ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 058

 だからこそ、ソナタは吟侍と同じ星に行く事を選んだ。
 一緒に行けないカノンの代わりに吟侍を監視するという立て前で。
 吟侍にもカノンにも本音を話すことが出来ない…。
 それが、ソナタの悩みでもあった。
 そして、カノンは…
「…ソナタ姉さんは次の女王になろうと思っているの?」
 と言ってきた。
「え?…何よ、突然…そりゃあ、私だって出来れば…」
 突然のカノンの言葉にうろたえる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント