こんにちは17

続きです。

(15)【応募用読み切り小説24】――【七色のファム・ファタル】、

 研究者達が巨大な隕石を調査に出ましたが、全員戻って来ませんでした。
 研究者達が残したメモによると生命体の存在が確認され、それは(男を惑わす魔女)ファム・ファタルと呼称されていました。
 徐々に忍び寄ってくる七体のファム・ファタルに対して主人公は特殊な技能を習得し、立ち向かって行くというストーリーになります。
 7体のファム・ファタルはカースト制度の様に階級、身分差があり、主人公は一番下の身分のファム・ファタルを味方にする事で特別な力を持つことになります。
 主人公と一番下のファム・ファタルはお互いがお互いを利用しあう関係で、フィフティー・フィフティーの立場になります。
 主人公はファム・ファタルを追い出すため、一番下のファム・ファタルは下克上をしてトップに立つために共に戦うという話になります。
 【七色のファム・ファタル】については、隕石に乗って来た7名の【ファム・ファタル】達には、弱点素材があって、それは薬物中毒の【西森教授】が悪ふざけで壁の顔にそれぞれ、【砂糖】、【塩】、【酢】、【醤油】、【味噌】、【抹茶】、【わさび】を塗ったため、それが登録されたのです。
 裸のままの【ファム・ファタル】やその眷属達は、【砂糖】、【塩】、【酢】、【醤油】、【味噌】、【抹茶】、【わさび】が弱点ですが、【ファム・ファタル】は【衣】と言う【服】を着ます。
 それによって、例えば、【砂糖】が弱点となった【ファム・ファタル】も【砂糖】と【衣】に登録した弱点要素である【ソース】を混ぜたもので無いと溶かす事が出来ないと言うものになっています。
 そして【衣】は複数あり、人間にその【衣】のウィークポイント要素がばれてしまっても、【衣】を変える事で、弱点要素が変わるという事になります。
 例えば、【砂糖】と【ソース】の組み合わせがばれてしまった【ファム・ファタル】は、【バジル】の【弱点要素】を登録した【衣】を着ることによって、【砂糖】と【ソース】を混ぜたものを塗られても、身体が溶ける事は無くなると言うことになります。
 もちろん、【砂糖】と【バジル】を混ぜたものを塗られたら、溶けます。
 つまり、主人公と【ファム・ファタル】は弱点の探り合いをすると言う事になりますね。
 それと、【ファム・ファタル】には階級制度があり、下から、【レッド】、【ブルー】、【イエロー】、【グリーン】、【ブラック】、【ホワイト】、【グレイ】の順番になっており、弱点要素の組み合わせは、【レッド】とその眷属は【砂糖】、【ブルー】とその眷属は【塩】、【イエロー】とその眷属は【酢】、【グリーン】とその眷属は【醤油】、【ブラック】とその眷属は【味噌】、【ホワイト】とその眷属は【抹茶】、【グレイ】とその眷属は【わさび】が弱点となっています。
 【レッド】が最弱で、【グレイ】が最強と言うことになっていますね。
 主人公は【レッド】と契約し、お互い利用しあう関係になります。
 【レッド】は邪魔な6名の【ファム・ファタル】の始末をするため、主人公は兄の仇である【ファム・ファタル】を倒すために協力関係になるという事ですね。
 お互い目的を果たすために共闘するという感じですね。

続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント