ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)064

第六章 それから……

「それからどうなったんです?」
 白鳥君が続きをせかす。
「それは、まぁ、第十雲界まで進んだんじゃよ。無事にルフォスの核を手にしたは良いが、うんともすんとも言わなくてのう。孤児院の食堂に飾りとして置いておいたんじゃが、運命というかなんというか、吟侍がルフォスの核を手にすることになったと……そういう訳じゃ」
「ちょっと、はしょり過ぎじゃないですか。その後のインモータリティー神話とかはどうなったんですか?ギャロップ国王とクラシックさんの恋愛は?吟侍君が出てくるまで千年あるんですから、何か他にも色々とあったんじゃないんですか?」
「いや、まぁ合ったには色々とあったが、話すと長くなりそうじゃし、このくらいで良いではないか」
「良くないです。不完全燃焼も良いところじゃないですか?もっと話して下さいよ。ねぇ……」
「うん……また今度な……」
「待って下さいよぉ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント