この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)165

 聞いたことがあった。  我妻 蘭菜――生徒会長、我妻 甘奈の双子のお姉さんだ。  向上心が高く、この甘奈さんと生徒会長の座を競って負けた人だ。  甘奈さんを天才とすれば、蘭菜さんは秀才と言った感じの人だ。  俺に言わせれば、天才も秀才もどっちも羨ましいって感じなんだが、お姉さんである蘭菜さんは甘奈さんに負けたのがよっぽど悔しかったのかその後、不登校になったと聞いたんだけど、それが、何で…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)164

「あ、あの、すんません、頭上げて下さい。何なんすか、いったい?」  俺は動揺した。 「そうですね。何も説明しないとわかりませんよね」  生徒会長はにっこり笑った。 「俺、あなたに頭下げられる覚えないっすから」 「あなたになくても私にはあるのです。あの……姉がご迷惑、おかけしているみたいで」 「姉?」 「はい、双子の姉の我妻 蘭菜(あがつま らんな)です」

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)163

「あ、あの……俺に何か用っすか?」  俺は恐る恐る聞いた。  だが、生徒会長の反応は俺の予想を大きく外れていた。  頭を下げたのだ。  俺はてっきり怒られるのかと思ってきたんだけど、逆に頭を下げられてしまった。  意味がますますわからねぇ。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)162

第八章 闇の生徒会  次の日、俺は生徒会室に呼び出しをくらった。  理由はわからなかった。  生徒会とは全く接点なんかねぇし、呼び出される理由もわからなかった。  生徒会室にはたった一人の女生徒が待っていた。  俺には縁もゆかりもない雲の上の人、生徒会長 我妻 甘奈(あがつま かんな)さんだった。  容姿端麗、成績優秀、文武両道の才媛で、二年生だけど、一年の時から生徒会長を務…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)161

「やれやれ、負けちゃったね」 「しっぽ巻いて帰れ」  俺はシッシッと犬でも追い払うように手を振った。 「今回は負けたけど、次はそうは行かないよ」 「次も来るつもりか?」 「次は私じゃないかも知れないけどね。闇の生徒会の刺客はまだまだいるからねぇ」 「闇の生徒会?」  俺は聞き慣れない言葉を聞いた。  【闇の生徒会】ってのは初耳だ。  そんな組織があった事さえ知らない。  そん…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の33日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 今日のメールで、Nさんから【1つでも応募した方が良いですよ】とのアドバイスを受けたのですが、8番目と9番目の【読み切り小説】は保留状態です。 どこかの応募先が決まったら、応募作業に入る予定ですが、今の所、その予定は無いですね。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 金土は午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日から来週の火曜日までは三連休ですが、基本的には溜まった番組の消化をします。 ですが、早朝などにこっそり制作として20番目の【読み切り小説】の【僕と私の秘密旅】のメモを60数ページ目までを目指して書き進めます。 来週の木曜日の作業で、9番目の【読み切り小説】の【トラブル&エスケーパーズ】の再々チェック修正をします…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 昨日、変更した通り、19番目の【読み切り小説】の【彼と彼女の一人旅】のメモを60数ページ目を目指して書き進めようと思っています。 現在、40ページですから後、20数ページですね。 まぁ、何とかなるでしょう。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 物語の冒頭についてちょこっと書いただけですね。 まぁ、明日以降、手書きのメモを書き進めたらブログでもどんな内容を書いたか少し書きますね。 今は中途半端だから勘弁してください。 と言うわけでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 他では23番目の【読み切り小説】のメモを書いていたら、【よくそんなにぽんぽん思いつくな。俺なんか何も思いつかねぇよ】とか言われましたね。 23番目の【不思議倶楽部(ふしぎくらぶ)】については、まだ、書き始めなので、ブログで書くまで書き進めていないので、内容については今日は触れないでおきます。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日もいくつかの場所でしゃべって来ましたが、最初に話した所で、【しゃべりすぎ】と言われてしまいましたね。 嫌がられてまでしゃべる義理は無いので、明日からは、そこでの会話はやめて、他の人の所でしゃべる用のメモを取ろうかなと思いましたね。 聞き上手だからとか言ってましたけど、単にあなたはしゃべるのが下手なだけではありませんか?と言い…

続きを読む