと思います。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)180

 お互い、一歩も引かなかった。  攻撃はティアマトに移る。 「スケルトンボール」  ティアマトが叫ぶと上空に無数の丸い物体が浮かんできた。  それが、そのまま、花梨めがけて飛んでくる。  リングにぶつかるとその丸い物体ははじけ飛び、中から酸が飛び散る。  当たったら危ない攻撃だ。 「神術、風神舞」  花梨はすかさず、風を起こし、酸をはじき飛ばす。 続く。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)179

「ブラックボックス」  ティアマトは炎の一撃を空間に突然出現した黒い歪みで吸収した。  そして、次の瞬間、花梨の背後に黒い歪みが出現して紅蓮撃の炎が彼女を襲った。  が、間一髪、交わした。  【神術、虚影身】だ。  存在を曖昧にして、炎を通り過ぎたのだ。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)176

 まずは、お互いの力試し。  それぞれヒットアンドアウェイでの攻防が続く。  パワーは多少、ティアマトの方が上だ。  だが、それでも十分、花梨は善戦している。  パワーで劣る分、スピードと攪乱でカバーしていた。  基礎的な戦闘能力ではほぼ互角といって良かった。  後は特殊技能の勝負となる。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の36日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編の第001-07話の再チェック修正とキャラクター説明文を作ります。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日からの三連休はDVDと漫画を見ますが、正直、番組がかなり溜まっていますので、そっちも見ないと録画容量がいっぱいになってしまいますので、それも見ます。 こっそり制作と…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りですね。 16番目の【読み切り小説】の話、新人さんには出来なかったですね。 いつもの人が話したそうにしていたので、いつもの人と話したのですが、そうすると新人さんが離れていくんですよね。 気が合わないのか新人さんを立てればいつもの人が離れるし、いつもの人を立てれば新人さんが離れるので、どうすりゃ良いんだ?と思って…

続きを読む

お休みなさい。

ちょっと時間をオーバーして書きすぎましたね。 それでは今日はこれで失礼します。 お休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容15

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】では13核の【化獣】を生むのは【魔女ニナ】であるのに対して【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】では、【魔女ミルナ】と言うキャラクターが13界の【界物】を生みます。 その【魔女ミルナ】が予言している存在が【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】という設定のお話になりますね。 これも【読み切り用】として作りますが、【続編】が作れる様に…

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容14

続きです。 その男性キャラクターとは【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】を巡るライバルともなります。 【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】とは、最高峰の世界とされる【トゥエルフス・ワールド(第十二の世界)】と【ファイナル・ワールド(最終の世界)】の2つの世界を渡り歩くとされている【予言された救世主】と言うことになります。 続きます。

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容13

続きです。 後、主人公のライバルとして男性キャラを出そうと思っています。 ライバルというのは、【ティニディス】の力を譲り受けるキャラクターだという意味です。 【ティニディス】の【核】を最初に発見するのは【吟撫】なのですが、性別が違うと言うことで【吟撫】は【ティニディス】の宿主として認められません。 渋々、【吟撫】は男性の宿主を捜します。 そこで選ばれたのが男性キャラ…

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容12

続きです。 【ティニディス】の場合、【核コア】では無く、【要素】ですね。 【心要素】、【技要素】、【体要素】を合わせると【モンスター】が誕生する見たいな設定になります。 それを合わせる事で【モンスター】になるという設定になりますね。 【融合誕生】のしかたについてはアレンジして書こうと思っていますね。 続きます。

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容11

続きです。 もちろん、味方キャラとして7番の【化獣】である【ルフォス】をイメージしている7番の【界物】である【ティニディス】がサポートします。 【ルフォス】の力に合わせた力を【ティニディス】も持っていて、【ルフォス】が【心核/マインド・コア】、【技核/スキル・コア】、【体核/ボディ・コア】を融合させると【モンスター】が誕生するという設定を持っていたのに対する力を持っています。 …

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容09

続きです。 それで、物語の舞台ですが、6番の【界物】である【グエ】の勢力との戦いを【読み切り小説】で使おうと思っていますね。 【グエ】は【ファーブラ・フィクタ】で言うところの6番の【化獣】である【ウオーム】にあたる【界物】です。 【ウオーム】や【グエ】のテーマは【卵】ですね。 ありきたりな設定だと思って、当時、【ファーブラ・フィクタ】ではメインストーリーに入れなかったので…

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容08

続きです。 ただ、【ルフォス】の場合は吟侍の【心臓】を補っているのですが、【ティニディス】の方は【吟撫】の心臓を補って居るのではなく、ペットの様に色んな小動物に姿を変えて暮らしていると言う設定にしようと思っています。 お菓子が大好きで、お菓子を餌に【吟撫】達の家で暮らしているという設定ですね。 あ、そうそう、【吟侍】達は孤児で孤児院暮らしだという設定でしたので、【吟撫】達も孤児…

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容07

続きです。 それに対して13界の【界物(かいぶつ)】は、以下の様になります。 【1番/レグイス】、【2番/ガーデフラウアン】、【3番/インボレウ】、【4番/イート】、【5番/リフォースト】、【6番/グエ】、【7番/ティニディス】、【8番/ドーシャ】、【9番/ラーミ】、【10番/ティルメアット】、【11番/ジュラーミ】、【12番/リクォーティ】、【13番/クォンティーティ】となっていま…

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容06

続きです。 それと、13界の【界物(かいぶつ)】ですが、【ファーブラ・フィクタ】バージョンの13核の【化獣(ばけもの)】は以下の様になっています。 【1番/ティアグラ】、【2番/フリーアローラ】、【3番/ウィルウプス・アクルス】、【4番/クルムレピターク】、【5番/ルルボア】、【6番/ウオーム】、【7番/ルフォス】、【8番/オリウァンコ】、【9番/ウェルイムス】、【10番/ティルウム…

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容04

続きです。 使う能力も【芦柄三兄弟】に合わせて、【葦永三姉妹】も同じ様な【能力】を使うようにしようと考えています。 長女【琴花】には【琴太】のキーアクションにちなんだ【能力】、三女【瞳良】には【導造】の見えないトリガーになんだ【能力】を持たせ、次女【吟撫】には、【吟侍】の初期の【能力】である【エアポケットマジック】にちなんだ【能力】を持たせようと思っていますね。 続きます。

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容03

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】の主人公はほとんど男性ですが、16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】の主人公は女性にと言う事で行こうと思っています。 【ファーブラ・フィクタ】は、テララ編の主人公、【芦柄 琴太(あしがら きんた)】とイグニス編の主人公、【芦柄 導造(あしがら どうぞう)】と合わせて、吟侍は【芦柄三兄弟】と言う設定になっていますので…

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容02

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】では序盤の設定として13核の【化獣(ばけもの)】と言うのがあったので、それからイメージを変更して13界の【界物(かいぶつ)】という設定で作ろうと思っています。 主人公ですが、【ファーブラ・フィクタ】のメイン主人公、【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】からイメージ変換して【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】の主人公は【葦永 吟撫(あしなが ぎん…

続きを読む

ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)の内容01

と言うわけで、15回限定で【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】の内容がどんな感じになるかを書こうと思います。 【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】は【ファーブラ・フィクタ】を簡略化した【物語】となります。 【ファーブラ・フィクタ】、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】からイメージしてと言うことになりますが…

続きを読む

さて……2

さて、それでは、番組を見ようと思いますが、その前に、次の三連休でメモを取る予定の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】がどんな話になるかを15回限定で書こうと思います。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)175

「ファイッ!」  レフェリーが開始の合図をして、ゴングが鳴る。  と、同時にお互い、距離を取り、間合いを計る。  セコンドは、花梨には覇仁が、ティアマトには彼女を発掘してメンテナンスした科学者らしい男性がいる。 続く。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)174

 相手の実力を認めるからこそ、花梨は冷静でいられた。  正々堂々と勝負して、全国大会へ進むんだという気持ちでいられる。 「それでは、関東大会、延長最終戦、神田 花梨選手対ティアマト選手の戦いを行います。両者リングへ」  レフェリーがコールして、二人の強者はリングへと上がる。  泣いても笑ってもこれが、予選の最終戦。  後は全力を尽くすだけだった。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)173

「我はティアマト。弱者は去れ」 「おあいにく様。私は一週間前の私じゃありません」 「………」 「よろしくお願いします。強者さん」 「……別人になったのか?」 「なって来ました」 「ならば、相手にとって不足無し」 「こちらこそ」  リングを挟んで見つめ合う花梨とティアマト。  ジャネット戦の時の様な刺々しさはない。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)172

「ぎりぎりまで修行しておったが、大丈夫か?」 「うん……納得がいくまでやりたかったからね」 「そうか、ならば、神術、無の術、痛いの痛いの飛んでいけ~」 「ありがとう。でもいつも思うけど、ふざけたネーミングよね、その技」 「何を言うか、罰当たりもんが。これは神聖なる回復術じゃぞ」 「そうなのは解るけど、ホント、恥ずかしい技よね、神術って」 「何を言う」 「だけど、その神術が、私をここ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)171

 花梨は気を引き締めた。  花梨はその後、体力が戻り、スキルアップを果たしたが、その力に納得がいかず、延長最終戦が行われる一週間後まで修行をする事にした。  ――負けたくない。  ただ、それだけを思い必死で修行した。  そして、時間はあっという間に過ぎていき、ティアマトとの延長最終戦の時がやってきた。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の35日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 昨日の作業で、【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編の第001-07話の文字入力が終わったので明日は再チェック修正とキャラクター説明文を作ろうと思います。 次の三連休のこっそり作業で、【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモを取れる様に平日中に終わらせたいと思います。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 後、朝礼と10時の休みの時に新人さんに【ファーブラ・フィクタ】とかの話をしたら、凄いと言われましたね。 作っている量が凄いと思ってくれた見たいですね。 新人さんは16番目の【読み切り小説】である【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】の【運命救世主】と言う言葉に面白そうと言っていましたね。 まぁ、時間が無くて、その話まで出来なかったのですが、機会があれば、…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日は助っ人に行った先で、また、相変わらず自分のミスを棚に上げてギャーギャー因縁つけて来たのが居ましたが、他の人から言わせるとイカれた人間なので、まともに相手をしても損するだけなので無視しましたね。 一回、【うるせえな】と言ってやったのですが、しばらくするとまたギャーギャー言ってきたので、無視するのが一番だ…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 余計な更新をするより作業を優先させていただきたいと思っていますので今日の次の更新でラストとさせていただきます。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)170

 花梨とジャネットの戦いを見て、何て温い戦いだと憤慨したと聞いていたが、このVTRを見れば、それは納得いった。  この激戦に比べれば、花梨対ジャネットの戦いなど、茶番も良いところだろう。  少なくともティアマトにはそう見えていてもおかしくない。  実力から言えば、これまで戦って来た中で一番強い、譲ですら霞んでしまう程の力をこのティアマトは秘めていた。  覇仁が心配したのも無理もない。…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)169

 花梨は別室で、覇仁と共にVTRを見た。 「えーと、何々……資料によるとティアマトって選手が勝ち上がった事になるのね?」 「うむ、種族は古代兵器か」 「メンテナンス不良で参加が遅れたらしいわね」 「めんてなんすとは整備不良のことか?難しい言葉を使うな」 「メンテナンスは難しい言葉じゃないと思うけど」 「お、始まるぞ、静かにせい」  等と言ったりしていたが、VTRを見た花梨は絶句…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)168

 ――が、ルールはルール。  認めるしか無かった。  花梨は渋々、延長最終戦を了承した。  さて、延長最終戦の相手だが、向こうは、花梨の戦いを見てから戦いに参加する。  それでは、向こうに有利で不公平だ。  だから、花梨も相手選手の情報を得るために予選のVTRを見ることが許されている。  ジャネットとの戦いが不完全燃焼だったというのもあったし、花梨はこの相手に勝ってすっきりし…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)167

 覇仁が参加を申し込んだ時、様々な理由で参加申し込みに間に合わない場合、敗者復活戦に参加出来るという説明を受けていた。  敗者復活戦には自分の不得意競技などで負けた場合も考慮して、申し込みが間に合わなかった選手と合わせて、別大会を行い、それに勝ち上がった選手のみ、戦いの途中参加を認めるというものだった。  復活出来る選手は、各予選大会に一名ずつ選ばれ、それぞれの予選大会のベスト4に選ばれた四…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)166

「で、ですから、最初にお伝えしておいたじゃないですか。もう一戦あるかも知れませんと」  レフェリーが花梨を宥めようとする。 「そ、それは言われましたけど、なんで、もう一回戦う必要があるんですか?」 「大会の参加申し込みの際にもお伝えしておいたと思いますが?」 「どういうこと?私、聞いてない」  当然だった。  この大会への参加は覇仁が決めた事。  参加申し込み時の事を彼女が知るわけ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の34日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第001-07話を文字入力完了まで持って行きます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きは明後日の木曜日にやる予定です。 今日の作業次第ですが、再チェック修正とキャラクター説明文が出来れば良いなと思っています。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 助っ人に行った先では、無茶苦茶忙しかったですね。 帰りに本屋さんに寄りました。 やっぱり、実際に本屋さんに行くのが一番ですね。 本は三連休で読むためのもので今は読みません。 と言う訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)165

第七章 延長最終戦 「ど、どういう事ですか?」  花梨はレフェリーに詰め寄る。  理由は花梨の試合がもう一戦行われる事が決まったからだ。  辛い思いをして、やっと勝ち残ったと思ったら、この仕打ち。  当然、納得出来る訳もない。 続く。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)164

「勝負あり、勝者、神田 花梨選手」  かなりダメージは蓄積されたが、何とかジャネットも倒す事が出来た。  この戦いの相手が、譲だったら、花梨は負けていただろう。  運も味方につけて花梨は全国大会への切符を手に――  しなかった。  まだ、先があったのだ。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)163

 ダメージこそ、花梨の方が大きいが、それまで、戦って来た戦歴による根性が違う。  薄っぺらに誤魔化して来た相手が敵う相手ではないのだ。 「神術、奥義……」 「ひ、ひぃ……」  技を繰りだそうとする花梨にひるむジャネット。  パアン! 「なんちゃって」 「きゅー」  技でも何でもない、ただのネコ騙しでパンと両手を叩く花梨。  その音があまりに大きかったので、そのショックでジャ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)162

 戦闘スキルで言えば花梨の方が数段上だったからこそ出来た芸当だった。 「ぐぐぐ、このガキ」  大ダメージを負って、顔を歪めるジャネット。  だが、ダメージ的には花梨よりは軽傷だった。  それは、元々の魔力が少ないからこそ自分の受けたダメージが低かったからでしかない。  本来であれば、ここで花梨と戦う資格のない選手、実力の足りない選手だった。  だが、花梨に対してもそうしたように、…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)161

 狙い通り、ジャネットの魔法はサポートアイテムの力を借りているため、様々な属性を出せる。  が、根幹の部分は全て、光の反射を利用して、魔力を出していた。  それをサポートアイテムの力を借りて、属性変換していた。  ならば、属性変換される前の光の状態の時に、鏡を当てれば、跳ね返ると読んだのだ。  それで、【神術 水鏡盾】で鏡を作りだし、魔法変換を出す前に飛ばしてジャネットの至近距離で魔力を…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の33日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 そこまで書くなら本番を書けば良いとは思いますが、その辺りは僕のこだわりですね。 自己満足とも言いますね。 と言う訳で、次の三連休はこっそり制作で作るという感じになります。 本来なら、ローテーションで、【ファーブラ・フィクタ】が終わったから今度は【読み切り小説】の7番目から9番目の【リトライ☆ヒーロー】と【にゃんこの決断】と【トラブル&エスケーパーズ】の清書作業…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 これも60数ページを目指して、書いて行こうと思っています。 土日月で大体20ページずつやれば、3日で60ページ分に達する事になりますね。 やっぱり、100ページちょっとの【小説】を作るにはメモを60ページ分くらい作ると、実際に清書する時、あっさりと終わるくらいになるので、【読み切り小説】のメモは60ページをちょっと超えるまで書くと決めていますね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 木曜日の作業で、再チェック修正とキャラクター説明文を作って、第001-07話の作業も終えたいと思っています。 土曜日からは3連休になりますので、そこでは本やDVDを見ながら、こっそり制作で、16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモを取り始めようと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第001-07話の文字入力の続きをします。 出来れば明日入力完了したいと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 入金確認とかは後でも出来るので、それは置いておくとして、これでようやく、気を取り直して制作などの行動を取ることが出来る様になりました。 という訳で銀行に寄っていたため、帰りが遅くなりました。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 入金確認のメールの確認していませんので、何とも言えませんがご利用明細票をもらってきましたので、これで払っていないと書いてきたら、明細書をスキャンしてメールで送りつけて払ってますと書こうと思っています。 どちらにしてもまたこのサービスを利用するつもりはありません。 二度とごめんですね。 もう、通販はしたくないですね。 やっぱり、直に買いに行くのが一番です。…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 いつも通りでしたね。 忙しかったです。 帰ってから一度、パソコンメールで確認してから銀行に行きました。 ネット通販の振り込みをするためです。 代引き、ローソン、ファミリーマートと来て四度手間ですよ、面倒臭い。 でもようやく振り込めましたので、少しホッとしました。 続きます。

続きを読む

この後の予定

すみません。 ブログの文章が取り乱したみたいに乱暴になって申し訳ありませんでした。 少し、冷静さを取り戻さないと行けないですね。 この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)159

「はっはっはぁ~、どうしたのぉ?もう虫の息じゃないの」  高笑いするジャネット。 「はぁ、はぁ、はぁ……あなたにはこれくらいが丁度良いハンデです」 「口の減らないガキだね。じゃあ、望み通り、これくらいでおしまいにしてやるよ。トドメだよ」 「神術、水鏡盾」 「ぐ、ぐわぁ、な、何をした?」  ジャネットが狼狽える。  トドメのつもりが逆にダメージを負ったからだ。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)158

「し、神術、土壁ぇ、きゃあああ」  慌てて、【地】の術で防御するが、防ぎきれず、いくつか攻撃をもらってしまった。  属性魔法の雨あられがやんだ後もジャネットの攻撃は続く。  魔力の少ない彼女は抱えきれない程のサポートアイテムを大量に使っていた。  戦いは手に持てる範囲の武器は認められているが、手に余る程の武器は認められていない。  そのため、彼女はイリュージョンで周りの目を誤魔化し、せ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)157

 次の瞬間、ジャネットの姿が掻き消える。  今まで舌戦をしていたのは、ジャネットの作り出したイリュージョン。  幻影だったのだ。  気付いた時には後の祭り。  ジャネットの猛攻が始まった。  四方八方から、四代元素、火、水、風、地の属性魔法が嵐のように舞って、花梨に一斉に降り注ぐ。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)156

 そろそろ戦わなくちゃだめだろうと考えていると―― 「あわてなさんなって、私は準備してたんだ。あのちんくしゃを追い詰めるための包囲網をねぇ」  とジャネットが言ってきた。 「え?」  時間稼ぎをしていたのは花梨だけではなかったのだ。  ジャネットも舌戦をして花梨を追い詰めるためのトラップをずっとはっていたのだ。 「さぁて、レディース&ジェントルマン。ショーの始まりだよぉ」  不敵に…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の32日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 制作の続きは火曜日を予定しています。 【ファーブラ・フィクタ】のファーブラ・フィクタの第001-07話を入力完了まで持って行こうと思います。 本当は今日のこっそり作業で16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】のメモを取りたかったんですけど、今日は無理でしたね。 それは三連休でやろうかな?と考えています。 ネット通販のせいで…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 場合によっては銀行まで振り込みに行くかも知れません。 面倒臭いですけどね。 とにかく、僕はこの七面倒くさいネット通販からとっとと縁を切りたいと思っていますので、振り込みで終わるのならそれで終わらせたいと考えています。 なので制作の時間などが削られるのは我慢ならないんです。 振り込みも駄目なら、…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、夜中の作業で予定していた【ファーブラ・フィクタ】のファーブラ・フィクタ編の第001-07話の約半分にあたる12ページ目までは文字入力を終了していますので、今日のノルマは達成しています。 それよりも、ほとんど寝てないので、後で眠くなるのではないかと思っています。 今日は後は番組を見ようと思っていますが、今は怒りでカッカしていますので、起きていられますが、怒り疲れて眠く…

続きを読む

おはようございます4

続きです。 仕方ないから、問い合わせフォームにメールして、その返事次第では銀行振り込みに変えよかと思っていますが、この銀行振り込みも曲者じゃないかと疑っていますね。 そんな訳でもう二度とネット通販なんかするかと思った朝でした。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 これはもしかして、詐欺ってやつではないかと思いました。 ローソンの機械でも詐欺にご注意くださいと出ていましたしね。 なんなんだこれは?と思いましたね。 ただの代引きかコンビニ支払いで良かったのに、なんでここまで振り回されなければならないんだと思いました。 こっちも暇じゃないんですけどね。 色々とやりたいこととか溜まっているし、時間を有効に使いたいの…

続きを読む

おはようございます2

続きです。 それと、6時くらいにコンビニで支払おうと思って昨日の午後来た支払い番号をメモしてローソンとファミリーマートに支払いに行きました。 ところがどちらも番号を受け付けてないんですよね。 ふざけんなと思いましたね。 ファミリーマートの店員さんに聞くと11桁の番号のはずなのに、メモには12桁の番号があるんですよ。 どういう事だ? と思いましたね。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝0時半から起きて作業をしていました。 ネット通販の支払いの事でモヤモヤして眠れなかったので、起きて作業をしましたね。 昨日の作業で終わらなかった【ファーブラ・フィクタ】のファーブラ・フィクタ編第001-06話のキャラクター説明文の残りをやったのと続けて第001-07話の文字入力を開始しました。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作の続きとして【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第001-06話の再チェック修正をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ホームページを更新しました。

ホームページを更新しました。 と言う訳で【ホームページ】の【よったろー屋本舗】でイラストを3点更新しました。 今回は【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の【十手編】からの3キャラになりますね。 主人公の【大太刀 十手(おおだち じって)】、ヒロインの【神恋 唯愛(しんこい ゆいあ)】、それと名前はまだ決まっていませんが、2人目の【パーフェクト11】になりますね。 あら…

続きを読む

一旦失礼します。

この後の予定ですが、制作を始めます。 ホームページを更新し終わった後でまた更新いたします。 では、一旦失礼します。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)155

(身体が重い……)  花梨は全身からくるけだるさを必死で隠した。  ジャネット攻略の糸口を見つけようと必死だった。  舌戦は続いたが、ギャラリーが見飽きてきたのか―― 「良いから戦えー」 「早くやれー」  などのブーイングが飛んだ。 続く。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)154

 だが、今は条件が違っている。  花梨は更なる飛躍を計るために、一時的に弱くなっている。  単純なパワーで言えば、譲戦の半分も出ないだろう。  だが、それをジャネットに気付かせてはいけない。  それに気付かれたら、ジャネットは力が弱っている内に、一気にたたみかけてくるだろう。  そうなったら、逆に花梨の方がまずい状態になる。  だから、舌戦に持ち込んで、体力回復の時間を計っているのだ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)153

 おそらく、このジャネットは前に戦った譲より実力は劣っている。  魔女としての資質はそれ程高くないのは何となく解った。  自身の魔法に自信があれば、小細工など使う必要が無いからだ。  だが、ジャネットは譲との戦いを見ていたのか、リング以外の部分で決着をつけようと画策してきた。  それは、まともに戦ったら花梨には勝てないという事が解ったからだろう。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)152

「あのまま不戦勝になっておけば良かったと後悔することになるよ」  ジャネットが挑発する。 「あの時、素直に謝っておけば良かったと後悔することになりますよ」  花梨も舌戦では負けてない。 「このクソガキが……」 「じゃあ、あなたはおばはんですね」 「あぁ言えばこういう……」 「あなたに言われたくないです」  花梨はジャネットの悪態にしっかりついていく。  ギャラリーは悪口の言い合…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)151

 【もう一戦】というのはどういう事だろうか。  この戦いに勝てば、関東大会のベスト4に選ばれる。  ベスト4はそのまま全国大会に出場出来るはずだから、さらに一回戦うという事の意味が解らない。  が、意味が解らないものを気にしても仕方がない。  気にはなるが、今はこの目の前のジャネットを倒さねばならない。  花梨は戦いに集中する事にした。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の31日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日の予定ですが、今日の予定次第になりますが、今日の作業が終わらなかった場合はその続きをして、それが終わってから、【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編の第001-07話の文字入力を開始したいと思っています。 出来れば明日と来週の火曜日の二日で第001-07話の文字入力も終わらせたいと思っていますね。 出来るかな? まぁ、頑張ります。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 時間が少なくなってしまいましたから終わるかどうか微妙ですが、とにかく頑張りたいと思います。 ブログの更新が終わったら、まずは、【ホームページ】の更新から始めようと思います。 その後、再チェック修正をして、最悪、キャラクター説明文は終わらない場合は明日、早起きしてやろうと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、遅くなってしまいましたが、制作を開始します。 ごごは番組を見ようと思っています。 今日の制作予定としては、【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第001-06話の再チェック修正とキャラクター説明文の作成、それと【ホームページ】の【よったろー屋本舗】本店で【その他ギャラリー】の更新をしたいと思っています。 続きます。

続きを読む

おはようございます4

続きです。 後、今朝、メール確認した所、まだ、ネット通販の請求メールは届いていないですね。 それが無いと僕の方としては動きようがないのでしばらく様子見ですね。 ちょこちょこ確認して、来たら午後にでもコンビニで支払って行きたいと思っています。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 その場合、しばらくは迷惑メールも我慢して、秋か冬に携帯を買い換える時にアドレスも変えて、必要な人だけに教えようと思っています。 しばらく落ち着いていたのに、裏で暗躍しているとは思いませんでしたね。 心配事が増えた気分でした。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 昨日メールくれた人はその迷惑メールをしてた人と共通の知り合いの最後の一人なんですよね。 他の人も切ったのですが、その人だけは残しておいたのですが、その人から迷惑メールをしてた人に僕のアドレスが知られたら最悪、その人とも連絡を絶つ事になりますとメールをしたらそれは無いと返事が来たので一応、大丈夫だと思いますが、また、迷惑メールが始まるとなると、また、アドレスを変えて……と言…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日はバイトはお休みです。 遅めの起床で6時半でした。 昨日は久しぶりにある人からメールが来ましたね。 何回かやりとりしたのですが、その中で気になるメールがありました。 去年、散々、やらかしてくれた迷惑メールの発生源の人と今年になってやりとりする様になったと言う文面です。 続きます。

続きを読む