バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)017

 虚しい日々が何日も続いたある日、真はこのままじゃ哀れだと思い、部屋に籠もりっきりの姉を外に連れだそうと試みた。

「姉ちゃん、どこか行きたい所はないか?こう見えて、俺は結構、儲かってるんだよ。今じゃ、3つの企業のCEOをやって稼いだ金で引退して悠々自適な生活を送ってる。だから、姉ちゃんの行きたい所になら何処にだって付き合えるんだよ」
「別に……どこも行きたくない」
 姉思いの弟の優しい言葉にもどこか冷めた感覚で対応している自分がいた。
 どうしようもないのだ。
 この虚しい気持ちは。
「そう言うと思ったよ。姉ちゃんが興味持つのは彼方さんの事だけだもんな」
「ゴメンね……駄目な姉ちゃんで……」
「そんな事ねぇって……俺には勿体ないくらいの姉ちゃんだよ」
「……死にたい」
「そんな事言うなって、姉ちゃん、こんなのはどうだ?彼方さんがたどった人生を姉ちゃんもたどるっってのは?」
「え……」
 弟の言葉に思わずドキッとする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント