隣の席のでみちゃん(プレイバック)195

「我妻 蘭菜だろ、あんた?かぶり物取ったら?」
「残念だったな、兼六 庄助、私は我妻 蘭菜などではない。闇の支配者、バハムートだ。バハムート様と呼ぶが良いわ」
「いい年して中二病か?」
「だまれだまれだまれ!」
 蘭菜が怒鳴る。
 俺は耳をほじくり、やれやれと言った表情で見る。
「年下のくせに生意気なのよ!」
「年上なら年上らしく、後輩に迷惑かけないで下さいよ蘭菜先輩!」
「だれが、あんたに私のファーストネームを呼んで良いと言ったのよ」
「あ、じゃあ、認めるんだ?自分が我妻 蘭菜だって」
「認めないって言ってるでしょ。いちいち細かい事にうるさい男ね」
「はいはい、それはすみませんね」
 俺はどうでもいいような態度で対応した。
 本当に、甘奈先輩の双子の姉なのか?と思うくらい幼稚な性格をしているように感じたからだ。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント