バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)147

第七章 唯夜(いよ)と真昼(まひる)


「良かった。マジで良かった」
「そうね。一時はどうなることかと思っちゃった」
 彼方達から報告を受けた未来の真と奈留は安堵した。
 一日の手紙にあった最初の脅威、奈朝の事が解決したと思ったからだ。
 だが、まだ、唯夜(いよ)と真昼(まひる)の件もある。
 安心するのはまだ早いと気を引き締め直した。
 一日の手紙が本当なら、次に、夕愛と加わった奈朝の前に立ち塞がるのは【哀】の部分を持つ、【夜】を司る唯夜だ。
 一日は悲しい事があると黙る癖があった。
 それを色濃く受け継いだ、唯夜は感情表現が他のVRPと比べて乏しい。
 その唯夜は時空を渡った時の影響で自由にデータを実体化出来ると手紙に記されていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント