お休みなさい。

それでは、後は番組を見ます。 今日のブログの更新はこれで終了となります。 お休みなさい。 また、明日。

続きを読む

以上です。

以上が今日のノルマの6点です。 作った感じ腕無し上半身だけと言うのもどうなのかな?と思ってしまいましたが、これと次の6点は腕無し上半身で作ってしまっていますので、このまま行かせていただきます。 今日の作業は以上となります。

続きを読む

予定変更します。

この後の予定ですが、番組を見ようと思っていましたが、予定を変更して、制作をします。 その代わり、明日の午前中は番組を見ると言うことになります。 何とか今日中にイラスト6点を完成させて、ブログで発表したいと思います。 作業としてはスキャニング、ゴミ取り、色塗り、合成、仕上げと言うことになります。 ではまた、一旦失礼します。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 と言うことがありましたがただいまです。 それと書き忘れましたが、明日、所用の後、電気屋さんに行って、マウスが無いか見てきます。 マウスの調子が悪いので、新しいのを買わないとと思っているので。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 帰りに本屋さんによってまた予約してきましたね。 行きつけの本屋さんはちょこちょこ無い本とかあるので、結構な頻度で予約する事になりますね。 本のタイトルを覚えている時は良いのですが、わからない時は家に戻って調べてメモを取ってから予約をし直すという事になるのでちょっと面倒臭いですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 十時の休みは【君のための物語Bコース】のメモを取りましたね。 昨日もちょこっと書きましたが、都道府県のキャラにすると言う案からフィギュア作成に至るまでのメモを取りました。 5枚目に入った所まで書いたところで時間切れになりましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 内容としては、主人公がハイパーメディアクリエーターにお詫びとして、主人公を主役とした冒険活劇の物語を作るという事になり、主人公が何故、小説を作れないかを指摘する話になりますね。 その辺りの事を見せました。 お話作りの部分はその後のメモになりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 朝に引き続いての更新になります。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 平穏そのものでした。 いつもの人には、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを見せましたね。 10枚あるのですが、3枚目の途中で終わりましたので、来週の火曜日に3枚目から見せ直しになると思います。 続きます。

続きを読む

一旦失礼します。

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 続きはバイトから帰ってからになります。 それでは、また。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)010

「リグレット、連れなくするなよ、可哀相だろ、シリスちゃん」 「こんな可愛い子に言い寄られているのに勿体ないとは思わねぇのか?」  店の客はリグレットの気持ちを理解していないのか、シリスの恋を後押ししようとする。  シリスの人柄はつい応援してあげたくなるような優しい気持ちにさせてくれるようなものだった。  シリスは純粋だ。  魔女神であるのが嘘のように――  悪い子では決してない。 …

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)009

 俺に幸せは似合わない――  俺はただ、復讐のために生きるのみ――  アエリスを殺した後、俺も……  リグレットはただ、それを考えていた。  自分は生きていても仕方のない人間。  そう自己分析していたのだ。  今、生きる糧はアエリスに対する絶対的な憎悪、怒りのみ。  他には何もない――。  それが、リグレットの思考を支配していた。  大切なものはすぐ側にいるのに、今はそれに気づ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)008

 二人はお互いにとって必要不可欠な存在となったのだ。  だが、リグレットにとっては理由はともかく、シリスも百人の犠牲の上でその力を手にした同じ魔女神であるという事は変わりがない。  そのため、素直に、仲間として認めにくいのだ。  だからこそ、ダーリン、王子様と浮かれるシリスと違い、リグレットは常にふてくされていた。  シリスはアエリスとは違う。  根は良い子だというのは理屈では解ってい…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)007

 マリスの領地から逃げ出す時、空腹だったシリスは動けなかった。  このままでは彼女は逃げ切れないと考えたリグレットは領地から料理を少し盗み、それをシリスに食べさせた。  空腹を満たしたシリスはお礼として、感謝の意味も込めてリグレットにキスをした。  その時、シリスとの契約が成立したのだ。  実は、リグレットが盗んだ料理は元々、シリスに食べさせるため、生き肝を使って調理していたものだったの…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)006

 彼女は桜色のランジェリーの上に水玉模様のランジェリーを重ね着していた。  それによって、彼女は封印状態となり、マリスの眷属にも手を出せないようになっていたのだ。  この状態のまま、無理矢理、生き肝を押し込んでも彼女は桜色の魔女神にはならないのだ。  無理矢理、脱がしても意味は無く、あくまでも彼女の意思で桜色のランジェリー一組みにならないかぎり、彼女は桜色の魔女神として覚醒する事はないのだ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が2日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中はバイトに行ってきます。 午後になったらまたブログを更新して、後は番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中の作業で、イラスト6点をブログで公開します。 日曜日の作業で残り6点のイラストを完成させます。 それで来週の作業につなげます。

続きを読む

おはようございます7

続きです。 一応、【よったろー屋本舗】二号店で【蛇遣いの憂鬱】と言う話を一話だけ公開しているのですが、そこで使った13星座と干支プラス猫の26種類を仏像の様にして採用しようかな?と思っています。 水着を着せて、そこに半透明の豪華な衣装を着せてポーズを取らせて、仏像みたいな感じにして、【フィギュア】を作るみたい設定を考えていますね。 まぁ、これはメモに書いてないので、今日、書く事…

続きを読む

おはようございます6

続きです。 その代わりのものとして、ヒロイン達の性格設定やステータスを凝った物にすると言う感じですね。 彼女達と仲良くなりたいという気持ちを演出するという感じになります。 その設定を考えるという事になりますね。 例えば47都道府県に1人ずつヒロインを作ったりする案を出すけど、主人公は方言がわからないから、話すと何言っているかわからなくなるとか意見を出したりしますね。 …

続きを読む

おはようございます5

続きです。 思いついちゃったから今日もメモを取ることになると思いますけど、主人公が未成年の17歳の少年なので、ハイパーメディアクリエーターはハーレム物と言っても性行為は描けません。 それに代わる何かのアピールポイントを作って表現しなければ、読者には受けません。 と言うのを考えると言う事になりますね。 続きます。

続きを読む

おはようございます4

続きです。 例えば、最初のアプローチも【Aコース】は【ハイブリッド小説】を予定していますが、【Bコース】は見た目重視で【フィギュア作成】から入る事になるという感じですかね? 【Aコース】もジオラマを作りますが、そっちは全体の世界観が重視ですが、【Bコース】は【フィギュア】重視になりますね。 続きます。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 十時の休み時間には、メモの下準備だけと思っていましたが、つい、ちょこっと30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】のメモを取ってしまいましたね。 この話は【君のための物語Aコース】の冒険活劇に対して、ハーレム物なのでやることが違います。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 昨日、いつもの人には、【ファーブラ・フィクタIFγ】のメモの五枚目と追加説明として、オーバードールと言う存在は、人形と生き物の間の存在で、よくありがちな人形の妖怪や怪物の様に脆い表現は使わない予定ですと伝えました。 例えば、腕などが破壊されても腕のパーツを召喚して、そのままキュポッとはめて、再生させるなど、壊れたら壊れたまんまと言う事にはしないと伝えましたね。 続き…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝と午後の二回更新しようと思います。 昨日の作業で、イラスト12点の下書きは終わりました。 描いて見て、ちょっと物足りないかな?と思いましたが、描いちゃったものは仕方ないのでこのまま行きます。 続きます。

続きを読む