バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)088

 ラスボスの【ヴァンパイア・ロードマスター】は既に、三代目になっている。
 つまり、初代と二代目は駆逐されている状態だった。
 【ヴァンパイア・ロードマスター】は気に入ったプレイヤーに対して、吸血する事がある。
 そして、吸血鬼を増やしていくのだが、初代が居た頃は初代が真祖として君臨していた。
 だが、勇敢な勇者のプレイヤーが真祖を倒した事によって、初代の真祖は消滅した。
 が、代わりに初代に血を吸われた二代目達が、それぞれ真祖として、プレイヤー達の前に立ちはだかったのだ。
 二代目の真祖となったプレイヤー達は操作権をゲームマスター側に取られてしまって、キャラクターを使うことができないため、ゲームを最初からやり直す必要があった。
 奪われたキャラクターはそのままゲームマスターが使用するという事になるのだが、そのプレイヤー泣かせの設定に対して決起した、一千名からなるプレイヤー集団によって、二代目の真祖達も駆逐された。
 そして、お約束で、二代目に血を吸われた三代目達が、今の真祖として君臨しているのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント